子音

宗教機能
https://unsplash.com/photos/ASKeuOZqhYU
広告

 この “宗教” では、俺らは以下の子音を使用する。なお、俺は異なる表記を別の機会に与えるつもりである。この宗教では、俺らは言語を約束から導出する。つまり、俺らにとって言語とは信仰者同士の約束であり、その約束は父から息子へと伝達される。下記は後日修正される。なぜなら、俺は下記の文章に賛成しない。

広告

基本子音

フゥッ(f)

 基本子音:俺らは “フゥッ” を第1基本子音とする。

 ファッ、フィッ、フゥッf、フェッ、フォッ。フゥァfa、フゥィfi、フゥゥfu、フゥェfe、フゥォfo…?

スゥッ(s)

 基本子音:俺らは “スゥッ” を第2基本子音とする。

 スァッ、スィッ、スゥッs、スェッ、スォッ。スゥァsa、スゥィsi、スゥゥsu、スゥェse、スゥォso。…?

トゥッ(t)

 基本子音:俺らは “トゥッ” を第3基本子音とする。

 トァッ、トィッ、トゥッ、トェッ、トォッ。トァ、トィ、トゥ、トェ、トォ。…?

クゥッ(k)

 基本子音:俺らは “クゥッ” を第4基本子音とする。

プゥッ(p)

 基本子音:俺らは “プゥッ” を第5基本子音とする。

濁子音(だくしおん)

ヴゥ(v)

 濁子音:俺らは「ヴゥ」を「フゥ」の濁子音とする。

ズゥ(z)

 濁子音:俺らは「ズゥ」を「スゥ」の濁子音とする。

ドゥ(d)

 濁子音:俺らは「ドゥ」を「トゥ」の濁子音とする。

グゥ(g)

 濁子音:俺らは「グゥ」を「クゥ」の濁子音とする。

ブゥ(b)

 濁子音:俺らは「ブゥ」を「プゥ」の濁子音とする。

擬子音

ラゥ(l)

 擬子音:俺らは「ラゥ」を擬子音とする。

ヌゥ(n)

 擬子音:俺らは「ヌゥ」を擬子音とする。

ルゥ(r)

 擬子音:俺らは「ルゥ」を擬子音とする。

ムゥ(m)

 擬子音:俺らは「ムゥ」を擬子音とする。

ハゥ(h)

  擬子音:俺らは「ハゥ」を擬子音とする。

複合子音

フュ(fh)

 複合子音:俺らは「フュ」を複合子音とする。

 俺らは「フュ」を複合子音とする。「フュ」は「フィゥ」である。俺らは「ュ(i”u)=ィゥ(i”u)」と約束する。「ィゥ」は「い’’う」を不可分に連続させた音である。俺らが「フュ」と発音するとき、一瞬だけ「f→h→い’’→う」が聞こえる。

ヴュ(vh)

 複合子音:俺らは「ヴュ」を複合子音とする。

 俺らは「ヴュ」を複合子音とする。「ヴュ」は「ヴィゥ」である。俺らは「ュ(i”u)=ィゥ(i”u)」と約束する。「ィゥ」は「い’’う」を不可分に連続させた音である。俺らが「ヴュ」と発音するとき、一瞬だけ「v→h→い’’→う」が聞こえる。なお、ヴュ(vh)はフュ(fh)の濁複合子音とする。

クュ(kh)

 複合子音:俺らは「クュ」を複合子音とする。

 俺らは「クュ」を複合子音とする。「クュ」は「クィゥ」である。俺らは「ュ(i”u)=ィゥ(i”u)」と約束する。「ィゥ」は「い’’う」を不可分に連続させた音である。俺らが「クュ」と発音するとき、一瞬だけ「k→h→い’’→う」が聞こえる。

グュ(gh)

 複合子音:俺らは「グュ」を複合子音とする。

 俺らは「グュ」を複合子音とする。「グュ」は「グィゥ」である。俺らは「ュ(i”u)=ィゥ(i”u)」と約束する。「ィゥ」は「い’’う」を不可分に連続させた音である。俺らが「グュ」と発音するとき、一瞬だけ「g→h→い’’→う」が聞こえる。なお、ヴュ(gh)はフュ(kh)の濁複合子音とする。

ピュ(ph)

 複合子音:俺らは「ピュ」を複合子音とする。

 俺らは「ピュ」を複合子音とする。「ピュ」は「ピィゥ」である。俺らは「ュ(i”u)=ィゥ(i”u)」と約束する。「ィゥ」は「い’’う」を不可分に連続させた音である。俺らが「ピュ」と発音するとき、一瞬だけ「p→h→い’’→う」が聞こえる。

ビュ(bh)

 複合子音:俺らは「ビュ」を複合子音とする。

 俺らは「ビュ」を複合子音とする。「ビュ」は「ビィゥ」である。俺らは「ュ(i”u)=ィゥ(i”u)」と約束する。「ィゥ」は「い’’う」を不可分に連続させた音である。俺らが「ビュ」と発音するとき、一瞬だけ「b→h→い’’→う」が聞こえる。なお、ビュ(bh)はピュ(ph)の濁複合子音とする。

シュ(sh)

 複合子音:俺らは「シュ」を複合子音とする。

 俺らは「シュ」を複合子音とする。「シュ」は「シィゥ」である。俺らは「ュ(i”u)=ィゥ(i”u)」と約束する。「ィゥ」は「い’’う」を不可分に連続させた音である。俺らが「シュ」と発音するとき、一瞬だけ「s→h→い’’→う」が聞こえる。

ジュ(j=zh)

 複合子音:俺らは「ジュ」を複合子音とする。

 俺らは「ジュ」を複合子音とする。「ジュ」は「ジィゥ」である。俺らは「ュ(i”u)=ィゥ(i”u)」と約束する。「ィゥ」は「い’’う」を不可分に連続させた音である。俺らが「ジュ」と発音するとき、一瞬だけ「z→h→い’’→う」が聞こえる。なお、ジュ(j)はシュ(sh)の濁複合子音とする。

チュ(ch=th)

複合子音:俺らは「チュ」を複合子音とする。

 俺らは「チュ」を複合子音とする。「チュ」は「チィゥ」である。俺らは「ュ(i”u)=ィゥ(i”u)」と約束する。「ィゥ」は「い’’う」を不可分に連続させた音である。俺らが「チュ」と発音するとき、一瞬だけ「t→h→い’’→う」が聞こえる。

デュ(dh)

  複合子音:俺らは「デュ」を複合子音とする。

 俺らは「デュ」を複合子音とする。「デュ」は「ディゥ」である。俺らは「ュ(i”u)=ィゥ(i”u)」と約束する。「ィゥ」は「い’’う」を不可分に連続させた音である。俺らが「デュ」と発音するとき、一瞬だけ「d→h→い’’→う」が聞こえる。

おまけ

ツゥ(tsu)

ヅゥ(dsu)

サゥ(th)or ソゥ(th)