人工物

広告
言語

高次(Meta)〜メタは存在の一種である〜

 以下で、俺は高次(Meta)を提示する。日常的には、メタとは、外部に存在して内部に対して主導権を握っているような状態である。 1章 高次  俺の認識 高次とは、外部に属する対象である。または、高次とは、外部に属する対象の存在である。  高次とは、外部に属する対象である。または、高次とは、外部に属する対象の存在である。ある対象が別の対象の外部に属する。外部や内部が何であるかは別の記事で扱う。 このとき、対象のメタ存在とは、ある対象が別の対象の外部に属するという性質である。ある対象が外部に属している時、その対象の状態はメタ的である。正確には、ある対象がメタ性を持つとき、その状態はメタ的である。 1節 具体例(衛生)  上記の写真は地球の表面の外部からの写真である。その視点はメタ視点である。上記の写真は地球の表面という外部に属する対象である。 2節 具体例(審判)  サッカーの審判や観客はメタである。彼らは選手の競技systemの外部に属する対象である。 3節 名前  対象への名前はメタである。名前は対象の外部に属する対象である...
言語

本質(essence)について〜対象それ自体に一対一に唯一に対応する存在や状態や運動〜

 以下で、俺は本質(essence)を提示する。俺らが対象の存在や状態や運動を指定して、対象それ自体を召喚したいとき、俺らは対象の本質を必要とする。 漫画「ナルト」の召喚獣の召喚を思い出すとき、なんとなく想像できるかもしれない。間違った召喚を実行しないために、俺らは対象それ自体を一対一に唯一に指定する必要がある。また、隠れた背景として、俺らは対象それ自体を知覚できないので、俺らは対象の存在や状態や運動を通して、対象それ自体を捉えているという背景が存在する。 1章 本質(essence)  俺の認識 対象の本質(essence)とは、対象それ自体に一対一に唯一に対応する対象の存在や状態や運動である。  対象の本質(essence)とは、対象それ自体に一対一に唯一に対応する対象の存在や状態や運動である。目的が存在や状態や運動であったように、対象の本質もまた存在や状態や運動である。 印象的な例えでは、対象を棚と仮定して、対象の性質(存在や状態や運動)を棚の引き出しと仮定する。そのとき、対象の本質とは、棚に一対一に唯一に対応する引き出しである。つまり、もし俺らが...
言語

向き(direction)

 以下で、俺は向き(direction)を提示する。そのとき、俺はdirectionとorientationと方向と向きを区別しない。なぜなら、俺はそれらの単語の違いを現時点で認識していない。 1章 向き(direction)  俺の認識 向きとは、対象または、対象の存在や状態や運動が持つ順序である。  向きとは、対象または、対象の存在や状態や運動に与えられる順序である。正確には、対象達、または対象達の各存在や各状態や各運動に与えられる順序である。一般的に、順序は数で表現される。 幾何学的には、向きは矢印やベクトルで表現される。しかし、この宗教では、向きは宗教的に単なる順序で表現される。その順序は、対象それ自体や対象の存在や状態や運動に与えられる。 俺らは順序を対象の状態と仮定する。対象が順序を直接的に持つのか、運動それ自体が順序を持つのかは不明である。 1節 時間順序  2つの順序を2つの対象に与える。そのとき、対象1と対象2が認識される。1から2へという順序を仮定するとき、対象の向きは対象1から対象2である。 2節 空間順序 ...
広告
言語

自然法則(law of nature)について〜創造主と自然法則〜

 誰も自然法則が何であるかをきちんと認識できない。以下で、俺は自然法則に対する俺の認識を提示する。 自然法則には、2種類の解釈が存在する。一番目には、自然法則は創造主が創造した何か(決まり)である。二番目には、自然法則とは、自然界の中の単なる反復である。 前者は創造主との約束にも関係する。もし自然法則が何らかの決定であるならば、その時、自然法則は意志を持つ対象による選択の結果である。 1章 自然法則   共通認識 自然法則とは、物質世界の中で繰り返される関係である。  自然法則とは、物質世界の中で繰り返される関係である。物質世界とは、宇宙と物質と自然法則の組みであり、その組みは競技家(system)である。あるいは、自然法則とは、物質世界の中で同じように繰り返される関係である。 繰り返される関係には、時間と物体の位置の関係やある物体のそれぞれの運動間の順序が挙げられる。関係の特徴として、その関係は自動的に繰り返される。この自動性を考慮すると、自然法則とは、物質世界の中で自動的に繰り返される関係である。 もし自然法則とは繰り返される関係であるな...
言語

目的(purpose)〜主体または対象が実現する対象、または対象の存在や状態や運動〜

 以下で、俺は目的に対する俺の認識を提示する。 1章 目的(purpose)  共通認識 目的とは、主体または対象xが実現する対象、または対象の存在や状態や運動である。  目的とは、主体または対象が実現する対象、または対象の存在や状態や運動である。つまり、目的とは、一種の対象や存在や状態や運動である。 日常的には、実現するとは、人間がある存在や状態や運動を人間の意志で実際に引き起こす行為である。実現するという運動は別のページで別途に提示する。 目的は自然界には存在しない。日常的には、人生の目的も人生の意味も自然界には存在しない。だから、人間がそれらを人工的に創造する必要がある。 1節 具体例  例えば、俺がアメリカ大陸をモンゴロイド人種のための取り戻したいとする。その時の目的とは、俺がアメリカ大陸を取り戻すという行為である。その取り戻す行為を行為xと置く。行為は運動である。 その時、その目的とは、俺が実現する行為xである。日常的には、その目的とは、俺が実現するだろう行為xである。 2章 目的と正当性  俺の推論 もしxが目的...
言語

赤ナシ〜善悪を持たない動物〜

 俺らがホモ・サピエンスの行為を見ると、俺らは彼らの一部は自己の善悪を持っていないと審判する。この種のホモ・サピエンスの数は一つでない。俺らは名前を彼らに与える必要がある。 1章 赤ナシ  共通認識 赤ナシとは、自己の善悪を持たない対象である。  赤ナシとは、自己の善悪を持たない対象である。善悪の悪はレッドカードに近い。つまり、赤ナシとは、自己のレッドカードを持っていない対象である。 1節 具体例(物質)  物質は赤ナシである。物質は、自己の善悪を持っていない対象である。物質世界には、善悪は存在しない。 2節 具体例(動物)  動物は約ナシである。動物は自己の善悪を持っていない対象である。 2章 赤ナシの行為 1節 判断行為の欠如  赤ナシは、対象や対象の存在や状態や運動への善悪を判断する能力を持っていない。なぜなら、彼らは自己の善悪それ自体を持っていない。もしサッカーsystemの創造主が善悪を創造していなかったならば、その時、審判は選手の行為への善悪を判断(審判)できないだろう。 例えば、赤ナシは「先生呼び」が善か...
言語

約ナシ〜約束それ自体を認識しない動物〜

 俺らがホモ・サピエンスの行為を見ると、俺らは彼らの一部は約束自体を認識していないと審判する。この種のホモ・サピエンスの数は一つでない。俺らは名前を彼らに与える必要がある。 1章 約ナシ  共通認識 約ナシとは、約束それ自体を認識していない対象である。  約ナシとは、約束それ自体を認識していない対象である。または、約ナシとは、約束それ自体を認識しない対象である。約束とは、他者との決定である。 だから、約ナシとは、他者との決定を認識していない対象である。他者を認識していない、または決定それ自体を認識していない。 約束とは、目的の選択である。約ナシは目的、または選択を認識していない。 1節 具体例(物質)  物質は約ナシである。物質は、約束それ自体を認識していない対象である。なぜなら、物質は他者を認識していない。物質は決定それ自体を認識していない。 2節 具体例(動物)  動物は約ナシである。動物は約束それ自体を認識していない対象である。なぜなら、動物は他者を知覚するが、認識していない。動物は決定それ自体を認識していない。 2章...
日本社会

人生無理バーと発達障害者出禁〜発達障害の男性は差別を好むか〜

 俺は上記の意見に賛成する。一部の発達障害者(アスペ?)の行為は限度を超えているのでないかと感じる。彼らはネット用語で言う所の「池沼」に近いように思える。彼らが生活すべきは精神病棟であり、人間社会でない。 以下で、俺は発達障害者?に感じた印象を提示する。駅員のモノマネをする異常者と同じ部類の発達障害者には、何らかの隔離が必要である。特に、攻撃的な場合や性欲を制御でいない類型は... 1章 発達?の奇妙な点  上記の男性も発達障害者に非常に困らせられてきたようである。上記の女性も男性も発達障害者を見て、普通でないと感じている。では、発達障害の普通でない感じとはどのようなものであるのだろうか? 1節 コピペ(公的な場所での性欲を制御できない)   13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/31(水) 13:42:51.06 ID:eJNrTY4Bi 高校の時池沼の養護学校にボランティアにいったんだが、水泳の時間に池沼が女の子押し倒して腰カクカク。俺たちの唖然、10秒くらいで職員が取り押さえる(^q^)のあ...
2020.11.18
言語

主体(subject)と自己(self)

 以下で、俺は主体と自己を提示する。一般的に、主体と対象は対になっているように感じる。日常的には、対象は被写体であり、主体は撮影者である。 1章 主体(subject)  共通認識 主体とは、対象を捉える自己である。  主体とは、対象を捉える自己である。捉えるが何であるかは不明である。ここでは、俺は知覚する、認識する、信仰すると便宜的に置いている。広義には、捉えるとは、対象と自己との間に関係付けられる運動(動詞)である。 上記の注意点としては、人種や宗教や文明が異なるとき、自己それ自体が何であるかが異なる。だから、人種や宗教や文明が異なるとき、対象も異なる。また、自己が何であるかにもよるが、対象それ自体は自己でない。 2章 自己  共通認識 自己とは、対象を捉える主体である。  自己とは、対象を捉える主体である。上記では、俺は人種や宗教や文明が異なるとき、自己それ自体が異なると提示した。 例えば、ある種のホモ・サピエンスは彼らの肉体それ自体を自己それ自体を認識しているように見える。その時、主体とは、対象を捉えるホモ・サピエンスの肉体であ...
広告
タイトルとURLをコピーしました