作用・反作用の法則〜運動の第三法則〜

広告

 運動の第3法則(うんどうのだいさんほうそく、: Newton’s third law)または作用・反作用の法則(さよう・はんさようのほうそく、: law of action and reaction)は、二つの物体が互いに(作用)を及ぼす場合、両者は向きが反対で大きさが等しいと主張する経験則である。また、一方だけが他方へ力を及ぼすことはなく、必ずその反作用が存在することを主張する。

https://ja.wikipedia.org/wiki/運動の第3法則

 以下では、俺は運動の第三法則「作用・反作用の法則」について述べるつもりである。この法則は力の釣り合いと異なる。なお、俺はなぜ物体が衝突で停止するのかを理解できていない。なお、下記の「かつ」は「and the penomenon (or it)⇄ 〜」であるかもしれない。

広告

作用・反作用の法則

 俺系統の認識1.0 作用・反作用の法則は法則である、かつもしある物体が別の物体に力を及ぼすならば、別の物体は力を反対向きに同じ程度に及ぼす。

 俺は「力を及ぼす」と「力を加える」の違いを理解できない。「力を加える」と書き換えると、作用・反作用の法則は法則である、かつもしある物体が別の物体に力を加えるならば、別の物体は力を反対向きに同じ程度に加える。

一方、力の釣り合いでは、ある物体が存在して、複数の力がその物体に加えられている。もしこの力の和が0であるならば、この力は互いに釣り合っている。力の釣り合いでは、物体の数が1でも良い。一方、作用・反作用の法則では、物体の数は少なくとも2つである。両者ともに、力の数は少なくとも2つである。

便宜的に、俺は次を仮定する。作用力は力である、かつ物体が別の物体に加える。反作用力は力である、かつ別の物体が物体に加える。この時、俺は次を獲得する。

 俺系統の認識1.1 作用・反作用の法則は法則である、かつもし作用力は反対方向の反作用力に等しい。

反対方向の反作用力は反作用力である、かつその向きが正反対である。

電飛

タイトルとURLをコピーしました