偶数の定義と三段論法と関係代名詞について

広告

偶数(ぐうすう、: even number)とは、2 で割り切れる整数である。対義語で、2 で割り切れない整数は奇数という。

https://ja.wikipedia.org/wiki/偶数
広告

1.0 偶数

1.0(背景)
俺が整数を観察する時、俺は2で割られる整数と割られない整数が存在することを認識する。

例えば、4は2で割られる。一方、5は2で割られない。この時、俺は名前をそれぞれに与えたいと感じる。俺は偶数という名前を前者に与えて、奇数という名前を後者に与える。

1.1(関係代名詞による定義)
偶数は2で割り切れる整数である。

俺は偶数をある単語[偶数]と仮定する。この時、俺はこの単語を分解して、部品の和として表現したい。この時、俺は[は]と[整数]と[割り切れる]と[で]と[2]を使用する。俺は中心を表現する記号を<それ>と約束する。この時、<それ>[は][整数]+[割り切れる]+[で]+[2]。整数を前に出すと、[整数]<それ>[は]+[割り切れる]+[で]+[2]。

+を便宜的に省略して、であると使用すると、[偶数][である][整数]<それ>[は]+[割り切れる]+[で]+[2]。英語では、an even number is an integer which is devided by 2. であるかもしれない。

1.2(仮定による定義)
もしあるより具体的な対象が整数である、かつその整数が2で割り切れるならば、その対象は偶数である。
 1.21(対偶)
 もしより具体的な対象が偶数でないならば、その対象は整数でない、またはその対象は2で割り切れない。

上記は文による定義である。または、もしあるあるより具体的な対象が整数である、かつそのあるより具体的な対象が2で割り切れるならば、そのあるより具体的な対象は偶数である。個人的には、俺は上記の定義が直感的であるように思える。

例えば、俺は4が偶数であるかどうかを知りたいと仮定する。4は整数であるとすでに考えられている。この時、俺は4が2で割り切れるのかどうかを知りたい。実際、4は2で割り切れる。さらに、俺は「4は2で割り切れる」を獲得する。

この時、「4は整数である、かつ4は2で割り切れる」が成立する。上記の定義1.2を使用すると、俺は4は偶数であると言う結論を獲得する。個人的には、俺は仮定による定義を好む。なぜなら、それは観察通りであり、それは自然であるように見える。英語では、if x is an integer and the number is divided by 2, the number is an even number.

タイトルとURLをコピーしました