必要

言語
https://unsplash.com/photos/2mZWydjhULk
広告

 以下では、俺は必要を提示する。俺が原因を思考する時、俺は必要を考える必要がある。

広告

必要

必要

 俺の認識 必要な対象とは、主体がある現象を作るために使用する対象である。

 現象はある対象やその存在やその状態、その運動に置き換えられる。または、現象はシステムに置き換えられる。ためには目的である。つまり、俺らがある現象を実現する時、俺らはある対象を使用する。その対象が必要な対象である。

例えば、俺らが海を渡る時、俺らは船を必要とする。船が必要な対象である。俺らが対象を破壊する時、俺らは爆弾を必要とする。爆弾が必要な対象である。俺らが電計機を作るとき、俺らは科学や数学を必要とする。科学や数学が必要な対象である。俺らが生きる時、俺らは富や水や土地を必要とする。富や水や土地が必要な対象である。

空間必要(部品必要)

 俺の認識 空間必要とは、主体がある対象を成立させるために使用する対象である。

 対象はシステムでも良い。口語的には、空間必要とは、製品を作るための材料のことである。その材料は同じ時間の中に存在する。例えば、人体を成立(存在)させるためには、水は必要である。水や骨は空間必要である。また、船では、木材や鉄が空間必要である。

順序必要(時間必要)

 俺の認識 順序必要とは、主体が後の現象Bを力(意志)によって成立させるために使用する対象(前の現象A)である。

 口語的には、順序必要とは、現象A→現象Bにおける現象Aである。現象はシステムでも良い。もし現象Aが存在するならば、現象Bが存在する。現象Bが主体の意志によって成立するためには現象Aが必要である。主体は現象Aを必要としてその力で現象Bを作り出す。この時、その力は意志それ自体であり、その意志が現象Bの原因である。

言語
広告
俺らについて