真実

言語
https://unsplash.com/photos/lIpubE3_DEQ
広告

 以下では、俺は真実を提示する。真実は真理に似ている。

広告

真実

真実

 俺の認識 真実とは、対象の正確な表現である。

 この場合、科学(科学的な情報)が真実である。対象は自然界であり、それは創造主によって創造された。その創造の後、科学者はその自然界を科学的な手法で正確に表現してきた。正確に表現されたその情報が自然界の真実である。

真実という単語は主として歴史において頻繁に使用される。歴史の真実の真実があの真実である。歴史はすでに完了した(生じた)対象である。人々はその対象を正確に表現する必要がある。この時、歴史の真実が科学と同様に生じてくる。

当然、歴史は人間の認識にも深く関係して、その認識は人間や人種や宗教や民族、そして文明によって異なってくる。この時、どの認識が正当であるのかという認識の正当性に関する問題が生じる。この場合は歴史の真実は歴史の真理にも関係してくる。

性質

 俺の認識 真実は与えられた対象の中に存在する。

 または、真実は与えられたシステムの中に存在する。もし主体が対象を正確に調査するならば、その対象に関する真実はその対象の中に存在する。科学の場合、科学的真実は自然界の中に存在する。歴史の場合、認識を除くと、歴史的真実は歴史の中に存在する。

言語
広告
俺らについて