屈折語における性の感覚

言語
https://unsplash.com/photos/lpyHSTHO7LM
広告

 俺は屈折語も性(gender)についても何も知らない。俺は性に関する屈折の感覚は双数の感覚に似ていると審判する。以下では、俺は屈折語における性の感覚を提示するつもりである。

広告

屈折語における性

前提

 前提 一般名詞と数のみでは性を持つ対象を捉えることができない。

例えば、太陽系における惑星は性を持たない。だから、俺らが planetd(プラネトゥドゥ)と呟く時、planetd は “あれ” を取り出すことができる。

しかし、もし惑星が自己の性を持つならば、雌の planetd や雄の planetd が生じる。その時、俺らは雄の planetd を planetd という単語のみでは取り出すことができない。

だから、俺らは数を一般名詞に付加させたように、俺らは性も一般名詞に付加させる。この時、性に関する一般名詞の変化が生じる。

約束

 約束 俺らは al を女性を表す一般名詞に与える。俺らは ol を男性を表す一般名詞に与える。

上記の例では、もし惑星が自己の性を持つならば、雌の planetd や雄の planetd が生じる。俺らは前者を planetdal(プラネトゥダル)と呼び、後者をplanetdol(プラネトゥドル)と呼ぶ。この時、俺らは雌の planetd を planetdal(プラネトゥダル)で一意的に取り出すことができる。

 約束 俺らは一般名詞を数から性という順序で変化させる。

ここでは、俺は数を先において、性を後に置いた。ただし、性と数の順序のどちらが先であるのかは現時点では決定されていないように見える。自然界を観察する時、惑星は自己の性を持たないので、俺らは数が先で、性が後であると認識するかもしれない。

具体例

 例えば、俺らは縄文人(jomon)を考えてみよう。一人の縄文人は jomonh(ジョウモンハウ)である。しかし、縄文人は自己の性を持つので、 jomonhは縄文人の雄や縄文人の雌を捉えることができない。

そこでは、俺らは jomonhal(ジョウモンハール)と jomonhol(ジョウモンホール)という単語を導入する。この時、 jomonhal は一人の縄文人の雌を一意的に捉える。 jomonhol は一人の縄文人の雄を一意的に捉える。

縄文人の雌雄が混合している場合、俺らは性を考慮せずに、数のみで表現する。あるいは、性別が不明であるという語尾 -el を導入して、jomonhel(ジョウモンヘル)と表現する。