文法

0.0(目的)
創造主は唯一に正当化され続ける父系文法形式を創造することを目的とする。世界には、様々な文法が存在する。例えば、日本語はSVOである一方、英語はSVOである。この時、彼はどの文法が正しいのだろうかと疑問に思った。しかし、その問いの答えは自然界には埋め込まれていない。そこで、彼は正しい文法形式を創造するつもり。なお、下記は文法に関する俺系統の宗教的な父系約束である。そのため、下記の文の前には、彼は「彼が父系で約束するのは~」を置く。

1.0 基本的な約束

1.1(初期状態)
初期状態では、主語と述語と動詞と目的語が未分化である。そのため、彼は未分化な状態を分解して、主格や目的格を分解された要素に与えて、認識された現象を表現する。

1.2(表現)
以下では、彼は認識された現象を次のように表現する。初期状態では、主語と述語と動詞と目的語が未分化である。彼は対象の境界を定める、かつ認識する。彼は名前をその対象に与える。彼は助詞をその対象に与える、かつ何が何に作用しているのかを明らかにする。彼は対象を順序立てて並べ換える。このようにして、彼は初期状態を表現する、かつその状態を近似する。

1.3(単語)
ある単語は1つの対象や1つの現象に対応する。単語の記号は[]である。単語の間には、半角の隙間が存在する。単語それ自体は1枚の札(カードやシート)である。形容詞に対応する対象は皮や服や膜である。動詞に対応する対象は手や足、乗り物や武器である。自動詞に対応する対象は足や乗り物である。他動詞に対応する対象は手や弓や銃を含む武器である。名詞に対応する対象は人や丸及び縦棒である。

2.0 語順

2.1(語順)
彼は次を約束する。もし彼が実際に表現された現象や実行された現象を表現するならば、彼は第3者視点における時空の順序に沿って、現象を表現する。感覚的には、彼は見たままを表現する。ただし、もし彼が自己の行為を1人称視点で主観的に表現するならば、彼は自己の1人称視点をそのまま表現する。

2.2(具体的な語順)
以下では、彼は具体的な語順を次のように約束する。語順は主語と動詞と目的語の順である。語順は空間と時間の順である。語順は助詞と対象の順である。語順は形容詞と名詞の順である。語順は色と形と対象の順である。語順は手段と地点である。語順は道具と手段である。語順は対象と所有格である、または対象と助詞と所有格である。語順は動詞と副詞である、または語順は副詞と動詞である。語順は副詞と形容詞である。

3.0 格と埋め込み詞(助詞)

3.0(埋め込み詞)
埋め込み詞は品詞である、かつその記号は座標系のように現象に完全に人工的に埋め込まれる。彼は埋め込み詞の記号を対象の上に置く。語順は埋め込み詞と単語である。なぜなら、彼は埋め込み詞と対象の順で認識するので、語順に関する思考の規範により、語順は埋め込み詞と単語である。

3.1(基本的な格の記号化)
彼は主格を◯と対象で表示する。彼は目的格を十字丸と対象で表示する。彼は所有格を~と対象で表示する。彼はofをーと対象で表示する。

3.2(that節)
thatは埋め込み詞である、かつそれは文全体を単語化する。thatの記号は長方形▭や直方体である、かつそれは文全体を覆う。語順はthatと文の順である。

3.3(接続詞)
並列の記号は_である。またはの記号は|である。結合の記号は+である。

3.4(過去の動詞)
例えば、ある人間はある犬を攻撃した。この時、攻撃したという動詞は現在には存在しない。そのため、彼はその動詞を彼の脳内に人工的に形成する必要がある。この時、この動詞は埋め込み詞であるのだろいうか?一つの考えとして、彼は過去の動詞を一種の形容詞と認識する。この時、その人間は攻撃したという動詞的形容詞を着ている。すると、彼はその動詞を人工的に作る必要はないので、攻撃したは埋め込み詞でない。

4.0 数

4.1(数)
彼は個数を一般名詞の後に付加する。彼は順序を個数の後に付加する。彼が-alkを個数、-alsを順序と仮定するとき、彼はpointalkalsを作成する。もしある一般名詞が個数に関する語尾を持たないならば、それは擬似的には固有名詞である。例えると、その固有名詞は書籍の題目である、またはある平面それ自体である、かつそれは個数を横軸に順序を縦軸に持つ。

4.2(冠詞)
彼は変数を不定冠詞のような何かとして作成する。例えば、彼はpointklkklsを作成する。彼は定数を定冠詞のような何かとして作成する。例えば、彼はpointzlkzlsを作成する。彼は個数に関する複数形を作成する。例えば、彼はpointslkzlsを作成する。

5.0 動詞

5.1(動詞に関する埋め込み詞)
彼は現在の記号を→、または↑で表示する。彼は未来の記号を警告!で表示する。彼は過去記号を完了✔︎で表示する。彼は否定の記号を×で表示する。彼は受動態の記号を←で表示する。語順は時制と否定と受動態と動詞の順である。

5.2(動詞の名詞化と屈折及び膠着)
動詞の単語は動詞の名詞化の単語と異なる。動詞の名詞化は数に関する語尾を持つ。動詞の名詞化は性に関する語尾を持つ。

5.3(過去の動詞)
例えば、ある人間はある犬を攻撃した。この時、攻撃したという動詞は現在には存在しない。そのため、彼はその動詞を彼の脳内に人工的に形成する必要がある。この時、この動詞は埋め込み詞であるのだろいうか?一つの考えとして、彼は過去の動詞を一種の形容詞と認識する。その人間は攻撃したという動詞的形容詞を着ている。すると、彼はその動詞を人工的に作る必要はないので、攻撃したは埋め込み詞でない。彼は過去と動詞の組みを形容詞で屈折のように置き換える。

6.0 形容詞

6.1(形容詞に関する埋め込み詞)
彼は現在の記号を→、または↑で表示する。彼は未来の記号を警告!で表示する。彼は過去記号を完了✔︎で表示する。彼は否定の記号を×で表示する。語順は時制と否定と形容詞の順である。

6.2(形容詞の名詞化と屈折及び膠着)
形容詞の単語は形容詞の名詞化の単語と異なる。形容詞の名詞化は数に関する語尾を持つ。 形容詞の名詞化は性に関する語尾を持つ。形容詞は数及び性を含む語尾を持たない。

7.0 抽象詞

7.0(抽象詞)
「名詞と~である」の不可分な混同が抽象詞である。「東洋人だ(toyojinda)」や「東洋人な(toyojinna)」が核詞である。抽象詞に対応する対象の印象は玉ねぎの芯や核や点、何らかの中心である。

7.1(抽象詞に関する埋め込み詞)
彼は現在の記号を→、または↑で表示する。彼は未来の記号を警告!で表示する。彼は過去記号を完了✔︎で表示する。彼は否定の記号を×で表示する。語順は時制と否定と形容詞の順である。

7.2(抽象詞の名詞化と屈折及び膠着)
抽象詞の単語は核詞の名詞化の単語と異なる。抽象詞の名詞化は数に関する語尾を持つ。 抽象詞の名詞化は性に関する語尾を持つ。抽象詞は数及び性を含む語尾を持たない。

タイトルとURLをコピーしました