大和民族について

大和民族について大和民族について
大和民族について

文系中野昌宏〜あーいい人だけで国つくりたいなー〜

 中野昌宏という文系が「あーいい人だけで国つくりたいなー」とつぶやいた。彼の行為に対して、俺は彼は彼の国家を彼自身で形成すべきであると審判した。以下で、俺は彼の発言行為の問題点について語ろう。 1章 中野昌宏とは?  文系 中野昌宏とは、まともな論文を彼自身で書くことができない文系である。  大和民族の文系はまともな学術論文を書くことができない。彼らの論文の大部分は論文の水準に達していない。 大和民族は中野昌宏を不要としている。もし彼が彼の国家を作りたいならば、大和民族は彼の意見に大賛成するだろう。なぜなら、中野昌宏は大和民族にとって不要な対象である。 文系の大学教員など大学からいなくなっても構わない。彼らはまともな審判能力を持っていないので、彼らは彼ら自身が不要であることすら認識できない。彼らの知性とは現実に対する審判でないので、彼らは彼らの肉体のデザインの劣等さや都市デザインの劣等さすら審判できない。 2章 中野昌宏は人間社会を形成できるか?  憶測 中野昌宏は彼自身の人間社会すら形成できない。  国家を形成するためには、小規模な社...
2020.09.26
大和民族について

ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタンの無期懲役と山口厚裁判長

 埼玉県熊谷市で2015年、女児2人を含む6人が殺害された事件で、強盗殺人などの罪に問われたペルー国籍ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(35)について、最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)は10日までに、被告側の上告を棄却する決定をした。  俺は上記の審判に反対する。俺は彼は死刑になるべきであると審判する。以下で、俺がこの審判に関した違和感を提示する。 さらに、俺は審判者の責任と日本国の法律のあり方を提示する。ここでは、技術的な問題でなく、心理的な問題を提示する。 1章 違和感  違和感 大和民族の法律関係者は異人種や異民族の機嫌を損ねることを非常に恐れる。  俺が今回の判決に関して感じたことは上記である。審判者は異人種の機嫌を損ねることを恐れたので、異人種に甘い審判を下したように感じた。この種の日本人は一人でない。 彼らは精神疾患や心神喪失という屁理屈を持ち出してごねてきた。彼らの本音とは、彼らが異人種や異民族を死刑に処するとき、彼らが差別主義者と批判されることを恐れるのでないかということである。もし今回の殺人犯が大和民族であるな...
2020.09.12
大和民族について

菊池誠(キクマコ)と自己

 菊池誠の発言を見るとき、俺は彼は自己それ自体を認識できないと審判した。彼は彼自身という自己と科学の違いを認識できない。そのために、彼が批判されると、彼はその批判を「科学への批判」と勘違いする。 ちなみに、自己を認識できないのは、未開人の特徴である。未開人は自己の人種や民族を正確に認識できない。文明民を観察すると、彼らは確固たる自己を持ち、きちんとした自己形成能力を持っていない。それに対して、動物や未開人は自己形成に失敗してきた。   1章 カオナシ  共通認識 カオナシとは、自己それ自体及び自己の何か(対象)を認識しない対象である。顔能なしとは、自己それ自体及び自己の何か(対象)を認識する能力を持たない対象である。  自己の何かには、自己の歴史や文明や宗教が含まれる。加えて、自己の意見や認識や審判や判断が含まれる。つまり、カオナシとは、自己の歴史や文明や宗教、そして自己の意見や認識や審判や判断を認識しない対象である。 「自己それ自体及び自己の何か(対象)を認識しない」を「カオナシる」とおく。カオナシるとは、自己それ自体及び自己の何か(対象)を認識...
大和民族について

菊池誠(キクマコ)と民主主義

 俺が菊池誠の発言を見ると、彼は民主制度の意味を把握できないように思える。おそらく、その理由は彼は管理や統治が何であるか、その意味を把握できなからである。学者の大部分は狩猟民族、良くて情報製造という農耕民族に近く、家畜を扱う牧畜を認識できない。 その結果、彼らは統治、つまり民主制度が何であるかを把握できないのだろう。以下で、俺は法律の意味を提示してみる。俺は知識については知らない。菊池の方が詳しいだろう。 1章 選挙の意味  菊池誠は選挙行為の「意味」を把握できないホモ・サピエンスである。  選挙の意味を把握できないのは菊池誠だけでなく、大和民族の学者のほとんどがそうである。彼らは「責任者」を選挙を通じて選択していると勘違いしているように見える。政治家は彼らの責任者でなく、統治者であり、その統治者は菊池の行為を定める法律(プログラム)を作る。 しかし、菊池は政治家を彼自身の統治者と認識できない。そのため、彼は彼の統治者を選挙で選択した後、彼はその統治者に学問や科学を悪用して、統治者にマウンティングしようとする。この行為は企業経営者が政治家にお金で干渉して...
2020.09.06
大和民族について

なぜ菊池誠(キクマコ)は御用学者と呼ばれた後、「御用のレッテルで科学を殺すな」と発言したか?

 福島の原子力発電に関する事故が発生した後、菊池誠(現在は老人)は御用学者と呼ばれた。それに対して、菊池は病的にヒステリックに騒いだ。 その後、彼は「御用のレッテルで科学を殺すな」という記事を書いた、または聞き手に何かを話した。しかし、彼の本音に関する情報は提示されていない。以下で、俺はなぜ菊池は上記の記事を書いたのか憶測しよう。 結論から言うと、菊池は御用学者と呼ばれるとしても、彼はそのレッテル貼りを甘んじて受け入れる必要がある。なぜなら、その状態は公平である。菊池誠は契約相手を馬鹿やアホやとんでもやゲーデルの不完全性定理を理解できない半可通と馬鹿にしてきたからである。  下記の文章の方向は菊池誠でなく、歴史的な記述のためである。俺はたとえ俺が菊池誠に下記を提示するとしても、その老人は何も変わらないと予想するので、菊池への行為は無駄である。彼は学ぶ気のない老人であり、彼は死ぬまでこの状態である。 1章 キクマコの本音  菊池誠は彼自身の意志や欲求や感情を彼自身の言葉で表現できないホモ・サピエンスである。  彼自身の意志や欲求や快不快を...
2020.09.06
大和民族について

目的と正しさ〜運動業界の無意味な練習を減らすために〜

 俺がバレーボール業界や相撲業界、そして教育業界を見る時、俺は無意味な練習が存在することに気づいた。この種の無意味な練習の共通点とは、目的が設定されていないことである。 以下で、俺は目的と行為の正当性について提示する。 1章 練習 取り決め 練習の正当性はその目的によって決定される。  俺が上記の動画を見た後、俺はバレーボールという業界はカルト宗教か何かであると感じた。なぜなら、上記の練習には、意味がなく、無価値であるように感じた。なぜ上記の練習は無価値であるのか? なぜなら、上記の練習には、目的が存在しない。俺はなぜ彼女が倒れる、気絶するまで練習を続けたかを理解できない。実際の試合では、この種の状態まで試合することはない。 この種の異常な状態が継続するのは、監督自身が彼の目的をきちんと提示しないからである。監督自体が練習の目的を選手に提示できない。彼自身は単なる作業を選手に提示してきた。  バレーボールには、延々とレシーブを受け続ける練習が存在するらしい。そして、一部の人間はその練習を否定的に捉えてきた。にも関わらず、亡くなっ...
大和民族について

菊池誠(キクマコ)は左翼やリベラルか?彼の卑しい本音

 菊池誠(キクマコ)は自己を左翼やリベラルと呼んできた。しかし、俺は彼は左翼でもリベラルでもないと審判する。以下で、俺は菊池の卑しい本音を提示する。 1章 菊池の本音  なぜ菊池は左翼やリベラルを名乗るのだろうか?その理由は以下である。 マウンティングとちやほやされたい  菊池は白人様の価値観や視点、考えを悪用して、日本人にマウンティングしたい。自称スペイン系フィリピン人や西側白人との中間種は彼自身の遺伝子や白人の価値観で、日本人を人種的に侮辱して、マウンティングするような行為である。実際、この種の中間種やフィリピン人は存在する。 結局、菊池の行為はキャバクラ的な政治と同じである。キャバクラで、美人なキャバ嬢にマウンティングして、説教して、気持ちよくなる。彼の政治活動はこんな感じである。 先生とおだてられて、気分良くなって、ハッピーになって終わり。 白人になりたい、認められたい  菊池の政治活動の目的とは、彼は白人になって、白人によって認められることである。これは大和民族の雌が白人と結婚した後、この種の動物がなぜか色付きを人...
大和民族について

大坂なおみは黒人女性なのか?日本人か〜ウエスタン・アンド・サザン・オープンを棄権〜

 【ニューヨーク=上塚真由】米中西部ウィスコンシン州ケノーシャで23日に黒人男性が警官に背後から銃撃された事件を受けて、女子テニスで元世界ランキング1位の大坂なおみ選手(日清食品)が26日、現在出場中のウエスタン・アンド・サザン・オープンを棄権すると表明した。米国では事件を受けて人種差別の抗議活動が広がっており、スポーツ界にも波及している。大坂選手は自身のツイッターで、「あす準決勝の予定だったが、私はアスリートである前に一人の黒人女性。私のテニスを観戦するよりも、注目されるべきもっと重要なことがある」とし、抗議活動に同調。そのうえで、「私が棄権しても劇的に何か変わることは期待していないが、白人が主流の競技で議論を始めるきっかけになれば、正しい方向に進む第一歩になると思う」とつづった。  大坂は白人による黒人の射殺を受けて、試合の予定を棄権したらしい。上記の速報によると、彼女は自己を黒人女性と認識しているらしい。しかし、彼女の半分はモンゴロイド人種であり、彼女はネグロイド人種でない。 正確には、彼女はモンゴロイド人種とネグロイド人種の中間種の日本国民である。以下で、俺は大坂...
2020.08.31
大和民族について

伊藤詩織と杉田水脈と大澤昇平に関する日本国の法律及び大和民族の問題点

性暴力被害を公表したジャーナリスト、伊藤詩織さん(31)は20日、自身を誹謗(ひぼう)中傷するツイッターに、自民党の杉田水脈衆院議員が賛同を示す「いいね」を押したことで名誉を傷つけられたとして、杉田氏に220万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。  ジャーナリスト?の伊藤詩織が杉田水脈と大澤昇平を訴えた。伊藤詩織はTBSの山口に強姦されたと主張して、それに関して争っていた(はず)。伊藤ははすみを訴えたが、その訴えも山口と伊藤の性に関する問題に関するものであったと記憶する。 俺は伊藤によるはすみの訴えまではまだ何となく理解できた。しかし、上記の報道では、俺は彼女は何をしたいのか迷走しているという印象を持った。また、俺は彼女の行為に関する大和民族の動物的な反応や日本国の法律の奇妙さ?を改めて実感した。 以下で、俺は法律に関する大和民族の問題について提示する。その前に、俺は伊藤の行為に賛成しない点を提示する。なお、俺は宗教的な善悪や物事の意味を重視して、以下の文章を製造する。 1:伊藤の行為の問題点  以下で、俺は大和民族の問題を述べる前に、俺は伊藤の今回...
タイトルとURLをコピーしました