無宗教

俺らの宗教

 以下では、俺らはある対象が無宗教であることの意味や印象を提示するつもりである。コーカサス人種の社会では、無宗教であることは動物と同じであり、家畜扱いされる可能性がある。俺らはこの種の宗教観を心に留める。なお、俺らは無宗教を悪いと判断する。

無宗教

意味

 俺の信仰 ある対象が無宗教であることは、その対象がその先祖から受け継いできたx系統の人間性を持っていないことである。

 x系統の人間性を持っていないことは動物と同じである。もしある対象が無宗教であるならば、その対象の子孫も無宗教である。ただし、もしその対象が自己の人間性を創造するならば、その対象は無宗教でない。ここでは、俺らは宗教を先祖から子孫へと受け継がれる対象と認識する。

x系統の人間性には、x系統の善悪やx系統の認識が存在する。ある対象が宗教を持っていることは先祖からx系統の善悪やx系統の認識を受け継いできたことである。その他も、その対象はx系統の約束やx系統の刑罰(復讐)を受け継いできた。このとき、その対象は先祖から受け継いできた約束を授かっていない。

例えば、イスラム教徒の中東人は彼らの先祖からY染色体ハプログループJ系統の善悪(イスラム教に終える善悪)を受け継いできた(ただし血統が維持されている場合)。例えば、羊は彼らの先祖から羊x系統の人間性を受け継いできていない。このとき、羊は無宗教である。

意味

 俺の認識 ある対象が無宗教であることは、その対象が自己の実現したいx系統の社会を持っていないことである。

 具体的には、その対象は自己の実現したい社会の系統を持っていない。だから、部外者はその対象がキリスト教系統の社会を実現したいのか、仏教系統の社会を実現したいのかを審判することができない。

上記を解釈すると、その対象は自己のx系統の人間性を持っていないので、その対象は自己の実現したいx系統の社会も持っていない。x系統の社会の原因をx系統の人間性と仮定する。そのとき、その対象は自己のx系統の人間性を持っていないので、自己の実現したいx系統の人間性も持っていない。