運動方程式〜運動の第二法則〜

広告

運動の第2法則うんどうのだい2ほうそく: Newton’s second law)またはニュートンの法則(ニュートンのほうそく)は、ニュートン力学の基礎をなす三つの運動法則の一つ。 第2法則は運動の第1法則が成り立つ基準系(いわゆる座標系)、すなわち慣性系における、物体の運動状態の時間変化と物体に作用するの関係を示す法則である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/運動の第2法則

 以下では、俺は運動の第二法則「運動方程式」について述べるつもりである。なお、下記の「かつ」は「and the penomenon (or it)⇄ 〜」であるかもしれない。

広告

運動方程式

 俺系統の認識1.0 運動方程式(運動の第二法則)は方程式(法則)である、かつもしある物体が力を加えられるならば、その力はその質量と加速度の積に等しい。

 ただし、もしもしある物体が力0を加えられるならば、その力0はその質量と加速度の積0に等しい。俺がForceの程度をForcealのように解釈するとき、力が0であるのはForcezeroと表現される。このとき、力0が存在していると解釈される。なお、-alは1である。力が存在しない場合、または力0が力が存在しないと解釈される場合、上記の「もし」は生じない。または、力という単語それ自体が存在しない。

上記を使用すると、もしある物体が力をより加えられるならば、その物体はより大きく加速される。別の書き方では、運動方程式(運動の第二法則)は方程式(法則)である、かつもしある物体が力を加えられるならば、その運動量の時間変化はその力に等しい。運動量は質量と速度の積である。

 俺系統の認識1.1 運動方程式(運動の第二法則)は方程式(法則)である、かつもしある物体が加速されるならば、その質量と加速度の積はその力に等しい。

俺は上記を今考えた。上記が成立するのかは不明である。俺は次の法則を提示してみるが、真偽は不明である。

 俺系統の認識1.2 運動方程式(運動の第二法則)は方程式(法則)である、かつもしある物体が加速されるならば、その物体は力を加えられる。

 俺系統の認識1.3 運動方程式(運動の第二法則)は方程式(法則)である、かつもしある物体が力を加えられるならば、その物体は加速される。

俺の感覚では、俺は力それ自体を認識することができない。だから、俺はある物体が加速されたのをみるとき、俺は力のような何かが作用しているのではないのかと憶測する。

電飛

タイトルとURLをコピーしました