対象(被作用体)

言語
https://unsplash.com/photos/w2JtIQQXoRU
広告

 以下では、俺は対象を提示する。俺らは対象を被作用体と呼ぶ。対象は客体とも呼ばれる。

広告

対象(被作用体)

認識

 俺の認識 対象とは、主体によって作用される非自己である。

 対象を客体と置き換えるとき、客体とは、主体によって作用される非自己である。自動詞の場合、主体(作用体)とは、作用する非自己であった。この場合、動詞にもよるが、対象は認識されない(場合がある)。

このように、印欧語族では、主体や客体は単語を変化させる。例えば、I kill him と he kills me を考えてみよう。この時、I は him に作用する主体であり、him は I に作用される対象(客体)である。he kills me の場合は主体と客体が逆になっている。

受け身の場合、he was killed by me. になる。この場合、he は作用される対象であるが、主体のように振舞っている。