徳間書店の野田博記?は解雇(契約解除)されるべきであったか?〜メンヘラゴリラと呼ばれた大坂なおみに対する侮辱(人権侵害)〜

大和民族
広告

 徳間書店は2021年7月28日、ウェブメディア「&GP」で業務委託をしている編集者が、個人のSNSアカウントで人権侵害を伴う投稿をしていたとして、当該編集者との契約を解除したと伝えた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/70498d84fbde9266793a5cd1aa46c76f00b4caa9?tokyo2020

 

 徳間書店の野田博記?が大坂なおみに「おっしゃ、メスゴリラは敗退!はよアメリカに帰れ」と呟いた。その結果、徳間書店の野田博記?は徳間書店との契約を解除された。以下では、俺は徳間書店の野田博記と徳間書店の行為を提示するつもりである。

広告

野田博記

野田博記

 野田博記:野田博記の発言は失礼であるが、契約解除や解雇に相当する発言でない。

 野田博記の発言は失礼であるが、契約解除や解雇に相当する発言でない。野田博記の人種はモンゴロイド人種であり、彼はアメリカ先住民やイヌイットと同じである。日本列島の上の野田博記がアメリカ先住民と同じであり、アメリカ大陸の上の欧州人のように侮辱や糾弾されることは歴史的にも非常におかしい。

実際、アメリカ大陸の上のアメリカ先住民が野田博記のような発言を繰り返すとしても、そのアメリカ先住民は糾弾されるべきでなく、注意で十分である。

徳間書店

 徳間書店:徳間書店は炎上を無視して、次から発言に注意するように野田博記に口頭での注意で十分であった。

 徳間書店は炎上を無視して、次から発言に注意するように野田博記に口頭での注意で十分であった。俺の印象では、徳間書店は契約社員?を庇うことを放棄したように思える(社員だと別であっただろう)。なぜなら、徳間書店は怒られるのが怖かった。

徳間書店は「契約社員?の発言は軽率であったが、契約解除や解雇に相当すると審判しない」と宣言すべきであった。大和民族は単なるちょっとした失言を「人権侵害」と鎌倉武士の蛮族性のように大袈裟に騒いでいるだけである。俺は野田博記の発言を「単なる悪口」や「失礼な発言」と審判する。

問題点

 問題点:野田博記は自己の行為の善性を彼自身の言葉で正当化する必要がある。

 野田博記は自己の行為の善性を彼自身の言葉で正当化する必要がある。一般的に、大和民族は炎上したり、怒られたりすると、彼はすぐに謝罪する(キリスト教徒でないのに、罪を謝る!)。なぜなら、大和民族は自己の宗教やその宗教が与える善悪を持っていない。

だから、彼らは自己の行為の善性を彼ら自身の善悪で正当化することができない。その結果、彼らは白人の怒りや世間の怒りを見ると、彼らは「自分たちは間違っていた。謝罪しないと」と感じるように思える。大和民族は自己の行為を含めたなにかを判断するための「自己それ自体」を持っていない。

寄付