文字の作り方

俺系統の言語
https://unsplash.com/photos/S6hz7Y1FCTs
広告

 以下では、俺は文字の作り方に関する約束を提示する。英語では、アルファベットが使用されていて、それは音声を記録している。日本語では、ひらがなや漢字が使用されていて、漢字は絵文字的である。

広告

文字の作り方

約束

 約束 俺らは文字を俺らの運動を表現するように作る。

 印象では、俺らは文字を忍者の印や呪文のように作る。例えば、俺らは「い」という文字はあの発音運動を表現すると約束する。このとき、文字は(発音)運動の記録であり、商品の説明書における図で表現された手続きの絵に等しい。

だから、俺らがその記録を見て、俺らの口をその記録通りに運動させれば、過去の記録が復元されると認識する。ここでの過去の記録は世界に対する過去の人間の認識や判断が復元される。言い換えると、文字とは記録された印である。印は運動の流れである。ただし、機械的な復元では、唱えても、意味がわからないだろう。

それに対して、漢字は絵文字に近い。そこでは、東洋人は彼ら自身が見たものを簡略化して幾何学的に表現している。漢字は対象それ自体を表現する文字である。けれども、俺らはこの種の文字を採用しない。俺らは俺らの運動を非自己、または客体に対応させて、記録する。もし俺らが対象それ自体を表現するならば、俺らは絵を書くか、簡略化した絵文字を別に残す。俺らは俺らの運動を表現する文字を動文字、または印文字(呪文文字)と呼ぶ。または、俺らは代数文字と呼ぶ。

注意点

 約束 俺らは文字を正しい応答を実行することができるように作る。

 俺らが文字を一種の印や呪文と考えるとき、俺らは俺らの文字を適切な状況で適切な呪文を唱えることができるように作る。例えば、呪文は演繹的であり、たとえ俺らがその呪文を機械的に唱えることができるとしても、もし俺らがその呪文の意味を理解できないならば、俺らはその機械的な呪文を必要としないだろう。

例えば、たとえ俺らがイプシロンデルタ論法に関する呪文を唱えることができるとしても、もし俺らがその意味を理解していないならば、そのとき、その呪文を記憶することは時間の無駄である。それは単なる無意味な音声である。

つまり、俺らの欲求として、俺らは単なる口の運動の記録でなく意味を持つような文字を記録したい。俺らがその呪文を唱えるとき、俺らは呪文に対応する幾何学的な何かや感情的な何か、把握されたものがきちんと復元されるように記録したい。

文字

 以下では、俺は宗教言語の文字を創造する。俺は下記の文字に著作権と俺系統の人間性を主張する。もしより良い表現が存在するならば、信仰者はそちらを選択せよ。youの表現は不明である。

 俺系統の認識 俺は音=唇+舌+喉+鼻と認識する。

 鼻はonとoffがある。喉はonとoffがある。onは空気のみを送り出すと喉を鳴らすがある。舌の位置は上と中と舌がある。dの場合、舌の位置は上→下のように運動する。rの場合、舌の位置は下→上のように運動する。唇の形は1直線で閉じるm、2直線ʌ、3横に引っ張るi、4すぼめるu、5下台形e、6丸めるo、7目の形のように開けるaがある。

例えば、a=目の形のように開ける+下+喉を鳴らす+0である。d=直線+上→下+喉を鳴らす+0である。

当然であるが、俺が一つの音を表現するために、右の4項を一つずつ表現するのは面倒である。そこで、俺はわかりやすい表現を考える必要がある。

唇の形

 俺系統の認識 俺はmの唇を⌒とする。俺はeの唇の形を▽とする。俺はoを唇の形を○とする。俺はuの唇の形を小さな◎(一筆書き)とする。俺はiの唇の形を︶とする。俺はaの唇の形を👁(目の周りの線)とする。俺はʌをーとする。

 俺は上記の母音の強調記号を(+)とする。+がuの強調である。強調記号は累乗のように右斜め上に配置される。このとき、俺は上記の母音の瞬間的な単音記号を(ー)とする。また、上記の記号は「下の位置が下であること」と「喉を鳴らすこと」を持っている。上記では、唇の形と舌の位置と喉が鳴らされることが固定されている。=すぼめる+下+鳴らす+0である。=すぼめる+(下+鳴らす)+0。

例えば、口をすぼめて、いの発音をする母音xを考える。この記号はに舌を表現するーを重ねる。yearのyは+である。現時点では、俺は二重母音を考えていない。

喉と舌

 俺系統の認識 俺は空気のみを送るを→で表現する。俺は喉を鳴らすことを消去することを()で表現する。

 ()は消音効果である。→は空気の送り道である。例えば、sは(ー)→である。また、俺はtやdのように下の位置を上→下のように運動させることをー↓の結合(ー+↓)で表現する。俺はrのように下の位置を下→上のように運動させることを_↑の結合(_+↑)で表現する。また、俺はshやjのような舌を/→のようなうわ反りの曲線で表現する。chは/→である。hは(👁)→である。kは(ー)→であり、gはー→ある。

 俺系統の認識 俺は鼻を鳴らすを✔︎で表現する。

 nはー[ー↓]✔︎である。[ー↓]は合体されて一つの線として表現される。チェックは右上に配置される。

文字〜カタカナの利用〜

 以下では、俺はカタカナを利用した文字を提示する。俺はこのカタカナを利用して、日本語における文字の変形を使用した後、俺は上記の記法を使用する。個人的には、俺はp(u)とpaとaを一つの文字にまとめたい。つまり、俺は一つの文字は一つの音声に対応すると言う規則を作りたい。orer(a)

子音

 俺系統の認識 子音とは、母音と結合する音である。

 pはプである。bはブである。fはフである。vはヴである。sはスである。zはズである。kはクである。 gはグである。tはトである。dはドである。nはヌである。lはレである。mはムである。rはルである。濁音は ” で表現される。chはチである。zhはヂである。shはシである。jはジである。

俺の耳には、子音はp単独では存在せずに、p(u) or p(ʌ)のように聞こえる。このとき、プはパピプペポの共通したなにか、またはパピプペポの代表である。ここでは、俺はプをパピプペポの代表を考える。俺はプ(ア)、プ(イ)、プ(ウ)、プ(エ)、プ(オ)、のようの表現する。()は消音や単音である。プはプウである。

ya,yu,yoはユ(ア)、ユ(ウ)、ユ(オ)である。yiはユ(イ)である(ゐ?)。また、口をうのようにすぼめて、いを発音すると、イ”に似た音(ゐ?)が生じる。ʌは?である。

母音

 aはアである。iはイである。uはウである。eはエである。oはオである。yearのyはイ” である。同様に、ウ”(w)とオ”を考える。uはユである。

二重母音は括弧で囲む。ouは(ou)である。オウは(オウ)である。短母音は小文字で表現する。wa, wi, wu, we, woは(ウ”ア)、(ウ”イ)(ウ”ウ)(ウ”エ)(ウ”オ)であるように聞こえる。

その他の例

 俺系統に認識 俺は子音を()で表現する。

 p(u)は(プ)である。p(a)は(パ)である。()の意味は単音である。個人的には、俺は半角をより好む。個人的には、俺はpを始めとする子音はパ、ピ、プ、ぺ、ポに共通した何かであり、pそれ自体は存在しないと認識する。俺は一つの文字は一つの音声に対応すると言う規則を作りたいので、パ、ピ、プ、ぺ、ポか子音を組み込んだ一つの文字を使用する。poolはプー(ル)である。

俺がp(u)をプして、puをプの強調表現(母音)とすることもできる。その場合、俺はイも短母音?の強調表現とする必要があるように思える。すると、イ”は二段階の強調表現になる。しかし、俺はその記号を重いくかない。プーかプ”かもしれない。

プ(プ-)は普通音、p(プッ)は単音、p((プ))は無声音。

 俺系統の認識 pは(プ)であり、puはプッに近い。

 puuはプーやプウである。aはアーである。英語では、aはアッである。