歴史

広告
歴史

なぜ選挙権が女に与えられなかったのか

女性は後始末やけじめを彼女ら自身でつけれない。 女性は責任をとれない。彼女らは社会的事故を引き起こした後、彼女らは泣いて男性に後始末を期待する。まるでテリーザ・メイのように。あるいは、彼らは迫害された被害者として他国に逃げ込んで他の男に股を開いてきた。 だから、女性は選挙権をもたなかった。これは子供や黒人やその他の色付きが選挙権を持たなかったことに似ている。うんこ垂れ流しの老人は選挙権をもつべきでない。なぜなら、彼らはうんこを彼ら自身で拾えない。女性もこれと同じであると考えられた。 1:なぜ女性は選挙権をもたなかったか 1:女性はボケ老人や子供と同じ。 選挙権のなさに関して、女性は差別されてきたと怒ってきた。しかし、白人男性は馬鹿でない。なぜ女性が選挙権を持たなかったのか、それには理由がある。 女性は痴呆老人と同じであると考えられた。女性は子供と同じであると考えられた。女性は戦後のぱんぱんと同じである考えられた。だから、彼女らは選挙権を持たなかった。 選挙権は船の舵に対応する。たとえ女性が舵取りをして船を沈没させても、女性は泣いて被害者ぶる。...
2020.04.29
歴史

志村五郎の死について思う事〜なぜ科学費が必要であったか〜

日本人数学者志村五郎が死んだ。彼は昔の日本人の雰囲気を持っていたように見える。彼は中国に関する書籍を出版した。彼はどことなく江戸時代の雰囲気を漂わせた。俺は数学について知らないけれども、この種の東洋的な学者を好む。一人の東洋人として。 日本国における大学は多様性や国際化を推進してきた。俺はこれに対する強烈な違和感を覚える。日本人の学問的シャーマンはなぜ日本人が研究費を貸し付けてきたのかを忘れてしまったように思える。 この信仰の場では、なぜ日本人(大和民族)は科学や数学に研究費を貸してきたのか、について語る。当然、白人ごっこや人類のためでない。 1:なぜ研究費が貸し付けられた? 1-1:奴隷化されないために、、、 研究費は白人によって奴隷化されないために必要であった。 近代において、白人は色付きを奴隷化し虐殺してきた。白人種は我々色付きを人間とみなさなかった。日本国は欧州から遠かったので、俺らの先祖は白人によって奴隷化されなかった。しかし、軍事能力や工業能力差が激しかった。 白人はこう考えた。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...
2020.05.19
歴史

シュメル人やフェニキア人の人種は何であった?

 日本人の一部はシュメル人の人種やフェニキア人の人種を知りたい。電網上には、彼らの人種に関する情報は豊富に存在してこなかった。ここで、俺はそれを「憶測する」。 0:君との前提  ホモサピエンスの分類:主要なホモサピエンスは次のように分類される。 コーカサス大人種(中東小人種、地中海小人種、白(欧州)小人種)モンゴロイド大人種(東洋小人種、東南アジア小人種、アメリカ小人種)サブサハラ大人種(西サブサハラ小人種、中部サブサハラ小人種、東サブサハラ小人種)  ホモサピエンスの分析法:ホモサピエンスの分類は大局から局所へと分類する(君はこれを大局的把握法と便宜的に呼ぶ)。  白人種は人間を局所から大局へと分類する。その結果、彼らはシュメル人やフェニキア人の立ち位置を把握できてこなかった。そこで、東洋人は人間を大局から局所へと捉える。 君がシュメル人やフェニキア人を捉えるとき、君は次のように思考する。 ホモ・サピエンス→コーカサス人種またはモンゴロイド人種またネグロイド人種、またはその他→白人種や地中海人種や中東人種→イギリス民族→アイルランド...
2020.11.22
歴史

アメリカ合衆国は滅亡するか〜文明は人種、国家は民族、地方は部族〜

その答えははい。 この信仰的場では、その予想を「文明的な観点」から見てみよう 1:欧州の現在の状態  欧州は完全に没落した。また、移民問題も生じている。イスラム教徒のコーカサス人種は西洋文明を尊敬していない。この先、欧州はイスラム教に支配されるだろう。昔のスペインのように。 2:北米白人の心理は?  俺の憶測によると、北米の白人はそれを気にしていない。彼らは米国や北米しか見ていない。彼らは欧州の未来に対する興味を持っていないように思える。俺はその状態を「危険」と審判する。なぜなら、、、  2-1:北米白人は文明の概念を持っていない 欧州の滅亡は西洋文明の滅亡を意味する。しかし、北米の白人はそれを理解できない。文明は人種に対応する。国家は民族、地方は部族に対応する。もし西洋「文明」が滅亡するならば、そのとき、白「人種」も滅亡する。しかし、北米白人はそれを認識できない。彼らはまるで東南アジア人のように、北米から欧州の滅亡を傍観してきた。 欧州大陸と北米の関係は中華大陸と日本列島の関係に似ている。もし中華大陸が滅亡しそうならば、日本人は必ず介...
2020.04.29
歴史

英国における純粋な知的好奇心はその植物園(キューガーデン)を建設したか

回答 答えはいいえ。植物園の存在は知的好奇心の結果でなく、イギリス人の商売的な精神の結果である。 0:学者の言動 wikipedia 稲  学問的シャーマンの一部はこう言ってきた。  「英国における王立植物園は学問的な好奇心の結果である。それに対しして、日本人は知的好奇心を持たないので、この種の植物園が建設されない。」  果たして、この種の言動は正当であるか。俺はそう審判しない。では、なぜその王立植物園は建設されたのか。この信仰の場で、俺はその理由を独自に憶測するつもりである。 1:その理由 大麻  イギリス人の行為:イギリス人は植物園を建設した。その理由は彼らが商いを現在のアメリカ合衆国のように重視した。  審判:俺の印象によると、植物学や知的好奇心は副次的なものや商魂を隠すための手段であったはず。 1:なぜイギリス人(白人)は砂糖を重視したか 緑の法則:緑のものは売れる。 だから、「緑のもの→売れる→大金持ち」であるので、もしイギリス人が緑のものを研究すれば、イギリス人は大金持ちになれたと審判した...
2020.04.29
歴史

アリストテレスやガリレオ・ガリレイは白人種であったのか

 答えはいいえ。彼らは地中海人種であったはず。  白人種は西洋文明を賛美して、なぜかガリレオ・ガリレイやアリストテレスを西洋人(白人)とみなしてきた。しかし、彼らは地中海人種である。白人種と地中海人種の関係は東洋人種と東南アジア人種との関係に類似する。 1:白人による書籍を読むとき、君が注意すべきこと  読書における注意点とは何が共通前提であるかである。共通前提や仮定は何かである。仮定とは、ある個人が積み上げる何かである。前提とは、相互的に共有される仮定である。 1:古代ローマやギリシアは欧州でなく地中海世界である。  例えば、古代ローマや古代ギリシアは地中海世界であって、欧州でない。しかし、彼らはそれをごまかして、歴史を捏造してきた。騙されないように注意しよう。白人種による捏造行為は朝鮮における空想的歴史fantsyによりも悪質である。 続き  彼らの仮定:イタリア人やギリシア人は白人種である。あるいは、イタリア半島やバルカン半島は欧州に所属する。  これは完全に間違いである。  アリストテレスやカエサルやガリ...
2020.04.29
歴史

欧州は滅亡するか

答えははい。 1:白人の欠点 1:欧州には歴史がない 欧州大陸には、長い歴史が存在しない。白人は若く優秀であった。彼らは積み重ねられた経験を持たない。人生における致命的で誤った選択を下してしまった。若者は道を誤りやすい。たとえ彼らが天才小学生であったとしても。 2:白人は遺伝的に優秀であるけれども、、、 白人種や天才小学生の優秀性は遺伝的なものである。その優秀性は人間的なものでない。機械体や作動体(マシン)としての自然界や生物的基盤としての遺伝子には、善悪の判断が存在しない。人生の意味も存在しない。だから、人間はそれを彼ら自身で人工的に創造しなければいけない。この創造が「人間」としての優秀さを証明する。 白人種はこれが苦手である  だから、彼らは彼らの文字や宗教や社会制度や法概念を地中海人種や中東人種に創造してもらってきた。 若いうちに結婚すべきか。出産すべきか。たとえ君が世界一の天才であるとしても、君はこれに関して正しく回答できない。なぜなら、機械の中には、その答えが存在しない。積み重ねられた人生経験のみがそれを教える。その積み重ねが...
2020.04.29
歴史

アメリカ合衆国は崩壊するか

 答えははい。  1:国家の目的の喪失  ⇆『米国民は国家の目的を喪失した。現在、彼らは何をやりたいのかはっきりしない。行き当たりばったりに見える。さらに悪い事に、米合衆国には、歴史がない。歴史がないので、米国民は同じ未来を見る必要がある。しかし、同じ未来がもはや存在しない。  ここが東洋世界と異なる。大陸東洋人やその他の東洋人は彼らの過去で繋がる。だから、仮に未来における国家の目的が存在しなくとも、彼らは困らない。なぜなら、彼らは先祖を重視すれば良いだけ。  米国による軍事能力の行使にも、目的の喪失が見られるかも。なぜ彼らはイラク戦争を始めたのか。その目的が不明瞭である。彼らは行為の目的を設定する能力を失ったかも。ベトナム戦争にも言えるけれども。』  2:維持の軽視  ⇆『白人種は物事を維持を軽視する。だから、彼が作る組織はすぐに壊れる。たとえ彼らが立派な砂の城を砂浜に作っても、彼らはそれを維持しようとしない。社会や組織は等速直線運動のように勝手に維持されない。しかし、彼らはそれを理解しない。  また、誰が合衆国の維持を担っているかがわから...
2020.04.29
広告
タイトルとURLをコピーしました