玉城デニーは琉球民族か?ゼレンスキーか?Y染色体ハプログループR1bとD1a2a

広告

 沖縄県の玉城(たまき)デニー知事が25日、県庁であった基地問題に関する有識者会議で、席に着く際に「(ウクライナ大統領の)ゼレンスキーです」とあいさつした。9月に知事選を控える中、玉城氏は近く再選出馬を表明する見込みだが、軽率な発言に批判が集まる可能性がある。

https://mainichi.jp/articles/20220525/k00/00m/040/170000c

 上記の発言の意図は次である。玉城デニーは自己をゼレンスキーに喩えて、本土における大和民族をロシアやプーチン、つまり虐殺者に喩えたかった。彼の発言は大和民族に対する人種的、かつ民族的な侮辱である。

しかし、玉城デニーは琉球民族でない。なぜなら、大和民族は遺伝的にも父系でも琉球民族により近く、玉城デニーは遺伝的にも父系でも琉球民族に遠い。彼の発言は彼の半分が白人であることの優越感と、有色人である琉球民族と大和民族に対する人種的な見下しの結果である。

広告

玉城デニー

 玉城 デニー(たまき デニー、1959年10月13日 – )は、日本政治家、元タレント沖縄県知事(公選第8代)。本名は玉城 康裕(たまき やすひろ)米国統治下の沖縄中頭郡与那城村(現・沖縄県うるま市)出身[6]。沖縄の米軍基地に駐留していた米兵の父と伊江島出身の母の間に生まれたアメラジアンである

https://ja.wikipedia.org/wiki/玉城デニー

 玉城デニーの人種はない。玉城デニーの種はモンゴロイド人種とコーカサス人種の中間種である。玉城デニーのY染色体ハプログループはR1b系統である可能性がある。玉城デニーは琉球民族でない。なぜなら、琉球民族のY染色体ハプログループはD1a2a系統であり、それは縄文人系統である。玉城デニーが琉球民族を名乗ることは人種的、かつ民族的な背乗りである。

玉城デニーの民族的な言語は印欧語族である。玉城デニーの宗教は不明であるが、父系でキリスト教徒である。玉城デニーの文明的所属は不明であるが、西欧文明に所属しているように見える。

加害者と被害者

 俺は玉城デニーを琉球民族、モンゴロイド人種に歴史的に加害者側であったと俺系統の認識で認識する。なぜなら、彼の半分は西側白人であり、かつ彼はY染色体ハプログループR1bを持つ。彼がR1b系統であることはヒスパニックやアメリカ大陸のアメリカ先住民がR1b系統を持つことに等しい。

具体的には、玉城デニーは原子力爆弾の投下に関する応答義務を負う。さらに、彼はアメリカ先住民(モンゴロイド人種)に対する虐殺と絶滅に関する応答義務を負う。彼は大和民族を含むモンゴロイド人種に対して加害者側であり、被害者側でない。

タイトルとURLをコピーしました