https://unsplash.com/photos/QqQRnnOYLSw

 性は性規範や子孫の残し方、結婚及び家族に対する認識に関係する。俺らが正しくない性規範を採用する時、俺らは人口の再生産に失敗する。性は俺らの世界に継続にも深く関係する。

性蟲

 性蟲:性蟲とは、性欲に関係した物質によって引き起こされる蟲である。

 性蟲とは、性欲に関係した物質によって引き起こされる蟲である。口語的には、俺らが性欲を感じる時に、俺らは性蟲を把握する。俺らが性欲を感じる時、俺らのヌシは性蟲を知覚する(認識する)。

性欲は感情や視界(視蟲)と同様に蟲である。俺らは性欲を性蟲と呼ぶ。性蟲は非連続的な蟲である。性観(性規範)とは性蟲に関する価値観である。現時点では、性蟲は子孫繁栄にも関係するので、子孫の生産は性観から導かれる。

物的性

 物的性:物的性とは、俺らのヌシによって物質それ自体に知覚される性である。

 物的性とは、物質に関係した性である。例えば、Y染色体やX染色たは物質性である。正確には、Y染色体とX染色体の組み、またはX染色体とX染色体の組みである。より一般化する時、俺らはエネルギの正と負に性を強制的に与えることができるかもしれない。

蟲的性

 蟲的性:蟲的性とは、俺らのヌシによって蟲それ自体に認識される性である。

 蟲的性とは、俺らのヌシによって蟲それ自体に認識(把握)される性である。俺らが蟲が物に対応していることを仮定するとき、俺らは雌の蟲(雌蟲)と雄の蟲(雄蟲)を仮定する。

分岐性観

分岐性観

 分岐性観:俺らは俺らの性を分岐させることを信仰する。

 俺らは俺らの性を分岐させることを信仰する。言い換えると、俺らは新たな性を創造することを信仰する。俺らが性蟲を動物に対応させると仮定すると、俺らはヌシに対応する性がないことに気づく。だから、俺らはヌシに対応する性を分岐によって創造することを試みる。

例えば、現在、ホモ・サピエンスには、雄と雌が観察される。俺らは雄でも雌でもない新たな性を創造することを試みる。この新たな性は物質的に新たなだけでなく、蟲的にもヌシ的にも新たな性であるように創造する。