関西人

宗教機能
https://unsplash.com/photos/8Ar3jitg34c
広告

 以下では、俺は関西人に対する俺の認識を提示する。この認識は先祖から子孫へと授けられていく。

広告

関西人

認識

 俺の認識 俺らは関西人を異民族や異部族、異教徒と認識する。

 日本列島には、縄文人が居住してきた。彼らのY染色体ハプログループはDであった。ただし、D1a2の後の系統は不明である。紀元前後、Y染色体ハプログループO1b2が日本列島へと自然に移動した。さらに、600年から700年に、Y染色体ハプログループO2aが日本列島へと自然に移動して、日本書紀や古事記に関係した。

しかし、俺らは関西人を上記の人々の子孫でないと認識する。個人的には、俺らは関西人はより後の偉大に中国南部から日本列島へと到来した人々の末裔であると認識する。少なくとも、俺自身は関西人に何ら親近感を覚えない。個人的な印象では、関西人は福建省や香港あたりから到来してきた子孫であるように感じる。

信仰者

約束

 俺らの認識 俺らは関西人をこの宗教の信仰者とすることを悪いと判断する。

 つまり、俺らは関西人をこの宗教の信仰者として必要としない。関西人は彼らの宗教を彼ら自身で作って信仰する。個人的には、俺らは関西人に何ら親近感を覚えない。彼らと話していると、彼らの幼稚性や話の通じなさと無責任さに強烈な不快感を覚える。加えて、俺は関西人の肉体のデザインも好きでない。

俺らが大和民族や日本国や日本語から分岐する時、俺らは関西人を置いていく。たとえ関西人の全てが滅亡するとしても、俺らは “同胞として” 彼らの死を弔う必要はない。俺らは必要最低限の外交儀礼で応答する。