畜富とその形式表現

https://unsplash.com/photos/Q1p7bh3SHj8
広告

 以下では、俺は畜富(ちくふ)という認識や信仰を導入する。

広告

畜富(ちくふ)

畜富(ちくふ)

 畜富(ちくふ):畜富(ちくふ)とは、無から分岐した対象である。

 畜富(ちくふ)とは、無から分岐した対象である。言い換えると、畜富(ちくふ)とは、物質である。俺らは¥畜富(ちくふ)は無から分岐して、(空間に)蓄えられていると信仰する。

今分岐世界の信仰により、畜富(ちくふ)は無から今現在分岐し続けている。だから、厳密には、畜富は空間には蓄えられていない。印象では、畜富は空間に蓄えられているエネルギである。ただし、繰り返すように、そのエネルギは無から今現在分岐している。

畜富(ちくふ)の物としての表現

 畜富(ちくふ)の物としての表現:畜富は物(物質)として表現される。

 畜富は物(物質)として表現される。感覚的には、物質とは、畜富が形や形式を持った物質として表現された対象である。俺らはこの信仰を「畜富の形式表現(表現法則)」と呼ぶ。

この宗教では、物質とは次である。畜富が無から今現在分岐している。その分岐した畜富は自己の形式(形)を獲得して、物質として表現される。その結果として生じたものが、日常的な意味での物質である。

その物質は一種のシステムを形成していると感覚的に把握されてきた。だから、俺らはその畜富の表現の世界を物質的世界と呼ぶ。表現された畜富はプラズマや気体や液体や固体になる。

畜富と物質

 畜富と物質:物質とは、自己の形式を持った畜富である。

 物質とは、自己の形式を持った畜富である。または、物質とは、自己の表現形式を持った畜富である。あるいは、物質とは、自己の形式を表現した畜富である。

畜富の無が存在すると仮定する。畜富はその無から今分岐している。畜富それ自体は自然界や宇宙と同様に一つである。しかし、畜富が獲得する自己の形式が異なる。その結果として、多くの物質が(宇宙空間に)生じていると信仰する。

言い換えると、それぞれの物質は畜富の互いに異なる方向の形式表現を持っている。それぞれの方向がそれぞれの一個の物質に対応する(無限の軸を持つベクトル空間のような何かを想像する)。自己の形式を獲得した物質は自然法則に従うので、家化(システム化)される。

広告
俺らについて