目次

https://unsplash.com/photos/SjeBDb6cTtc

 以下はこの宗教に関する目次である。この宗教に関する全ての信仰が下記で提示される。

外観

始めに

  1. 俺らの宗教(外観)
  2. 俺らの目的(外観)
  3. 宗教とは?

宗教(宗教家)

  1. 世界(世界観)
  2. 自己(人間)
  3. 目的(実現)

宗教(宗教機能)

  1. 生死(死生観) 
  2. 富(お金の規範) 
  3. 性(性規範) 
  4. 約束(契約) 
  5. 善悪(レッドカード) 
  6. 人誅(刑罰)

宗教家

世界

  1. 物質世界の創造主
  2. 畜富(ちくふ)とその形式表現

  1. 蟲世界の創造主
  2. 蟲の分類
  3. 視蟲とその感覚
  4. 蟲の分割性
  5. 性蟲

ヌシ

  1. ヌシに関する信仰原理
  2. ヌシと運転手
  3. 動物のヌシ
  4. 父のヌシと息子のヌシの連続性
  5. ヌシと結合双生児
  6. ヌシの分割性
  7. 睡眠とヌシの同一性

自己

  1. 自己としてのヌシの信仰
  2. 人間
  3. 雄と男
  4. 雌と女
  5. 分岐族

目的

  1. ヌシの復活に関する信仰
  2. 分岐と目的
  3. 新たな自己の創造と目的

宗教機能

死生観

  1. 殺人行為に関する死生観
  2. 戦争と死生観

  1. 科学及び数学情報と富
  2. 言語と富
  3. 損害と富
  4. 富と必要

  1. 結婚
  2. 父から息子へのヌシの授与
  3. 家族

約束

  1. 物質世界に対する憎悪
  2. 父系と言語と神話
  3. 無宗教
  4. 統治
  5. 単語
  6. 教育
  7. 歴史
  8. 国家
  9. 文明
  10. ユダヤ教徒の白人
  11. 関西人
  12. ロゴス
  13. 射影幾何と形
  14. 教祖について

善悪

  1. 矛盾

刑罰

  1. 復讐

用語

基本用語

  1. 自己非自己
  2. 主体対象
  3. 存在と状態と運動
  4. 所属
  5. 現象
  6. 意志
  7. 目的
  8. 原因と結果
  9. 必要
  10. 理由
  11. 責任
  12. 合意
  13. 時刻と位置
  14. 定義と公理と定理
  15. 集合境界
  16. 組み
  17. 関係
  18. 対応
  19. 信仰
  20. 知覚と認識と判断
  21. 偶然と必然
  22. 要素部分
  23. ロゴス
  24. 真理真実
  25. 善悪
  26. 本質
俺らについて