たわわママ(tawamamatower)〜タワマンにおけるボイル・シャルルの法則について〜

大和民族
広告

 たわわママはツイッタにおけるネタ部屋(アカウント)である。以下では、俺はたわわママに対する俺の認識、特に興味深い点を提示する。

広告

たわわママ

 俺の認識 たわわママは自己と自己の夫を区別することができない。

 たわわママの夫はスタンドフォード大学であるらしい。たわわママは自己とその夫(スタンドフォード大学の夫)を区別することができない。そのため、たわわママは夫の業績を自己の業績と誤認識する。

大和民族の雌が西側白人と結婚した後、彼女らはまるで白人のように振る舞う。なぜなら、彼女らもまたたわわママと同様に自己(東洋人)と非自己(夫)を区別することができない。

この自己と非自己の区別の欠如はアスペ?にも観察される。俺が漫画やアニメを彼らに読ませると、彼らは漫画やアニメの登場人物のように口真似して振る舞い始める。彼らは彼らの自己をその登場人物に憑依(同化)させ始める。

その他の例では、大和民族の科学者に太陽に研究を実行させると、彼らは自己を太陽と感じ始める。だから、俺が太陽に対する君の “研究” は不要であると彼らに伝達すると、彼らは太陽がないと地球が滅びると主張する。しかし、彼らは太陽それ自体でなく、また太陽に対する研究は太陽それ自体でない。

タワマン

 俺の認識 たわわママは自己と自己の土地(タワマン)を区別することができない。

 たわわママは彼女自身がタワマンに住んでいるので、彼女は平民よりも偉いと感じているように見える。なぜなら、たわわママは自己と自己の土地(建物)を区別することができない。たわわママは自己をタワマンと誤認識する。だから、彼女はタワマンには価値があるので、タワマンである自己にも価値があると誤認識する。

例えば、大和民族の雌がニューヨークに住む時、彼女はまるで自分が偉くなったように振る舞う。そして、彼女らは日本国は遅れていると人種的に侮辱する。なぜなら、彼女は自己とニューヨークという土地を区別することができない。彼女らは自己をニューヨークと誤認識する。だから、彼女らはニューヨクには価値があるを自己には価値があると誤認識する。

一般的に、大和民族は日本国と大和民族と日本列島をうまく区別できないように見える。だから、彼らは日本国と大和民族と日本列島も “日本” と呼んでいる。彼らは彼ら自身を “日本” と感じている。

意味

 俺の認識 たわわママは物事の意味を生得的に認識する能力を持っていないので、たわわママは本当に表面的なモノマネを繰り返す。

 たわわママはスタンドフォードという単語やボイル・シャルルの法則などという科学的な単語を意味もなく散りばめている。さらに、タワマンという単語自体が非常に表面的な単語である。

たわわママの知能は幼児と同じであり、発達が障害されている。だから、たわわママは物事の意味を把握することができず、無意味な単語を意味もなく呟き続ける。つまり、たわわママは「スタンドフォード→すご〜い」や「ローレンツ変換→すご〜い」と機械的に感じているので、たわわママはすごい〜といってもらうためにその単語を機械のようにはき続けている。

外部から見ると、たわわママは彼女自身が発している単語の意味をわかっていないように見える。けれども、たわわママは物事の意味を動物と同様に把握する能力を持っていない。だから、たわわママは彼女自身が意味を把握できていないことを認識していない。特に、たわわママによる欧州に関するカタカナ用語が本当に唐突に出現していて、たわわママの軽薄さをうまい具合に醸し出している。