原因

言語
https://unsplash.com/photos/wc3jFFQxo8k
広告

 以下では、俺は原因を提示する。俺が大和民族の科学者が電計機(computer)を引き合いに出しながら、彼らは現代文明を作っていると主張するとき、俺は強烈な違和感を覚える。

なぜなら、科学や数学それ自体が電計機を作っていない。科学や数学は電計機に “必要な対象” であるが、電計機それ自体の原因でない。人間集団それ自体、または人間集団の意志それ自体が電計機を作っている。その時、彼らは科学や数学、お金や土地や水を必要とする。

俺は電計機を一種の(機械)システムと解釈するとき、俺は原因が何であるのかを感覚的に把握する。一般的に、原因はA→B→C→の部分の現象Aであると感じられている。しかし、ここでは、俺は原因をこのように解釈しない。

広告

原因

原因

 俺の認識 原因とは、システムを作る力それ自体である。

 または、原因とは、現象を作る力それ自体である。俺らが力を意志と解釈するとき、俺らは「原因とは、システムを作る意志それ自体である」という文を獲得する。つまり、原因とは、システムを作る意志それ自体である。

例えば、電子計算機を作るためには、鉄やアルミニウムや水、富や土地、そしてホモ・サピエンスが必要である。けれども、それらは製造に必要な対象であり、電計機の原因でない。ここでは、電計機の原因とは、人間集団が電計機を作る力それ自体である。

この考えは現象にも応用される。例えば、現象A→現象Bという流れが存在すると仮定する。この時、俺らは現象Bの原因は現象Aであると考えたくなる。けれども、俺らはこの種の考えを採用しない。現象Aは現象Bに必要な対象であり、現象Bの原因でない。現象Bの原因とは、ある主体が現象Aを必要な対象として使用して現象Bを作る力(意志)である。

力原因

 俺の認識 力原因とは、物質的なシステムを作る物理的な力(物質的な意志)である。

 例えば、自然界における現象A及び現象Bが存在する。そして、現象Aは現象Bの前に配置される。この時、現象A→現象Bという時間的な流れが存在する。この時、現象Aは現象Bに必要な対象であり、現象Bの原因でない。現象Bの原因とは、ある主体(創造主)が現象Aを順序的に必要な対象として使用して現象Bを作る力である。この原因が力原因である。

動物原因

 俺の認識 動物原因とは、動物的なシステムを作る自由意志である。

 俺が動物の肉体を一つのシステムと仮定する。さらに、俺は進化論を考える。この時、ホモ・サピエンスとチンパンジーとの共通先祖をaと置く。このaの意志がそのaの肉体を順序的に必要な対象として使用してホモ・サピエンスの肉体を作った。このaの意志が力であり、動物原因である。

人間原因

 俺の認識 人間原因とは、人間的なシステムを作る実現意志である。

 例えば、言語システムが存在する。このシステムの原因は人間原因である。音声や文字は言語システムに必要な対象である。たとえ俺らがこの種の必要な対象をホモ・サピエンスの前に提示するとしても、もし彼らが自己の意志を持っていないならば、言語システムは形成されない。

言語
広告
俺らについて