カタカナ用語

ここでは、俺らはカタカナ用語を日本語訳して、言語システムを設計する。

広告
カタカナ用語

ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコル(http)の日本語訳は電飛話法

 Hypertext Transfer Protocol(ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコル、略称HTTP)とは、WebブラウザがWebサーバと通信する際に主として使用する通信プロトコルであり、インターネット・プロトコル・スイートのメンバである。HTMLなどのテキストによって記述されたWebページ等のコンテンツの送受信に用いられる。  以下で、俺はハイパーテキスト・トランスファー・プロトコルの日本語訳を提示する。ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコルの日本語訳は電飛話法である。 1章 ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコルの日本語訳  ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコルの日本語訳 ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコルの日本語訳は電飛話法である。  ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコルの日本語訳は電飛話法である。英語では、ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコルはhttpやhttpsと省略されている。 プロトコルの日本語訳が話法であった。だから、ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコルのプロトコルの部...
2021.08.20
カタカナ用語

プロトコルの日本語訳は話法

 プロトコルまたはプロトコール(英語:protocol英語発音:,、フランス語:protocoleフランス語発音:)とは、複数の者が対象となる事項を確実に実行するための手順について定めたもの。プロトコル  以下で、俺はプロトコルの日本語訳は話法を提示する。プロトコルの日本語訳は話法である。なお、以下では、電子計算機におけるプロトコルを重視する。 1章 プロトコルの日本語訳  プロトコルの日本語訳 プロトコルの日本語訳は話法である。  プロトコルの日本語訳は話法である。日常的には、プロトコルとは他の対象との話し方である。一般的に、プロトコルは外交儀礼や外交儀礼における手続きとして認識されているように思える。 21世紀における電子計算機の発達に伴い、プロトコルの意味は通信プロトコルになった。この時、俺は電子計算機同士のプロトコルは「話法」と別に訳されると良いと審判する。電子計算機におけるプロトコルは外交プロトコルに日本語世界では一致しない。 おそらく、2以上の電子計算機が相互的な通信を実行する時、それらは外交におけるプロトコルのような手続きを必要として...
2021.08.20
カタカナ用語

レンタルサーバー、またはホスティングサーバーの日本語訳は電子宿〜電宿(でんじゅく)〜

 以下で、俺はレンタルサーバーの日本語訳を提示する。レンタルサーバーの日本語訳は電子宿(でんし・やど)である。その略称は電宿(でんじゅく)である。 1章 レンタルサーバーの日本語訳  レンタルサーバーの日本語訳 レンタルサーバーの日本語訳は電子宿である。  レンタルサーバーの日本語訳は電子宿である。その略称は電宿(でんじゅく)である。なお、俺はエックス・サーバーを借りている。 回線業者は物理的な回線を敷く人々である。プロバイダは電網世界を家へと敷く人々である。それに対して、レンタルサーバーは電網世界の中の家を貸し出す人々である。 技術的には不正確であるだろうが、俺らは回線業者とプロバイダとサーバーをこのように脳内で管理している。レンタルサーバーは電子的な家を消費者に貸し出す人々であるように思える。
2021.08.20
カタカナ用語

プロバイダの日本語訳は電網敷設者(電敷者)

 インターネットサービスプロバイダ(英語:Internet Service Provider)とは、インターネット接続の電気通信役務を提供する組織のことである。プロバイダやISPなどと略して呼ばれることが多い。日本では、電気通信事業者であり、インターネット接続事業者(略して接続事業者)と訳されることがある。回線事業者がプロバイダ業も兼ねて提供している会社と回線事業者の回線を使ってプロバイダ業のみサービスを提供する会社に分かれる。インターネットサービスプロバイダ  以下で、俺はプロバイダの日本語訳を提示する。プロバイダの日本語訳とは、電網敷設者である。その略称は電敷者(でんふ者)である。 1章 プロバイダの日本語訳  プロバイダの日本語訳 プロバイダの日本語訳は電網敷設者である。その略称は電敷者である。  プロバイダの日本語訳は電網敷設者である。その略称は電敷者である。 例えると、プロバイダは家と街との間に道路を敷設する。サーバーは街の中の家を貸し出す。なお、俺はこの例えがあっているのかを知らない。 けれども、プロバイダは電子的な網を道路のように引い...
2021.08.20
カタカナ用語

インターネットとは何か?〜インターネットの日本語訳は電街〜

 以下で、俺はインターネットの日本語訳を提示する。大和民族の技術者は技術力を持つが、言語に関する社会形成能力を持たない。なお、俺はインターネットが何であるかをwikipediaを読んでも理解できなかった。 俺は言語に関する社会形成能力と技術力の違いを実演するつもりである。「インターネットの仕組みを理解する能力」と「インターネットというカタカナ用語を日本語訳して、自己の言語システムを形成する能力」は互いに異なるように感じた。 インターネット インターネット  TheInternet(orinternet) is the global system of interconnectedcomputer networksthat uses theInternet protocol suite(TCP/IP) to communicate between networks and devices. It is anetwork of networksthat consists of private, public, academic, business, and gov...
2021.08.20
カタカナ用語

ワールドワイドウェブ(www)の日本語訳は電飛網

 俺はワールドワイドウェブ(www)の日本語訳を提示する。ワールドワイドウェブ(www)の日本語訳は電飛網である。省略形は電網である。 ワールドワイドウェブ ワールドワイドウェブ  TheWorld Wide Web(WWW), commonly known as theWeb, is aninformation systemwhere documents and otherweb resourcesare identified byUniform Resource Locators(URLs, such as which may be interlinked byhyperlinks, and are accessible over theInternet.The resources of the Web are transferred via theHypertext Transfer Protocol(HTTP), may be accessed by users by asoftware applicationcalled aweb browser, and...
2021.08.20
カタカナ用語

リンクの日本語訳は電飛

 以下で、俺はリンクの日本語訳を提示する。リンクの日本語訳は電飛である。 1章 リンクの日本語訳  リンクの日本語訳 リンクの日本語訳は電飛である。  リンクの日本語訳は電飛である。俺らがリンクを押す時、俺らは異なるページへと電子的に飛んだように感じる。だから、俺らはリンクを電飛と名付ける。 実際、リンクを踏むやリンクに飛ぶという表現が日本語には存在する。だから、電飛は感覚的にも適切である。 俺はリンクの仕組みを知らない。もしかすると、リンクとは、俺らが信号を何かに送信した後、返ってくる情報を閲覧しているのかもしれない。つまり、俺らはリンクを踏んで、どこかに飛んでいるわけでない。しかし、もし俺らが男性器の管理を男性器に関する知識よりも優先するならば、俺らは上記の名付けを好むだろう。
2021.08.20
カタカナ用語

ハードディスク(HDD)の日本語訳は電子本棚

 以下で、俺はハードディスク(HDD)の日本語訳を提示する。 1章 ハードディスク(HDD)の日本語訳  ハードディスク(HDD)の日本語訳 ハードディスク(HDD)の日本語訳は電子本棚である。  ハードディスク(HDD)の日本語訳は電子本棚である。その略称は本棚である。あるいは、ハードディスク(HDD)の日本語訳は電書棚である。電書はfileである。 俺はハードディスク(HDD)とメモリの違いを認識していない。前者は本棚である。CPUをソロバンを持つ人間と仮定すると、メモリはその人間の手の数である。この時、レジスタは机である。 つまり、ハードディスク(HDD)が本棚である。メモリが手の数である。複数の命令を同時に実行したい時、俺らはメモリの容量、つまり手数を多くする。処理の速度が遅くてもよく、かつ大量の本を扱いたい場合、俺らはハードディスク(HDD)の容量を大きくする。上記の説明はおそらく正確でないだろう。
2021.08.20
カタカナ用語

レジスタの日本語訳は机、または電子机

 以下で、俺はレジスタの日本語訳を提示する。レジスタの日本語訳は机である。以下では、俺は管理を優先して、知識の正確性を優先しない。 1章 レジスタの日本語訳  俺の認識 レジスタの日本語訳は机である。または、レジスタの日本語訳は電机(でんき)である。電子机(でんしつくえ)  レジスタの日本語訳は机である。または、レジスタの日本語訳は電机(でんき)である。 一般的に、メモリが記憶であり、CPU(実行部)が処理部である。そして、メモリが机に、CPUが人間やその脳に例えられてきた。その時、レジスタの日本語訳がなくなる。 そこで、俺はメモリを手数、CPUをはじきやそろばん部とし、レジスタを机とする。その時、俺らはそれぞれの単語の意味を感覚的に把握できるようになる。  CPUというそろばん部が存在して、そこで命令が処理・実行される。メモリはそろばん部にとっての手の数のような部分であり、その容量が大きいとき、複数の処理が可能になる。現実的には、そろばんが命令を処理する時、机が必要なる。 なぜなら、計算すべきお題を置いたり、紙を置くときに、計算するための机...
2021.08.20
カタカナ用語

メモリの日本語訳は手数

 以下で、俺はメモリの日本語訳を提示する。メモリの日本語訳は「手数」である。一般的に、メモリは主記憶装置と翻訳されているように見える。 1章 メモリの日本語訳  俺の記憶 メモリの日本語訳は「手数」である。  メモリの日本語訳は「手数」である。その意味は次である。たとえ俺らがメモリを記憶と訳するとしても、俺らはメモリとハードディスクとの違いを認識できない。加えて、俺らはなぜメモリのGBが大きいと良いのかを感覚的に把握できない。 しかし、俺らはメモリを手数と訳す時、俺らはメモリの意味を感覚的に把握できるようになる。その時、俺らはこの単語を「管理」しやすくなる。 メモリは手数である。手数が多い(大きい)とき、俺らは情報を同時並行?で処理しやすくなるようになるのかもしれない。メモリが大きい=手数が多いので、料理人の腕が何本も存在するので、その料理人は同時並行で、様々な料理を処理できるようになる。 1節 メモリとCPU(はじき)  俺はメモリとCPUの違いを認識しない。けれども、俺がメモリを手数、CPUを実行部(はじき)と翻訳する時、俺はその違いを感...
2021.08.20
カタカナ用語

プロセッサの日本語訳は処理部、またははじき(電はじき)〜CPUは中央処理部〜

 以下で、俺はプロセッサの日本語訳を提示する。プロセッサの日本語訳は処理部である。日常的には、プロセッサの日本語訳ははじき、または電はじきである。略して電はじ。 CPUの日本語訳は中央処理部である。日常的には、CPUの日本語訳は中央はじきである。またはCPUの日本語やきは中央電はじきである。 なお、俺はCPUとメモリとハードディスクとレジストリの違いを認識していない。 1章 プロセッサの日本語訳  プロセッサの日本語訳 プロセッサの日本語訳は処理部(または実行部)である。または、プロセッサの日本語訳ははじきや電はじきである。  プロセッサの日本語訳は処理部である。または、プロセッサの日本語訳ははじきや電はじきである。その略称は電はじである。俺はCPUを「そろばん部」と呼んでいる。  Incomputing, aprocessororprocessing unitis adigital circuitwhich performs operations on some external data source, usuallymemoryor some...
2021.08.20
カタカナ用語

アプリケーション・ソフトウェア関係の日本語訳

 ここでは、俺はアプリケーション・ソフトを器官・電法を日本語訳する。器官電法には、様々な種類が存在する。以下で、俺は器官電法の種類の日本語訳を提示する。 1章 生産器官(製造器官)  取り決め 生産器官とは、電文書を生産する器官電法である。  生産と製造の違いは不明であり、農作物は生産され、車は製造される。対象の部品も人間によって作られる場合、その行為は製造である。一方、対象それ自体が自然の産物であるとき、それは人間によって生産される。 例えば、蚕の製造というと、人間が蚕という昆虫それ自体を遺伝的に作る印象を持つ。作成は個人が単発的に作る印象を持つ。生産や製造はある程度の規模を持ち、産業として成立しているように思える。文書作成ソフトは本来であれば、人間の視点から見ると、生産でなく作成である。 しかし、感覚と電子計算機の視点を優先して、文書生産と呼ぶ。 文書生産  文書生産とは、文書(電文書)を生産する器官である。具体的には、wordやpagesが存在する。 文式生産  文式生産とは、文式、または文書を生産する器官である...
2021.11.25
カタカナ用語

データの日本語訳は電材、ファイルの日本語訳は電文書、フォルダの日本語訳は入れ物

1章 電材  日本語訳 データの日本語訳は「電材」である。  電子材料の略称が電材である。一般的な意味でのデータは情報材料の略称として情材、または情報材(情報材料)である。情報とは、加工されて、かつ組み合わせられた情材である。 2章 電文書  日本語訳 ファイルの日本語訳は電文書である。  電文書の略称は電書である。データファイルは電材電書である。略称は電材書である。プログラムファイルの日本語訳は動作電書である。 ファイルサイズの日本語訳は電書である。ファイル形式の日本語訳は電書種類である。略称は電書種である。拡張子の日本語訳は種類名である。 3章 入れ物  日本語訳 フォルダの日本語訳は入れ物である。  あるいは、電容れ(でんいれ)である。ディレクトリの日本語訳は「入れ物名」である。 おまけ 文式  日本語訳 コードの日本語訳は文式である。  ソースコードの日本語訳は裏文式である。裏にあるので、裏方のように見えない。これは数式のもじりである。俺がコードを見る時、まるで数学や物理における数式のようであ...
2021.11.25
カタカナ用語

プログラムの日本語訳は動作法

 以下で、俺はプログラムの日本語訳を提示する。特に、俺は電子計算機におけるプログラムの日本語訳を提示する。プログラムには、命令や計画が存在する。 来日した演奏者のプログラム変更のプログラムは「計画」である。運動会におけるプログラムは「行動手順」に近い。 なお、俺は電子計算機におけるプログラムが何であるかを知らない。そのプログラムに対する俺の印象とは、何か文字列が存在して、その文字列を実行すると、電計はその文字列に沿って動作(運動)する。 1章 動作法 日本語訳 プログラムの日本語訳は動作法である。  プログラムの日本語訳は動作法である。または、プログラムを法律に対応づけて、「動作律」と翻訳することができるかもしれない。なお、ソフトウェアの日本語訳は電法であったが、これはハードウェアと対応づけた。電法系と翻訳するとき、動作法をうまく対比される。 プログラミングは「動作作り」である。 なぜ命令でないか?  俺はプログラムを命令と翻訳したくない。なぜなら、プログラムが命令であるとき、ある人間がドローンやアレクサに「アレクサ、こっち...
2021.11.25
カタカナ用語

OSの日本語訳は骨格、アプリケーションの日本語訳は器官

 以下で、俺はOSとアプリケーションの日本語訳を提示する。その時、俺はそれらに関する正確な説明行為でなく、家畜や家畜の脳の管理や統治を優先する。単語を与えるのは、家畜や家畜の脳を外部から管理、統治するためである。 1章 骨格  オペレーティングシステム・ソフトウェアの日本語訳は「骨格電法」である。その略称は骨電(こつでん)である。 俺は日本語と英語のOSの説明を読んでも、理解できなかった。一般人にとって、電計は管理されば良いので、俺らはこう考える。 OSとは、電法の一種であり、工場における基本的な動作を司る。例えば、ドアを開けるや電気の点滅や水道の整備などである。それらはほとんどの工場で観察されて、共通点が存在する。ただし、外国や工場の骨格が異なると、ドアの開閉に関する電法が異なる。 2章 器官  アプリケーションソフトウェアの日本語訳は「器官電法」である。その略称は器電(きでん)である。 アプリケーションには、様々な種類が存在して、ブラウザ(閲覧)やメールソフト(電子手紙)や文書作成ソフトや表計算ソフトが存在する...
2021.11.25
カタカナ用語

ハードウェアの日本語訳は電箱、ソフトウェアは電法

 ハードウェアとソフトウェアの適切な日本語訳は提示されていない。以下で、俺はその日本語訳の案を提示する。 なお、俺はコンピュータの日本語訳を機械計算機としたい。略称は機械と計算機の頭文字をとって、機計(きけい)である。電子計算機の略称は電計(でんけい)である。 1章 電箱(でんはこ) 日本語訳 ハードウェアの日本語訳は「電箱」である。  電箱の箱は箱物行政の箱に由来する。箱物の意味は、無意味な建物であり、それは建物だけではうまく機能しない。 同様に、電箱は電法がないと、箱物業績の箱物と同じであり、うまく機能しない。つまり、電箱だけでは、電子計算機の役割を果たせない。 電子計算機に無関係な場合、機械箱の略で「機箱(きはこ)」である。 2章 電法(でんほう) 日本語訳 ソフトウェアの日本語訳は「電法」である。  電法は電子的な法則の略称である。例えば、ハードウェアをコロシアムのような建物と仮定すると、ソフトウェアはその中の競技に対応する。正確には、競技者の行為を定める決まり(運動ルール)に対応する。 電箱(ハード...
2021.11.25
カタカナ用語

ファイル(電文書)と拡張子

 俺がfileについて調べた後、俺は拡張子が何かを理解できなかった。その後、俺はこのpc-masterというwebsiteで拡張子について知った。俺はfile概念を管理するための、文章を提示する。 俺は電文書の思想について述べる。fileに関する詳細な知識は俺にとって不要である。勘違いがあるので、絶対に信用しないように。 1章 ファイルの日本語訳は電文書  日本語訳 ファイルの日本語訳は電文書である。  略称は「電書」である。フォルダの日本語訳は「電書箱」である。その略称は書箱とする。あるいは、フォルダは「電書容れ(でんしょいれ)」である。電箱と訳すと、ソフトウェアとの違いが区別されなくなる。 プログラムファイルは動作電書である。データファイルは電材電書。電子計算機におけるデータの日本語訳は「電材」である。または、電材料である。 なお、日常的な意味でのデータは情材(情報材料、または情報資料)である。それを加工したものが情報である。 ファイル(電文書)と思想  隠れた思想? 人間は世界を何か単一の物差しで表示したい。取り扱い...
2021.11.25
カタカナ用語

URL(話住所)の意味と管理〜ドメイン

 以下で、俺は管理のためのURLの意味を提示する。意味は説明でない。俺は電網世界に素人であり、詳細な知識を持たない(俺自身がよくわからない)。 以下の情報は脳内におけるIT用語の管理のための情報の提示である。 URL(話住所)の意味  このwebsiteのURL   俺はoreranitsuite.comの部分がfileであるのかわからない。後、俺はコロン:とドット.の記号の意味を知らない。上記は '' 話し方+名前(個人名)+場所(in) ''である。 1 https(話法)の意味  httpsはprotocolと呼ばれる。protocolは話法であると感覚的に把握しよう。英語と日本語、男と女、白人と東洋人では、話し方が異なるように、電網世界?でも話し方が異なる。 また、異教徒でも話し方が異なる。実際、キリスト教徒の日本人の話し方は異なる。さらに、発達障害やアスペと健常者でも話し方が異なる。 japanese://abeshinzo.jpman://abeshinzou.jpwhite://jaredtaylor.uschr...
2021.11.25
広告