俺系統の性

 以下では、俺はこの宗教における性を提示する。例えば、ユダヤ教系統の性のあり方はイスラム教系統の性のあり方と異なる。ユダヤ教における男性とは何であるのかはイスラム教における男性とは何であるのかと異なる。このように、男性や女性はx教系統の男性やx教系統の女性という形式で存在する。そこで、俺は俺系統の男性や俺系統の女性を提示する。

俺系統の性

動物的性

 俺系統の性 動物的性とは、動物が持つ性である。

 動物的性とは、動物が持つ性である。動物的性には、雌と雄がある。例えば、サピエンスには、サピエンスの雌とサピエンスの雄がある。動物的性はY染色体やX染色体という物質に還元される。

人間的性

 俺系統の性 人間的性とは、人間が持つ性である。

 人間的性とは、人間が持つ性である。人間的性には、男性と女性がある。俺の知る範囲では、動物には、女性と男性は存在しない。

正確には、男性とは、x系統の男性である。女性とは、x系統の女性である。xには、宗教や文明が代入される。口語的には、男性とは何であるのかは文明や宗教によって認識される。この宗教では、男性とは、俺系統の男性であり、女性とは、俺系統の女性である。

物質的性

 物質には、性がない。俺が性を無理やり導入するとき、俺は物質に対する+とーを使用する。または、俺は性を印欧語族のように空想的に見出す。

俺系統の性と分岐

 俺は上記の性を次のように信仰する。動物的性は物質的性よりも分岐している。人間的性は物質的性よりも分岐している。男性は女性よりも分岐している。雄は雌よりも分岐している。+とーは不明である。俺は性を分岐という観点から認識する。

また、俺はこれらの性をさらに分岐させる。つまり、俺は人間的性よりもより分岐された性を創造する。さらに、俺はそれぞれの性でも分岐された性を創造する。つまり、雄でも雌でもない動物的性を創造する。

数と性

 俺の認識 俺は対象の数を俺の意志で変えることができる。しかし、俺は対象の性を俺の意志で変えることができない。

 俺は人間の数を変えることができる。例えば、俺は humanul を humanol に俺の意志で変えることができる。しかし、俺は性の語尾を s と z と便宜的に置くと、俺は jomonsal(縄文雌) を jomonzal (縄文雄)に俺の意志で変えることができない。この状態は太陽系の惑星の数(8)を俺の意志で変えることができないことに似ている。

だから、太陽系の惑星の数は planetum である。太陽系の惑星の数はアボガドロ数のように創造主によって決定されている。性もまた惑星の数のように創造主によって決定されているように見える。しかし、この宗教では、俺は性もまた人間の数のように俺らの意志で変えられるものであると信仰する。

タイトルとURLをコピーしました