宗教機能

宗教機能宗教機能
広告
宗教機能

矛盾

 以下では、俺らは矛盾の善悪を提示する。多くの宗教では、矛盾を作ることが善であるか、悪であるかが正当化されてきた。同様に、この宗教でも、俺らは矛盾の善悪を提示するつもりである。詳細な正当化は後日に実行する。 矛盾 矛盾  矛盾:俺らは矛盾を無宗教の対象につくることを悪いと判断しない。  俺らは矛盾を無宗教の対象につくることを悪いと判断しない。俺らは無宗教の対象は自己の系統の善悪を持っていないので、彼らは矛盾が悪と判断できないと審判する。だから、彼らの状態に応答して、俺らもまた矛盾を彼らにつくることを悪いと判断しない。 矛盾の善悪   矛盾の善悪:俺らは矛盾をうまく使用することを善と判断する。  俺らは矛盾をうまく使用することを善と判断する。母系宗教として、俺らは儒教を信仰する。儒教では、俺らは善悪二元論でなく、陰陽一体を採用する。矛盾を上手につくることは善でないが、陰である。
宗教機能

損害と富

 以下では、俺らは損害に対する俺らの認識及び信仰を提示するつもりである。例えば、イスラム教では、アッラーの擬人化は損害をイスラム教徒に与えているように見える。けれども、異教徒から見ると、この種の行為は損害を異教徒に与えない。 つまり、異なる宗教は異なる損害を俺らに与える。何が損害であり、何が利益であるのは宗教にも依存する。 損害と富 損害  損害:損害とは、富を減少させる対象である。  損害とは、富を減少させる対象である。富はヌシが所有する対象である。だから、損害とは、ヌシが所有する対象を減少させる対象である。この対象には、現象も含まれる。 間接損害  物損害:間接損害とは、二次次富を減少させる損害である。  間接損害とは、二次次富を減少させる損害である。日常的には、俺らが所有する車などに対する損害が物損害である。例えば、ある車が俺らの車に追突して、車が傷ついたり、破壊されたりする。 直損害  直損害:直損害とは、一次富を減少させる損害である。  直損害とは、一次富を減少させる損害である。日常的には、俺らの...
宗教機能

言語と富

 この宗教では、俺らは自己の言語(宗教言語)を富と認識する。アングロ・サクソンは自己の言語(英語)を他人に与えてきた。けれども、俺らはこの種の言語の付与を実行しない。また、俺らは言語は約束の観点からも把握されると信仰する。 言語と富 言語と富  言語と富:俺らは自己の言語を富と認識する。  俺らは自己の言語を富と認識する。正確には、俺らは自己の宗教言語を富と認識する。ヌシによる所有は一次所有と二次所有に分けられた。 一次所有とは、ヌシが自己の蟲及び車体(肉体)を直接的に所有するヌシ所有であった。二次所有とは、ヌシが自己の蟲と物を通して、自己の蟲と物の外部の蟲と物を間接的に所有するヌシ所有である。富としての言語は2種類の観点から捉えられる。 一番目には、俺らは自己の宗教言語を擬似的な一次所有と解釈して、俺らは科学及び数学情報を脳に刻み込まれた状態と例える。電子計算機におけるハードディスクの状態が科学及び数学情報である。二番目には、俺らは自己の宗教言語を一種のシステムと解釈する。そして、俺らはそのシステムを所有する。
広告
宗教機能

科学及び数学情報と富

 この宗教では、俺らは科学及び数学情報を富と認識する。俺らが大和民族の科学者や数学者のあまりのクズさとゴミさを見た後、俺らは俺らは科学及び数学情報を富と認識する必要があると審判する。 科学及び数学情報と富 科学及び数学情報と富  科学及び数学情報と富:俺らは科学及び数学情報を富と認識する。  俺らは科学及び数学情報を富と認識する。この宗教では、俺らは富とはヌシが所有する対象であった。ヌシによる所有は一次所有と二次所有に分けられた。 一次所有とは、ヌシが自己の蟲及び車体(肉体)を直接的に所有するヌシ所有であった。二次所有とは、ヌシが自己の蟲と物を通して、自己の蟲と物の外部の蟲と物を間接的に所有するヌシ所有である。 俺らは科学及び数学情報を擬似的な一次所有と解釈する。言い換えると、俺らは科学及び数学情報を脳に刻み込まれた状態と例える。電子計算機におけるハードディスクの状態が科学及び数学情報である。
宗教機能

戦争と死生観

 俺らが人間社会を形成するとき、俺らは死生観の形成を必要とする。そして、この死生観は戦争にも応用される。戦争に強い民族は善な死生観を持っている。 戦争と死生観 戦争と死生観  戦争と死生観:俺らはたとえ俺らが戦争で死ぬとしても、俺らの子孫が俺らのヌシの復活を実現するだろう信仰する。  俺らはたとえ俺らが戦争で死ぬとしても、俺らの子孫が俺らのヌシの復活を実現するだろう信仰する。俺らはこの種の死生観を持って、戦争に臨む。 兵器としての死生観  兵器としての死生観:俺らは戦争における死生観を一種の兵器と認識する。  俺らは戦争における死生観を一種の兵器と認識する。この死生観では、俺らは死生観を戦争に勝利するための道具と認識する。現在、戦争における兵器はテクノロジーのみであると考えられている。けれども、この宗教では、俺らは戦争における兵器を死生観や善悪のようなソサエティを含めて認識する。 魂魄分割 魂魄分割  魂魄分割:俺らは信仰者の集団を二分割して、一方を敵と共に道連れにさせる。  俺らは信仰者の集団を二分割して...
宗教機能

 以下では、俺らは嘘の善悪を提示する。多くの宗教では、嘘をつくことが善であるか、悪であるかが正当化されてきた。同様に、この宗教でも、俺らは嘘の善悪を提示するつもりである。詳細な正当化は後日に実行する。 嘘 嘘の善悪  嘘の善悪:俺らは嘘を無宗教の対象につくことを悪いと判断しない。  俺らは嘘を無宗教の対象につくことを悪いと判断しない。俺らは無宗教の対象は自己の系統の善悪を持っていないので、彼らは嘘が悪と判断できないと審判する。だから、彼らの状態に応答して、俺らもまた嘘を彼らにつくことを悪いと判断しない。 嘘の善悪  嘘の善悪:俺らは嘘をうまく使用することを善と判断する。  俺らは嘘をうまく使用することを善と判断する。母系宗教として、俺らは儒教を信仰する。儒教では、俺らは善悪二元論でなく、陰陽一体を採用する。嘘を上手につくことは善でないが、陰である。
宗教機能

殺人行為に関する死生観

 以下では、俺らは殺人行為に関する死生観を提示するつもりである。正確には、俺らはホモ・サピエンスと呼ばれる対象の "破壊行為" に関する俺らの信仰を提示するつもりである。 正当化はあとで実行する。 殺人行為に関する死生観 殺人行為に関する死生観  殺人行為に関する死生観:俺らは「ホモ・サピエンスと呼ばれる個体は自然法則に沿って自動的に(勝手に)崩壊する(死ぬ)」と認識する。  俺らは「ホモ・サピエンスと呼ばれる個体は自然法則に沿って自動的に(勝手に)崩壊する(死ぬ)」と認識する。言い換えると、俺らは「創造主がホモ・サピエンスと呼ばれる対象の肉体をわざわざ勝手に崩壊するように創造したのに、俺らがわざわざ破壊する必要はない」と信仰する。もしホモ・サピエンスと呼ばれる対象の肉体が永遠に崩壊しないならば、そのとき、俺らはその対象を俺ら自身で破壊する必要があるだろう。 けれども、生物のほとんどは自動的に死ぬ運命である。もし相手が損害を俺らに将来的に与えないならば、俺らが費用をかけて、彼らを俺ら自身で破壊する必要はないと信仰する。愚かな人々は憎い相手を彼ら...
宗教機能

家族

 以下では、俺はこの宗教における家族を提示するつもりである。なお、家族それ自体は共同体と異なる。当然、俺らは家族を血縁集団と認識する。 家族 基本家族  基本家族:基本家族とは、父のヌシと息子のヌシ、そして父からヌシと人間性を宗教的に注がれた対象(相手)の集合である。  基本家族とは、父のヌシと息子のヌシ、そして父からヌシと人間性を宗教的に注がれた対象の集合である。言い換えると、基本家族は父のヌシとその父の息子のヌシ、そしてその父系統の人間性を注がれら結婚相手から構成される。当然、息子のヌシの数は一つでない。 口語的には、ある父のヌシはその系統の人間性を結婚相手へと宗教的に注ぐ。その後、息子たちが生まれる。その息子たちは父系統の人間性を父から宗教的にも授けられている。また、電飛によると、父のヌシと息子のヌシは連結性(一貫性)を持っている。 人間性が注がれる方向には、2種類存在して、一番目は父から息子へと、二番目には父から結婚相手へとである。俺らは2種類の方向性(縦方向と横方向)を家族の中に見出す。家族は二次元的な存在である。 家族 ...
2021.07.16
宗教機能

父から息子へのヌシの授与

 この電飛では、俺らは父のヌシと息子のヌシが連続的でなく離散的であると宗教的に把握した。けれども、俺らは父の遺伝子と息子の遺伝子は遺伝的に連続していると知覚している。だから、俺らは父のヌシと息子のヌシを遺伝的な連続性のように連続させたい。 以下では、俺は父のヌシと息子のヌシの連続性を宗教的に把握する。結婚では、俺らは結婚を通して俺らのヌシと俺らの系統の人間性を相手へと注いだ。俺らはこの信仰を利用して、俺らは父のヌシを息子のヌシへと連続的に接続する。正当化はまだ考えていない。 父から息子へのヌシの授与 父から息子へのヌシの授与  父から息子へのヌシの授与:父は自己のヌシを息子へと宗教的に授けたと信仰する。  父は自己のヌシを息子へと宗教的に授けたと信仰する。このとき、俺らは父のヌシと息子のヌシは遺伝子のように何らかのつながり(父のヌシと息子のヌシの連結性、または一貫性)を持っていると信仰する。遺伝子との違いとは、父のヌシは息子のヌシと連続していないことである。 対応  対応:もし俺らのヌシが物質や蟲に一意的に唯一に対応するならば、俺らは上...
2021.07.16
広告