宗教家

宗教家宗教家
広告
ヌシ

ヌシについて

 以下では、俺はヌシについて提示する。この宗教では、俺は自己のヌシを自己と信仰する。感覚的には、俺はヌシを車体における運転手と例えたい。 ヌシについて ヌシ  俺の信仰 自己のヌシとは、自己の蟲から分岐した自己である。  他者のヌシとは、他者の蟲から分岐した非自己である。日常的には、ヌシとは、蟲から分岐した主体である。俺はヌシそれ自体を知覚することができないが、ヌシを把握する。一方、俺は創造主それ自体を把握することができない。 例えると、次になる。俺が俺の肉体を車体と仮定するとき、俺のヌシは運転手である。俺の蟲(視界)は車体の中のカーナビ画面や車体の中のホログラムである。俺のヌシは俺の車体やカーナビ画面を俺の意志で操縦している。運転手は車の外を直接的に知覚しないで、カーナビの画面やホログラムという蟲を通して、間接的に知覚する。当然、この知覚とは、運転手(ヌシ)がカーナビの画面やホログラムという蟲を見る行為である。 俺らは他人の運転手(ヌシ)を信仰によって把握する。なぜなら、運転手自体はエネルギを持たず、知覚不可能である。自己のヌシと他人のヌシの関係...
2021.10.17
ヌシ

ヌシに関する信仰原理(公理)

 以下では、俺はヌシに関する信仰原理を提示するつもりである。なお、俺は原理と公理に関する正確な認識を提示することができない。しかし、俺はこの原理からこの信仰を組み立てる。 ヌシに関する信仰原理(公理) 把握原理  俺の信仰 俺は自己のヌシを把握する。  現時点では、俺は信仰すると把握するの違いをうまく認識していない。創造主は信仰されるが、それは把握されない。一方、俺はヌシを把握する。口語的には、俺はヌシを感じ取っている。俺はこの原理を "把握原理" と便宜的に呼ぶ。 自己原理  俺の信仰 俺は(自己の)ヌシを自己それ自体を信仰する。  俺は自己のヌシを自己と信仰する。これは上記の把握でなく、この宗教における信仰や信仰に関する約束に近い。なぜなら、ヌシが俺らの本当の自己であるのかは物質世界には存在しない(ように見える)。 上記では、俺は自己のヌシを把握した。けれども、その把握行為それ自体は自己のヌシを自己であると授けない。口語的には、自己のヌシを自己と取り決めるのは信仰の産物である。俺は物質や蟲やヌシを広い意味で把握する(感じ取る)。けれ...
宗教家

分岐族

 この宗教では、俺らは大和民族や日本国から分岐する。神話や宗教は民族を人工的に形成する。または、神話や宗教は自己の人種や民族に対する宗教内で正しい認識を与える。 分岐族 分岐族  認識 俺らは自己の集団を「分岐族」と呼ぶ。  シュメール人は彼ら自身を混ぜ合わされたものや黒い頭と呼んだらしい。俺らは自己の集団(宗教的な集団)を「分岐族」と呼ぶ。この意味は「俺らは物資世界及び蟲世界から俺らの目的の方向に最も分岐した集団である」ことである。 加えて、俺らは物資世界においても現在ではその他のホモ・サピエンスから遺伝的にも分岐していることを重視する。俺らは蟲的世界においてもそのほかの動物から蟲的に?分岐していることを重視する。俺らはヌシ世界においても蟲的世界から最も強く分岐していることを重視する。 この宗教の目的は分岐であり、その目的は現象の善悪を正当化する。だから、俺らは分岐族の善悪はこの宗教の目的から正当化されると判断する。上記でも述べたように、俺らはモノと蟲とヌシの3つの方向へとより強く分岐する。
広告
宗教家

雌と女

 以下では、俺はホモ・サピエンスの雌と女を便宜的に提示するつもりである。ホモ・サピエンスの雌は女でない。 雌と女 ホモ・サピエンスの雌  俺の認識 ホモ・サピエンスの雌は生物学におけるホモ・サピエンスの雌である。  一般的には、ホモ・サピエンスの雌は裸で描かれている。ホモ・サピエンスの雌はより少ない筋肉を持ち、出産能力を持つ。ホモ・サピエンスの車体(肉体)はホモ・サピエンスの雄を発情させる。 そして、動物と同様に、ホモ・サピエンスの雌は自己の善悪や契約、言語や文字を持っていない。つまり、下記で見るように、その雌は母系で受け継いできた人間性を持っていない。 女  俺の認識 女とは、x系統の人間性(女性)を母系で受け継いできたホモ・サピエンスの雌である。  女とは、ホモ・サピエンスの雌とx系統の人間性を母系で受け継いできた人間性(女性)の組である。記号では、女=(ホモ・サピエンスの雌、x系統の女性)である。人間性とは、母系で受け継いできたx系統の善悪やx系統の認識、x系統の約束やx系統の視点である。あるいは、母系で受け継いできた非自動的な運...
2021.08.20
宗教家

雄と男

 以下では、俺はホモ・サピエンスの雄と男を便宜的に提示するつもりである。 雄と男 ホモ・サピエンスの雄  ホモ・サピエンスの雄:ホモ・サピエンスの雄は生物学におけるホモ・サピエンスの雄である。  ホモ・サピエンスの雄は生物学におけるホモ・サピエンスの雄である。一般的には、ホモ・サピエンスの雄は裸で描かれている。 男  男:男とは、x系統の人間性(男性)を父系で受け継いできたホモ・サピエンスの雄である。  男とは、x系統の人間性(男性)を父系で受け継いできたホモ・サピエンスの雄である。または、男とは、ホモ・サピエンスの雄とx系統の人間性を父系で受け継いできた人間性(男性)の組である。記号では、男=(ホモ・サピエンスの雄、x系統の男性)である。
宗教家

人間

 多くの宗教は何が人間であるのかを定めてきた。以下では、俺はこの宗教における人間を提示するつもりである。当然、人間はホモ・サピエンスでない。 人間 人間  人間:人間とは、自己のx系統の人間性を持つ主体や対象である。  人間とは、自己のx系統の人間性を持つ主体や対象である。x系統の人間性はx系統の善悪やx系統の意志を俺らに授ける。その他には、x系統の人格やx系統の精神が人間性である。 より正確には、人間とはx系統の人間性を父から受け継ぎ、かつその人間性を実現してきた主体や対象である。たとえある対象がx系統の人間性を父から受け継いだとしても、もしその対象が自己の人間性を実現してこなかったならば、その時、その対象は人間でない。 口語的には、人間は自己の宗教を持っている対象である。その時、その対象は自己の善悪を持ち、対象や対象の存在や状態や運動を善であるのか、悪であるのかと判断することができる。さらに、その対象は自己の人間性を実現してきた。それが人間である。
宗教家

新たな自己の創造と目的

 この宗教では、俺らは新たな自己の創造を目的とする。その自己はヌシでない。以下では、俺はなぜ俺らが新たな自己の創造をこの宗教における目的と信仰するのかを提示するつもりである。 新たな自己の創造と目的 自己に関する信仰法則  自己に関する信仰法則:俺らは新たな分岐が生じるとき、俺らは俺らの自己それ自体も生じる。  俺らは新たな分岐が生じるとき、俺らは俺らの自己それ自体も生じる。俺らは分岐を俺らの宗教における目的とする。この時、もし俺らが分岐を達成することができるならば、その時、俺らはヌシでない俺ら自身が生じるかもしれない。 俺らは俺らの将来をこのように信仰する。ヌシの復活の実現のためには、分岐が必要である。そして、新たな分岐が生じるとき、俺らはヌシでない俺ら自身が生じるかもしれない。俺らはこのように信仰する。 例えば、ある対象(雌)が自己の蟲を持つが、自己のヌシを持たないと仮定しよう。この時、その雌にとっては、その蟲が自己それ自体である。けれども、もしその雌が蟲から分岐したならば、その時、その雌はヌシという新たな自己を獲得する。 新たな自己...
2021.07.16
宗教家

分岐と目的

 この宗教では、俺らは分岐を目的とする。以下では、俺は分岐の背景や意図を提示する。言い換えると、以下では、俺はなぜ俺は分岐をこの宗教における目的と信仰するのかを提示するつもりである。 信仰者の一部はなぜこの宗教は分岐を目的とするのか疑問に思うだろう。以下では、俺はその疑問に回答するつもりである。口語的には、俺はヌシを復活させるためには、既存の世界は不十分である。 だから、俺らは既存の世界から分岐して新たな世界を創造して、ヌシの復活を実現する必要がある。従って、俺らは分岐をヌシの復活のためにこの宗教の目的と信仰する必要がある。俺らはこのように信仰する。 分岐と目的 ヌシの復活  ヌシの復活:俺らは俺らのヌシの復活を実現するために、俺らは分岐をこの宗教の目的と信仰する必要がある。  俺らは俺らのヌシの復活を実現するために、俺らは分岐をこの宗教の目的と信仰する必要がある。俺らはもし俺らが既存の世界から分岐することができるならば、俺らは俺らのヌシの復活を実現することができると信仰する。なぜなら、その時、俺らは全ての経験から本当に自由になり、任意の観察に...
2021.07.14

蟲の分割性

 前回、俺らはヌシの分割性を信仰的に考えた。以下では、俺は蟲の分割性を信仰的に考える。当然、たとえ俺らが蟲を分割することができるとしても、もしヌシがその蟲から分岐しないならば、ゾンビと同じで無意味であるだろう。 蟲の分割性について 蟲の分割性  蟲の分割性:俺らが一部の蟲を分割することができるように感じる。  俺らが一部の蟲を分割することができるように感じる。ただし、ヌシの場合と異なり、蟲の分割が何で実行されるのかは不明である。個人的な印象では、俺らは俺らの蟲を物で分割しているようには感じない。 例えば、俺らの視蟲は分割される。例えば、俺らの目の調子が悪くなるとき、俺らの視界(視蟲)の半分は欠けたりする。この欠落を視蟲の分割と信仰するならば、俺らは視蟲の分割を信仰的に考えることができる。 個人的には、俺は「蟲/物」と「分蟲(bun-mushi)」を考えたいが、俺はこの分割に違和感を覚える。同様に、俺らは聴蟲や嗅蟲、重力蟲に関しても、同様な分割を考えることができる。けれども、現時点では、俺は性蟲や感蟲の分割を想像できない。
2021.07.14
広告