境界

言語
https://unsplash.com/photos/eZtLqACNlbM
広告

 以下では、俺は境界について述べるつもりである。俺が国家や文明、そして宗教に関する会話を実行するとき、俺は境界それ自体を認識する。俺は集合と境界と所属と存在、そしてシステムは互いに密接に関係しているように感じる。

広告

応答背景

応答背景

 大和民族、特に大和民族の雌は欧米を引用した後、彼らは欧米では男女平等である一方、日本国はそうでないと癇癪を引き起す。俺が彼らの発言を見た後、俺は彼らは西洋文明に所属しているのか、東洋文明に所属しているのかと疑問に思う。

さらに、異人種との中間種はキリスト教や米国の視点を俺らに押し付けようとする。例えば、彼らは男女平等に加えて、多様性の賛美(モンゴロイド人種の虐殺)や人権やキリスト教系統の法を押し付けてくる。俺は彼らの行為に対して強烈な違和感を覚える。この違和感が卓球選手がサッカーの決まりや視点を押し付けられるような違和感である。

加えて、大和民族は宗教の境界も認識していない。そのため、彼らはキリスト教徒でないのに、クリスマスを祝い、キリスト教式の結婚式をなぜか実行する。さらに、彼らは日本国憲法がキリスト教系統の法であることに無頓着である。もっというと、国民国家は西洋文明に所属する国家制度である。

 俺が異教や異文明の押し付けに遭遇するとき、俺は俺らが宗教の境界や文明の境界をはっきりと定めないので、この種の宗教的、かつ文明的な越境行為が生じる。だから、俺は境界それ自体をはっきりと形成する必要がある。

宗教や文明に関する境界が存在しない時、宗教や文明に関するシステムが正常に機能しない。この状態は一つの試合の中に卓球とサッカーという運動システムが入り混じった状態である。当然、その試合は正常に機能しないだろう。

境界

境界

 俺の認識 境界とは、あるシステムの表面である。

 境界には、建物の壁や柵が存在する。物理的な境界としての国境は柵として認識される。一方、国境や文明の境界(文明境)、そして宗教の境界(宗教境)は知覚されない。そのため、国家や文明や宗教に関する境界は法や善悪、服装や言語、結婚や葬式などの風習によって人工的に形成される。

例えば、ある大和民族が男女平等に賛成する。この時、日常的には、俺はその日本人との文明的な境界を認識する、たとえ俺とその日本人が物理的に隣であるとしても。俺は東洋文明というシステムに所属していて、その日本人は西洋文明というシステムに所属している。俺は東洋文明というシステムの表面によってその日本人から区別される。その日本人は西洋文明というシステムの表面によって俺から区別される。この場合、境界は川であ。川の縁が境界であり、東洋文明における東洋人と西洋文明における西洋人が川を越えて対峙している。

言語
広告
俺らについて