宗教音声について

 以下では、俺は「俺らについて」における宗教音声を提示する。俺は以下の音声を基本的に使用する。この宗教では、俺は発音しにくい音声を使用しない。

宗教母音

 俺は短母音母音長母音を提示する。短母音には、「あっ」がある。母音には、「あ」がある。長母音には、「あー」がある。また、俺は二重母音連続母音)を提示する。二重母音には、「あいっ」がある。さらに、俺は強調母音を提示する。強調母音には、「う’」がある。

短母音

 aは「あっ」である。iは「いっ」である。uは「うっ」である。eは「えっ」である。oは「おっ」である。短母音は音楽における「タッ、タッ、タッ、…」に近い。

母音

 a-は「あ」である。i-は「い」である。u-は「う」である。e-は「え」である。o-は「お」である。母音は音楽における「タ、タ、タ、…」に近い。これらの音は少し間延びして、「タア」に聞こえる。

長母音

 a–は「あー」である。i–は「いー」である。u–は「うー」である。e–は「えー」である。o–は「おー」である。長母音は音楽における「ター、ター、ター、…」に近い。

二重母音(連続母音)

 aiは「あっいっ」でなく、「あいっ」である。あいは連続的な変化である。 auは「あっうっ」でなく、「あうっ」である。「っ」が欠落する。同様に、aeは「あえっ」であり、aoは「あおっ」である。iaは「いあっ」であり、iuは「いうっ」であり、ieは「いえっ」であり、ioは「いおっ」である。

uaは「うあっ」であり、uiは「ういっ」であり、ueは「うえっ」であり、uoは「うおっ」である。eaは「えあっ」であり、eiは「えいっ」であり、eu は「えうっ」であり、eoは「えおっ」である。oaは「おあっ」であり、oiは「おいっ」であり、ouは「おうっ」であ り、oeは「おえっ」である。

強調母音

 強調母音を使用するとき、彼らは唇と舌に力を入れる。i’は「い’っ」である。u’は「う’っ」である。o’は「お’っ」である。彼らはaとeの強調母音を使用するのかを確定し ていない。u’はwである。i’はyである。

二重母音を使用すると、waは「う’あっ」であり、wiは「う’いっ」 であり、weは「う’えっ」であり、woは「う’おっ」である。yaは「い’あっ」であり、yuは「い’うっ」であり、ye は「い’えっ」であり、yoは「い’おっ」である。

上記をさらに短縮すると、waは「わっ」であり、wiは「ういっ」 であり、weは「うえっ」であり、woは「うおっ」である。yaは「やっ」であり、yuは「ゆっ」であり、ye は「いえっ」であり、yoは「よっ」である。短縮系の表示は_や()である。短縮化されると、初めの母音が口の形だけになったり、無声音化される。その結果、「い’おっ」が「よっ」になる。便宜的には、俺は上記の母音を新たな母音と解釈する。

宗教子音

 俺は子音を(普通の)子音濁子音に分類する。子音には、sとtとfとkとpがある。濁子音には、s”(z)とt”(d)とf”v()とk”(g)とp”(b)がある。その他の濁子音には、lとnとrとmがある。

さらに、俺は子音を母音と常に結合させて、考える。つまり、俺はsをsuとみなす。言い換えると、sには、saとsiとsuとseとsoが少なくとも存在する。

子音

 sはs(u)であり、「すっ」である。(s(u))は「すっ」の無声音(ひそひそ話し)であり、「(すっ)」である。s(a)は「さっ」であり、s(i)は「しっ」であり、s(u)は「すっ」であり、s(e)は「せっ」であり、s(o)は「そっ」である。

tはt(u)であり、「とぅっ」である。(t(u))は「とぅっ」の無声音(ひそひそ話し)であり、「(とぅっ)」である。t(a)は「たっ」であり、t(i)は「てぃっ」であり、t(u)は「とぅっ」であり、t(e)は「てっ」であり、t(o)は「とぉっ」である。

fはf(u)であり、「ふっ」である。(f(u))は「っ」の無声音(ひそひそ話し)であり、「(ふっ)」である。f(a)は「ふぁっ」であり、f(i)は「ふぃっ」であり、f(u)は「ふっ」であり、f(e)は「ふぇっ」であり、f(o)は「ふぉっ」である。

kはk(u)であり、「くっ」である。(k(u))は「っ」の無声音(ひそひそ話し)であり、「(くっ)」である。k(a)は「かっ」であり、k(i)は「きっ」であり、k(u)は「くっ」であり、k(e)は「けっ」であり、こ(o)は「こっ」である。

pはp(u)であり、「ぷっ」である。(p(u))は「っ」の無声音(ひそひそ話し)であり、「(ぷっ)」である。p(a)は「ぱっ」であり、p(i)は「ぴっ」であり、p(u)は「ぷっ」であり、p(e)は「ぺっ」であり、p(o)は「ぽっ」である。

濁子音

 俺は上記の子音の濁音化を省略する。俺は「”」を上記の子音に付加して、上記の子音の濁音化を実行する。ただ、濁音には、特に、上記の子音の濁音化には、無声音(ひそひそ)が存在しない場合がある。以下では、俺はlとnとrとmを提示する。

nはn(u)であり、「ぬっ」である。(n(u))は「ぬっ」の無声音(ひそひそ話し)であり、「(ぬっ)」である。n(a)は「なっ」であり、n(i)は「にっ」であり、n(u)は「ぬっ」であり、n(e)は「ねっ」であり、n(o)は「のっ」である。

lはl(u)であり、「るっ」である。(l(u))は「っ」の無声音(ひそひそ話し)であり、「(るっ)」である。l(a)は「らっ」であり、l(i)は「りっ」であり、l(u)は「るっ」であり、l(e)は「れっ」であり、l(o)は「ろっ」である。

rはr(u)であり、「ぅるっ」である。(r(u))は「っ」の無声音(ひそひそ話し)であり、「(ぅるっ)」である。r(a)は「ぅらっ」であり、r(i)は「ぅりっ」であり、r(u)は「ぅるっ」であり、r(e)は「ぅれっ」であり、r(o)は「ぅろっ」である。

mはm(u)であり、「むっ」である。(m(u))は「っ」の無声音(ひそひそ話し)であり、「(っ)」である。m(a)は「ぱっま」であり、m(i)は「みっ」であり、m(u)は「むっ」であり、m(e)は「めっ」であり、m(o)は「もっ」である。

二重子音(連続子音)

 今、俺はstreetを考える。stの発言は「すっとぅっ」でなく、「すとぅっ」である。この発言では、「っ」が欠落している。streetは「すとぅりーとぅっ」である。また、stには、「さとぅっ」の可能性もある。

子音と二重母音

 俺はf(iu)を考える。f(iu)は「ふぃっうっ」でなく「ふぃうっ」である。「っ」が欠落する。f(iu)をさらに短縮させると、f(iu)はhyu(ヒュっ)に聞こえる。

その他の子音

tsはr(u)であり、「つっ」である。(ts(u))は「っ」の無声音(ひそひそ話し)であり、「(つっ)」である。ts(a)は「つあっ」であり、ts(i)は「つうぃっ」であり、ts(u)は「つっ」であり、ts(e)は「つえっ」であり、ts(o)は「つおっ」である。俺は濁音ds(t”s)を考えるが、ここでは省略する。

thも同様である。俺はthをあまり使用しない。また、俺はth”を考える。なぜなら、発音が面倒である。hも同様である。ただし、俺らはこれらの発音を知っておく。h(u)(またはhk(u))は「はぅっ」に聞こえる。

よくわからない子音

 よくわからない子音には、ch(j(jh)?)とsh(zh?)とhy(pyとby)とは行がある。()は濁音化である。俺らはこれらを使用する。

hはh(u)であり、「ふぅっ」である。(n(u))は「ふぅっ」の無声音(ひそひそ話し)であり、「(ふぅっ)」である。h(a)は「はっ」であり、n(i)は「ひっ」であり、n(u)は「ふぅっ」であり、h(e)は「へっ」であり、h(o)は「ほっ」である。

chはちゃっ、ちっ、ちゅっ、ちぇっ、ちょっである。jはじゃっ、じっ、じゅっ、じぇっ、じょっである。shはしゃっ、しっ、しゅっ、しぇっ、しょっである。hyはひゃっ、ひぃっ、ひゅっ、ひぇっ、ひょっである。pyはぴゃっ、ぴっ、ぴゅっ、ぴぇっ、ぴょっである。byはびゃっ、びぃっ、びゅっ、びぇっ、びょっである。

タイトルとURLをコピーしました