"キーワード指定なし"

東洋小人種

ヌルハチはY染色体ハプログループC2系統を持つか?〜清王朝と愛新覚羅氏〜

ヌルハチ Y染色体ハプログループ  俺の認識 ヌルハチはY染色体ハプログループC2系統を持っていた。  もし上記が事実であるならば、清王朝は漢人系統でなく、モンゴル人系統の王朝であった。一般的に、ヌルハチは満州人であったと指摘される。けれども、俺の感覚では、満州人のY染色体ハプログループはC2系統でない。満州人は朝鮮人と同様に実体不明の民族であるようにも見える。個人的な印象では、満州人のY染色体ハプログループは朝鮮人と同様にO1b2系統である。 漢民族のY染色体ハプログループはO2a系統である。だから、清王朝は漢民族系統の王朝でなく、実質的にはモンゴル人系統の王朝であった。漢民族は非常に文明的な民族であるが、彼らの王朝の多く(一部)はモンゴル人系統のC系王朝であるように見える。もし清王朝が満州人系統の王朝であったならば、そのY染色体ハプログループはO1b2系統であったように感じる。 電飛 Y chromosome of Aisin Gioro, the imperial house of the Qing dynastyHouse_of_Aisi...
ホモ・サピエンス生物種

古代北ユーラシア人(Ancient North Eurasian)

 古代ユーラシア人は謎の人々である。彼らは彼らの遺伝子を現代欧州人とアメリカ先住民に残した。欧州人及びアメリカ先住民のY染色体ハプログループはR系統とQ系統であり、彼らは共通した父系先祖Pを持つ。 現在発見された標本はヤナの標本とマルタ・ビュレット文化における標本(MA-1)であるように見える。後者はY染色体ハプログループR*を持っていた。下記の電飛によると、ヤナの標本はY染色体ハプログループPを持っていた。 上記の画像はアメリカ先住民であり、彼は古モンゴロイド人種的な濃い顔を持っている。ただし、彼の濃い顔はアメリカ大陸における乾燥気候への適応の結果であるかもしれない。 古代北ユーラシア人 人種的な形質  俺の認識 古代北ユーラシア人の人種的な形質は不明であるように見える。  ただ、俺の印象では、古代北ユーラシア人は顔の濃いモンゴロイド人種であったように感じる。または、彼らはケット人のような顔を持っていた可能性がある。また、個人的な印象では、当時の気候にもよるが、俺はシベリアの地域からコーカサス人種的な顔の濃い形質が生じると断定することができない。...
コーカサス人種

スカンディナヴィア狩猟採集民(Scandinavian Hunter-Gatherer )

スカンディナヴィア狩猟採集民 遺伝  俺の認識 スカンディナヴィア狩猟採集民は西部狩猟採集民と東部狩猟採集民の交雑である。  西部狩猟採集民がスカンディナヴィアに南から移動した。次に、東部狩猟採取民がスカンディナヴィアにノルウェー沿岸から移動した。両者はそこで交雑した。その後、新石器時代に、スカンディナヴィア狩猟採集民は初期欧州農耕民と西部草原牧畜民と交雑した。 スカンディナヴィア狩猟採集民のY染色体ハプログループはI2である。スカンディナヴィア狩猟採集民のミトコンドリアハプログループはUである。俺はスカンディナヴィア狩猟採集民のY染色体ハプログループはI1であると勘違いしていた。また、スカンディナヴィア狩猟採集民のY染色体ハプログループはR出なかったので、彼らは父系で交雑した。 身体的特徴  俺の認識 スカンディナヴィア狩猟採集民は西部狩猟採集民と東部狩猟採集民よりも明るい色素を持っていた。  俺の印象では、スカンディナヴィア狩猟採集民はより高緯度で生活していた。だから、スカンディナヴィア狩猟採集民は高緯度に自然に適応して、より明るい色素を...
コーカサス人種

エリック・ゼムール(Éric Zemmour)はユダヤ人かフランス人か?〜極右で反移民〜

エリック・ゼムール Éric Zemmour was born on 31 August 1958 inMontreuil, at that time in theSeinedepartment, now part ofSeine-Saint-Denis. His parents wereBerber JewsfromAlgeriawithFrench citizenshipwho came tometropolitan Franceduring theAlgerian War.1958年8月31日、セーヌ=サン=ドニ県モントルイユにアルジェリア系ユダヤ人の家庭に生まれた。アルジェリア戦争の際に一家はフランスに渡った。祖先は1000年もの間アラブ人と共存してきたベルベル系ユダヤ人であるというÉric_Zemmour 人種  俺の認識 エリック・ゼムールの人種はコーカサス人種である。エリック・ゼムールの小人種は中東小人種である。エリック・ゼムールの民族は北アフリカ民族である。  上記によると、エリック・ゼムールはアルジェリアからフランスへと移動したらしい。も...
大和民族

アサディ・ヤスィン及びアサディみわと大和民族の雌

 駿河総合高(静岡市駿河区)は17日、静岡ムスリム協会代表のアサディ・ヤスィンさんと妻で同協会理事長アサディ・みわさんを招いた講演会を開いた。1年生が「多文化共生社会」について学ぶ授業の一環。245人が、イスラム教徒(ムスリム)の信仰や生活習慣を理解し、ルーツや宗教、文化を超えて互いを認め合うことの大切さを学んだ。ヤスィンさんはモロッコ出身、みわさんは静岡市出身。結婚後、2006年に同市内で暮らし始め、現在4人を子育て中。信仰に基づいたムスリムの生活習慣を説明した。19年に同市内にできたモスク(礼拝所)の役割や、同市に長年働き掛けてことし10月に宗教に配慮した学校給食が実現したことも紹介した。 みわさんは「一人一人の寛容さが、多文化共生の豊かな社会をつくる。自分の価値観を大切にしながら、相手を尊重する姿勢を忘れないで。世界とつながるチャンスも見逃さないで」と呼び掛けた。  以下では、俺は異人種と結婚した大和民族の雌(今回はイスラム教系統の女性)について述べるつもりである。アサディみわはハムダなおこに似ているように感じた。彼女の夫は白人でないので、俺は人種的な侮辱を彼女から感じた...
漢民族

孔子のY染色体ハプログループはC2系統であるか?O2a系統であるか?Q系統であるか?

 東洋人の大部分は孔子のY染色体ハプログループはO2a系統であると憶測してきた。なぜなら、孔子は漢民族の象徴的な存在であってきた。しかし、俺が電街を探索した後、俺は孔子のY染色体ハプログループはC2系統であるかもしれないと知った。加えて、そのY染色体ハプログループがQ系統の可能性もあると知って、俺は驚いた。 孔子 C2系統  俺の認識 もし孔子のY染色体ハプログループがC2系統であったならば、孔子の父兄はモンゴル人であっただろう。  俺がx系統の善悪を作る力をx系統の力とし、かつx系統の善悪を作る意志をx系統の意志と仮定する。その時、儒教に関するx系統の善悪はC2系統の善悪になる。そして、そのC2系統の善悪はC2系統の意志とその発現(C2系統の力)によって創造された。 In particular, we evaluated the candidate-specific lineage for the Dayan Khan family and the Confucius family, the descendants of the ruling fa...
コーカサス人種

コーカサス狩猟採集民(Caucasus hunter-gatherer )

 この前まで、俺はコーカサス狩猟採取民と言う単語を知らなかった。けれども、コーカサス狩猟採取民の遺伝子は西部草原牧畜民に影響を残しているように感じる。なぜなら、東部狩猟採取民はコーカサス狩猟採取民と等しい割合で交雑したらしい。中間種が形成されたので、東部狩猟採取民の人種的な形質は大きく変化したように感じる。 コーカサス狩猟採取民 ハプログループ  俺の認識 コーカサス狩猟採取民はY染色体ハプログループJ1やJ2を持っていた。コーカサス狩猟採取民はミトコンドリアハプログループKやHを持っていた。 Jones et al. (2015) analyzed genomes from males from western Georgia, in the Caucasus, from the Late Upper Palaeolithic (13,300 years old) and the Mesolithic (9,700 years old). These two males carriedY-DNAhaplogroup:J*andJ2a, later re...
2021.11.24
欧州小人種

西部草原牧畜民(Western Steppe Herders)

 俺は西部草原牧畜民が現代の欧州人の直接的な先祖であると感じる。 西部草原牧畜民 ハプログループ  俺の認識 西部草原牧畜民の雄はY染色体ハプログループR系統を持つ。  実際には、西部草原牧畜民の雄はY染色体ハプログループR1bを持つかもしれない。個人的な印象では、西部草原牧畜民の雄はY染色体ハプログループR1bを持ち、東部狩猟採集民がY染色体ハプログループR1aを持つ。多くの例外が存在するが、西部草原牧畜民はミトコンドリアハプログループUを持つ。 人種的な形質  俺の認識 西部草原牧畜民は明るい色の肌を持つ。  wikipediaを読むと、時代や文化に応じて、西部草原牧畜民は異なる髪の色や目の色を持つように感じる。例えば、初期青銅器におけるヤムナ文化では、西部草原牧畜民は茶色の眼と黒い髪を持った。一方、縄目土文化では、青い眼が観察されたらしいが、彼らが西部草原牧畜民であるのかは俺にとって不明である。 個人的な印象では、俺は東部狩猟採集民が金髪を持っていたように感じる。一方、西部草原牧畜民は金髪を持っていなかったのでないかと(現...
コーカサス人種

初期欧州農耕民(Early European Farmers)〜Y染色体ハプログループG2a〜

初期欧州農耕民(早期欧州農耕民) ハプログループ  俺の認識 初期欧州農耕民の雄はY染色体ハプログループG2aを持っていた。  個人的には、俺はこのY染色体ハプログループG2aがシュメール人の雄のY染色体ハプログループでないかと勘ぐる。下記でも述べるが、初期欧州農耕民は農耕民であったらしい。俺の勝手な印象では、シュメール人も牧畜民というよりは農耕民であったように見える。 人種的な形質  俺の認識 初期欧州農耕民の身長は高くなかった。  俺の印象では、初期欧州農耕民の人種的な形質は不明である。けれども、wikipediaによると、彼らは明るい肌の色と黒い髪と茶色の眼を持っていた。 欧州における西部狩猟採集民は高い身長を持っていたらしい。初期欧州農耕民が欧州へと移動した後、欧州における平均身長は低下した。しかし、その後、西部草原牧畜民の流入によって、欧州における身長は上昇した(wikipedia)。 移動経路  俺の認識 初期欧州農耕民はアナトリア半島からバルカン半島、西側地中海、そして欧州の西部へと移動した。 ...
2021.11.28