慣性の法則〜運動の第一法則〜

広告

運動の第1法則(うんどうのだい1ほうそく、英語: Newton’s first law)または慣性の法則(かんせいのほうそく) は、慣性系におけるを受けていない質点の運動を記述する経験則である。ガリレイデカルトによってほぼ同じ形で提唱されていたものをニュートンが基本法則として整理した。「すべての物体は、外部から力を加えられない限り、静止している物体は静止状態を続け、運動している物体は等速直線運動を続ける。」

https://ja.wikipedia.org/wiki/運動の第1法則

 以下では、俺は慣性の法則について述べるつもりである。なお、下記の「かつ」は「and the penomenon (or it)⇄ 〜」であるかもしれない。

広告

慣性の法則

 俺系統の認識1.0 慣性の法則は法則である、かつもしある物体が力を外部から加えられないならば、その物体は等速で同じ向きで運動する。

 物体が止まっている場合は次である。慣性の法則は法則である、かつもしある物体が力を外部から加えられないならば、その物体は止まっている。言い換えると、慣性の法則は法則である、かつもしある物体が力を外部から加えられないならば、その物体はその状態(運動状態)を維持する。

例えば、ある物体が宇宙空間に存在する。もしその物体が止まっているならば、その物体は止まっている。もしその物体がある速度である向きで運動するならば、その物体はその速度でその向きで運動する。日常的な例では、氷面におけるカーリングが慣性の法則における運動に近い。

 俺系統の認識1.1 慣性の法則は法則である、かつもしある物体が力0を外部から加えられるならば、その物体は等速で同じ向きで運動する。

電飛

タイトルとURLをコピーしました