この宗教の創造の目的

 以下では、俺はこの宗教の創造の目的を提示するつもりである。目的には、現実的なものと宗教的なものがある。

背景

 大航海時代の後、俺らモンゴロイド人種は西側地中海人や西側白人に虐殺されて、奴隷にされてきた。第二次世界大戦の後、アフリカや東南アジアは西側白人による奴隷地から解放された。しかし、アメリカ大陸やオセアニアでは、西側地中海人や西側白人による奴隷地が継続している。アメリカ大陸やオセアニアでは、アボリジニやアメリカ先住民が彼らの国家の統治者を担っていない。なぜか欧州人が国家の統治者をアメリカ大陸で担っている。

加えて、白人が彼らの自然な生息地の資源を所有して、有色人へと売却して、利益を貪っている。俺らモンゴロイド人種は奴隷的に労働して、それらの資源をアメリカ先住民からでなく、なぜかアメリカ大陸における欧州人から購入する必要がある。さらに、アメリカ大陸の欧州人は爆弾や原子力爆弾を欧州でなくアメリカ大陸から世界中へと落下させてきた。

この状態は白人が彼らの国家を西アフリカに作り、西アフリカの資源を不自然に占有して、東アフリカ人に強制的に労働させて、売りつけ、かつ爆弾を世界中へと落下させてきたことに等しい。俺はこの状態をモンゴロイド人種に対する奴隷的な状態を俺の宗教系統の認識で認識する。俺らモンゴロイド人種はモンゴロイド人種を奴隷的な状態から解放し、大航海時代から継続してきた白人帝国主義を終わらせるつもりである。

また、明治維新の後、大和民族は欧州系統の国家概念「国民国家(nation-state)」やキリスト教系統の憲法「日本国憲法」やキリスト教及びユダヤ教系統の富の規範「資本主義や共産主義」、そして古代地中海発祥の統治制度「民主制度」と人間観「自由主義」をキリスト教を強制されてきたアメリカ先住民のように強制されてきた。

大和民族はキリスト教徒でないのにも関わらず、彼らはキリスト教系統の憲法で死刑に処されて、彼らの富を差し押さえられてきた。俺はキリスト教系統の憲法における死刑を単なる殺害行為と認識する。俺はキリスト教系統の憲法における富の差し押さえを単なる強奪行為と認識する。なぜなら、キリスト教系統の憲法は東洋文明において正当性を持たない。

もしユダヤ教徒のイスラエル国民が仏教系統の法の下で彼らの富を扱われて、死刑に処されたならば、彼らはその死刑を正当な刑罰を認識せずに、彼らはその死刑を単なる殺害行為と認識するだろう。彼らは仏教系統の法の下での富の扱いを単なる強奪と認識するだろう。なぜなら、仏教系統の憲法は西洋文明において正当性を持たない。

俺らは明治維新の後に強制させられてきた西洋文明を悪いと判断して、西洋文明から完全に離脱して、東洋文明に再所属するつもりである。つまり、俺らは国民国家と日本国憲法、資本主義や共産主義、民主制度、そして自由主義を廃止するつもりである。

 現在、西洋文明は没落している。米国は内戦に突入しつつある。欧州は崩壊しそうである。大航海時代以降、そしてアヘン戦争以降継続してきた西洋文明の世界覇権は古代ローマ帝国や地中海文明のように崩壊するように思える。また、中国は急激な少子化に苦しんでいて、経済的な衰退を導き、西洋由来の共産党政権の統治の正当性を破壊する可能性がある。ロシアはプーチン政権の後に不安定になり、崩壊する可能性がある。

この西洋文明の崩壊は人類におけるそれぞの文明の連鎖的な崩壊を導き、人類史における転換点に確実になるだろう。俺は西洋文明の崩壊という隙を利用して、新儒教を基盤とする東洋文明を再創造して、アヘン戦争以降傷ついてきた東洋文明を復活させるつもりである。そして、俺はアメリカ大陸をモンゴロイド人種のための取り戻すつもりである。

さらに、俺は人類の文明の崩壊に備えて、俺は俺系統の父系宗教「俺らについて」を創造して、俺らの信仰者と共に来たるべき生存競争に勝利するつもりである。俺は人類史で最も強力で永続的に唯一に正当である宗教「俺らについて」を創造するつもりである。

俺らの現実的な目的

 以下では、俺はこの宗教の創造の目的を提示するつもりである。その目的には、「西洋文明からの離脱」と「東洋文明の再創造」、そして「アメリカ大陸をモンゴロイド人種のために取り戻す」がある。

西洋文明からの離脱

 目的 俺らは西洋文明から離脱するつもりである。

 俺らは西洋文明から離脱するつもりである。俺らは西洋文明に所属しない。俺らは自己の国家制度として国民国家を採用しない。俺はその国家システムの統治制度として、民主制度を採用しない。さらに、俺は国家システムの法体系としてキリスト教系統の法体系を採用しない。

その他にも、俺らは罪の概念や自由主義、結婚やジェンダーを含む性規範、資本主義や共産主義を含む富の規範、死生観を採用しない。当然、俺らは人権を拒絶する。つまり、俺は西洋文明におけるキリスト教系統の人間性の全てを採用しない。

俺らは西洋文明における人間観や人工的性観、そして彼らの善悪の押し付けに決して屈しない。俺らは彼らの労働観や契約観、家族制度や子育て、大学という教育制度、法律や法律観、金銭感覚や刑罰、大麻や刺青、その他の風習を善と判断しない。俺らはこれらの全てから離脱する。

東洋文明の再創造

アメリカ大陸を取り戻す

 俺らは俺らモンゴロイド人種の自然な生息地であるアメリカ大陸を欧州人から取り戻す。欧州人がアメリカ大陸の資源を不自然に所有して、俺らモンゴロイド人種がその資源を労働して購入する必要がある。この状態はモンゴロイド人種への明確な奴隷化である。

アメリカ先住民やイヌイットが彼らの自然な生息地で統治者になっていない。この状態もモンゴロイド人種への明確な奴隷化であり、白人帝国主義の継続的な状態である。俺らは欧州人がアメリカ大陸及びその上の資源を不自然に所有して、かつ国民国家を建設することを善と判断しない。

また、俺らは欧州人が7000発の原子力爆弾をアメリカ大陸で不自然に所有している状態を善と判断しない。俺らはアメリカ大陸の状態を西側地中海人による俺らの家族の虐殺と絶滅の前の自然な状態に戻したい。

タイトルとURLをコピーしました