ジュリアナ・バルバサ(Juliana Barbassa)の人種的な侮辱〜ニューヨークタイムス〜

大和民族
広告

 ジュリアナ・バルバサが日本の便利店の卵サンドに対して「it looks slightly radioactive!」と呟いた。その結果、ジュリアナ・バルバサは炎上した。以下では、俺はジュリアナ・バルバサの行為を認識する。

広告

ジュリアナ・バルバサ

ジュリアナ・バルバサ

 ジュリアナ・バルバサ:ジュリアナ・バルバサの行為は日本列島のモンゴロイド人種の原住民(大和民族や琉球民族、そしてアイヌ民族)に対する人種的な侮辱である。

 ジュリアナ・バルバサの行為は日本列島の上のモンゴロイド人種の原住民(大和民族や琉球民族、そしてアイヌ民族)に対する人種的な侮辱である。ジュリアナ・バルバサの行為は漢民族や中華料理を「コロナ菌」と呼んでいるような行為である。もしジュリアナ・バルバサが漢民族や中華料理を「コロナ菌」と呼ぶならば、ジュリアナ・バルバサは中国でも炎上しているだろう。

大和民族の問題点

大和民族の問題点

 大和民族の問題点:大和民族は自己の人種や自己の民族に対する人種的な侮辱にきちんと抗議してこなかったので、ジュリアナ・バルバサがどこまでもつけあがってきた。

 大和民族は自己の人種や自己の民族に対する人種的な侮辱にきちんと抗議してこなかったので、ジュリアナ・バルバサがどこまでもつけあがってきた。日本政府も日本国の報道機関も弁護士やその他の法律関係者もまた、この種の人種的な侮辱を見て見ぬ振りしてきた。その結果、大和民族は自己の人種や自己の民族に対する人種的な侮辱にきちんと抗議してこなかったので、ジュリアナ・バルバサのような侮辱行為が放置されてきた。

大和民族の学者、押川正毅や牧野淳一郎や菊池誠などは人権を掲げて、差別に反対してきたのに、彼らは自己の人種や自己の民族に対する人種的な侮辱にはまるで鳩のように放置してきた。その結果、大和民族は自己の人種や自己の民族に対する人種的な侮辱にきちんと抗議してこなかったので、ジュリアナ・バルバサのような存在が台頭してきた。

押川正毅や牧野淳一郎や菊池誠はなぜか大和民族が朝鮮民族やネグロイド人種を人種的に侮辱することに関しては敏感であってきた。なぜなら、押川正毅や牧野淳一郎や菊池誠は大和民族が異人種や異民族の機嫌を損ねることのみを恐れてきた。しかし、彼らは “され夫” のように自己が人種的に侮辱されるとしても傍観してきた。