状態の定義、または認識について〜ある性質を持つ〜

広告

 以下では、俺は状態の定義を提示する。感覚的には、状態はあるページにおける対象と対象の存在と対象がある性質を持っていることである。なお、下記の「かつ」は「and the penomenon (or it)⇄ 〜」であるかもしれない。

広告

状態

 俺系統の認識1.0 状態は現象である、かつある対象が別の対象を持つ。

 異なる表現では、状態は現象である、かつある対象がある性質を持つ。または、状態は現象である、かつある対象が別の対象に関係する。状態は現象である、かつある対象が別の対象に対応する。運動の定義では、状態が使用されたように、状態の定義には、存在が使用された方が良いのかもしれない

 俺系統の認識1.01 状態は現象である、かつもしある対象が空間a(ページa)の中に存在するならば、別の対象は空間a(ページa)の中に存在する。

別の対象が存在しないことを別の対象が0程度に存在すると仮定する。このとき、たとえ別の対象が存在しないとしても、ある対象の状態が生じる。

状態の例には、ある物体が青色を持つので、その物体は青い。または、その物体は青い(be blue)という性質を持つので、その物体は青いである。ある物体は三角の形を持っている。ある人間が生きている、または死んでいるも状態である。

その他には、ある対象が銃を持っているので、その対象は戦闘的(戦闘状態)である(所有による状態)。ある対象は天才遺伝子を持っているので、その対象は知的である(能力状態)。ある人間はイスラム教系統の服を着ているので、その人間はイスラム教的である。ある物体がエネルギを持っている。ある人間がたくさんの富を持っているので、その人間は富裕的である。

その他には、「等しい」や「大きい」がある。例えば、あるりんごの数はみかんの数に等しい。この場合、りんごの数は「等しい」という対象=(be equal)または「be equal to the number of mikans」を持っている。俺が「偶数は数である」を「偶数 < 数」と解釈するとき、その偶数は「be <」、または「be < a number」を持っている。

物体の状態には、液体と固体と気体とプラズマが存在する。物体の状態は現象である、かつその要素が特定の位置を持つ。言い換えると、物体の状態は現象である、かつその要素が特定の位置を持つ。または、エネルギで定義する場合、物体の状態は現象である、かつその要素が特定のエネルギを持つ。

物体の形では、物体の状態は現象である、かつその要素が特定の位置を持つ。または、物体の状態は現象である、かつその要素が特定の位置及び方向を持つ。または、物体の状態は現象である、かつその要素が特定の配置を持つ。俺が形という状態を定義するとき、俺は対象の要素がどのような性質や対象を持つのかを定めて、その状態を要素から定義する。

 俺系統の思考の規範1.1 もしある主体が運動を完了するならば、擬似的な状態がその後に生じる。

 俺系統の思考の規範1.2 もしある主体が運動をしないならば、擬似的な状態がしない範囲(期間)で生じる。 

俺系統の思考の規範1.3 もしある主体が運動を続けるならば、擬似的な状態がその中(その時間の中で)で生じる。

状態に見える例は次である。ある対象は試験を通過したので、その対象は知的である(完了状態もどき)。ある人間は豚肉をイスラムの戒律に沿って食べないので、その人間はイスラム的である(しない状態もどき)。その人間は走っている(進行状態もどき)。

例えば、種子が存在する。種子は水を持つ。このとき、種子は運動して、芽へと変化する。すると、芽という存在が生じる。芽はある状態を周りに形成する、または形成される。同様に、すると、芽は運動して、花へと変化する。すると、花という存在が生じる。

電飛

タイトルとURLをコピーしました