新単語(造語)

広告
新単語(造語)

たこさい(蛸西)〜自己の宗教や善悪(レッドカード)を隠して、かつ嫌がらせする関西人〜

 関西はヤクザ文化が根強いので、一度敵と見做されるとずっと粘着される。無視はされずにずっと粘着されるのが関西の文化。  関西人てのは他人への嫌がらせが大好き。なんか人間として最低レベル  電網世界を見ると、関西人は嫌がらせを他人に延々と繰り返す。しかし、彼らは自己の宗教や善悪を一切明らかにしていない。彼らは嫌いな人間を発見すると、彼らはその他人を監視して、延々と嫌がらせを繰り返す。 けれども、たとえ俺らが彼らに彼らの宗教は何であるのか、君の行為は君の宗教で善であるのかと質問するとしても、この種の関西人はまともに回答できない。なぜなら、彼らはその相手が嫌いだから、単に嫌がらせを繰り返している。この種の行為は知的能力や精神能力の発達が未熟である子供と同じである。 さらに悪いことに、彼らは相手が嫌がっているのを見て楽しんである。以下では、俺らはこの種の動物の処遇を提示する。正常な人間は自己の行為の善性を自己の宗教で正当化しようとする。けれども、関西人にはこの種の正当化行為は存在しない。 命名〜たこさい〜 たこさい(蛸西)  命名:たこさい(蛸西)...
2021.08.20
新単語(造語)

操無し〜ネアンデルタールは貞操を持たないか?〜

 その他,窃盗,強姦,器物破損など,ネアンデルタールの脳には,「所有権」や「貞操観念」や「契約」といった概念自体が無いのだ。  ネアンデルタールが貞操を持っていたのかは不明である。けれども、俺らがホモ・サピエンスを観察する時、俺らは貞操を持つ個体と貞操を持たない個体が存在することに気づく。貞操を持たない個体は動物と同じで貞操それ自体を認識していないように見える。 貞操を持たない個体の状態はチンパンジーやゴリラなどの動物の状態と完全に一致している。彼らは発情する時、彼らは雌に求愛行為を公的な場所で実行してしまう。例えば、彼らは数学や科学、プログラミングを雌に必死で教えようとする。 たとえ俺らが彼らを彼らの行為に関して注意するとしても、彼らは何を指摘されているかを認識していないように見える。さらに悪いことに、彼らは貞操の必要性それ自体もよくわかっていない。 操無し  操無し:操無しとは、貞操を認識していないホモ・サピエンスである。  操無しとは、貞操を認識していないホモ・サピエンスである。操無(みさおむ)とは、貞操を認識していない生物である。チン...
2021.08.20
新単語(造語)

時無し〜時間それ自体を把握できないホモ・サピエンス〜

 引用『ネアンデルタールと人間の最大の違いは、思考する次元の差だ。人間は四次元で思考するが、ネアンデルタールは三次元で思考する。従い、「未来(時間が経過した後)に獲物がかかる落とし穴」をネアンデルタールは掘れなかった。』  ネアンデルタール人が時間それ自体を認識できなかったかは不明である。だから、俺らはそれをここでは問題にしない。けれども、俺らがホモ・サピエンスを観察するとき、俺らはある種のホモ・サピエンスは時間それ自体を認識していないことに気づく。 そして、俺らはこの種のホモ・サピエンスをどこか別の種族と認識する。この種のホモ・サピエンスは時間を認識してないので、彼らは今が全てである。彼らには、過去や未来を把握していない。彼らは過去を認識していないので、彼らは先祖や子孫を感覚的に把握できない。 俺らがホモ・サピエンスの発言や行為を見る時、俺らは時間それ自体を認識していないホモ・サピエンスが存在すると審判する。以下では、俺らは名前をその種のホモ・サピエンスに与えよう。 時無し  時無し:時無しとは、時間を認識していないホモ・サピエンスである。 ...
2021.08.20
新単語(造語)

自己繰り込み思考

 ホモ・サピエンスの一部は自己の存在を考慮して、思考できない。俺らが大和民族を見るとき、俺らは彼らは自分がモンゴロイド人種であることを考慮せずに思考していることに気づく。 自己繰り込み思考  自己繰り込み思考:自己繰り込み思考とは、ある対象が自己を繰り込む思考である。  自己繰り込み思考とは、ある対象が自己を繰り込む思考である。略称は繰り込み思考や繰り込みである。以下では、俺らは繰り込みできていない思考を見てみよう。 具体例   現在、コロナウイルスに関して、モンゴロイド人はネグロイド人種によって暴力を振るわれている。buveryは黒人を彼らの暴力に関して批判した。それに対して、Kは左の呟きで返答した。 一見すると、彼の発言は正しいように見える。けれども、彼は自己を繰り込んで思考していない。その結果、彼の発言も行動も奇妙に見える。彼の思考には、思考への自己の繰り込みが存在しない。 彼の人種はおそらくモンゴロイド人種である。もし彼が繰り込み思考を実行するならば、彼はネグロイド人種に同情せずに、彼はアメリカ先住民に同情する。そして、彼はア...
2021.08.20
新単語(造語)

顔ずれ〜生物的事実と自己認識(アイデンティティ)のずれ〜

 俺らがホモ・サピエンスを観察するとき、俺らはある種のホモ・サピエンスの生物的な事実と自己認識が狂っていることに気づく。以下では、俺らは名前をその状態に与える。なお、俺らは自己認識を自己の所属しているソサエティから導かれる自己を約束する。 顔づれ  認識:顔ずれとは、自己の生物的事実と自己認識が一致しない状態である。 具体例  ユダヤ教徒の白人の生物的事実は欧州人(欧州小人種)である。彼らの自己認識はセム人(ユダヤ人)である。セム人の小人種は中東小人種であり、欧州小人種でない。 ユダヤ教徒の白人の生物的事実は彼らの自己認識に一致していない。だから、ユダヤ教徒の白人の状態は顔ずれである。おそらく、ユダヤ教徒の白人は中東発祥の宗教から彼らの自己認識を導出する。 その結果、顔ズレが生じる。しかし、ユダヤ教徒の白人の人種はコーカサス人種である。だから、人種的なには顔ずれは生じていない。 具体例  バラク・オバマはコーカサス人種とネグロイド人種の中間種(エチオピア的中間種)である。しかし、アメリカ社会では、オバマは黒人(ネグロイド人種)になる...
2021.08.20
新単語(造語)

種無し(しゅなし)〜自己の人種を認識していない対象〜

 大和民族の人種はモンゴロイド人種であり、その人種はアメリカ先住民やイヌイットの人種に等しい。俺が大和民族がアメリカ大陸の多様性を賛美するとき、俺は彼らは自己の人種をモンゴロイド人種と「認識」していないと審判する。なぜなら、アメリカ大陸の多様性は彼らモンゴロイド人種の虐殺と絶滅の結果である。 種無し(しゅなし)  種無し(しゅなし):種無し(しゅなし)とは、自己の人種を認識していない対象である。  種無し(しゅなし)とは、自己の人種を認識していない対象である。自己の人種を一般化して、自己の生物種や自己の小人種や自己の民族を含める。個別には、生種なし、小種無し、民無し(みん)である。 具体例  種無し(しゅなし)の具体例は大和民族である。彼らは彼ら自身の人種がモンゴロイド人種であることを認識していない。大和民族は自己の人種(モンゴロイド人種)を認識してない対象である。種なしの定義により、大和民族は種なしである。 なぜ大和民族が種なしであるのかは不明である。彼らは人種に関する鏡像認知を持っていないのかもしれない。あるいは、大和民族はソサエティ(社会...
2021.08.20
新単語(造語)

約ナシ〜約束それ自体を認識しない動物〜

 俺らがホモ・サピエンスの行為を見ると、俺らは彼らの一部は約束自体を認識していないと審判する。この種のホモ・サピエンスの数は一つでない。俺らは名前を彼らに与える必要がある。 1章 約ナシ  共通認識 約ナシとは、約束それ自体を認識していない対象である。  約ナシとは、約束それ自体を認識していない対象である。または、約ナシとは、約束それ自体を認識しない対象である。約束とは、他者との決定である。 だから、約ナシとは、他者との決定を認識していない対象である。他者を認識していない、または決定それ自体を認識していない。 約束とは、目的の選択である。約ナシは目的、または選択を認識していない。 1節 具体例(物質)  物質は約ナシである。物質は、約束それ自体を認識していない対象である。なぜなら、物質は他者を認識していない。物質は決定それ自体を認識していない。 2節 具体例(動物)  動物は約ナシである。動物は約束それ自体を認識していない対象である。なぜなら、動物は他者を知覚するが、認識していない。動物は決定それ自体を認識していない。 2章...
2021.08.20
新単語(造語)

カオナシ(顔なし)〜自己を認識しない対象〜

 俺らがホモ・サピエンスの行為を観察する時、俺らはある種のホモ・サピエンスは彼ら自身、つまり自己それ自体を認識できないと感じる。その結果、彼らは彼ら自身の意見と白人の意見を区別できないので、彼らは彼らの意見を白人視点で提示してきた。この時、俺らは一つの名前をこの種の動物に与える必要があると審判する。 なお、ここでは、俺らは鏡像認知とカオナシを区別する。たとえある対象が鏡像認識を実行することができるとしても、その対象が自己を必ずしも認識できる対象ではないように見える。自己を正確に認識することは非常に高度な知的能力の一種である。 1章 カオナシ(顔なし)  共通認識(対象) カオナシとは、自己を認識しない対象である。  カオナシとは、自己を認識しない対象である。注意点として、カオナシとは、自己を認識できない対象でない。カオ能ナシとは、自己を認識する能力を持たない対象である。ある条件が自己を認識する能力を妨げている時、俺らはその条件の下に存在する対象をカオ能無しと呼ばない。 1節 具体例(物質)  俺らは物質は自己を認識しない対象であると認識する。上記の...
2021.08.20
広告