巴言語(宗教言語)

広告
宗教機能

子音

 この “宗教” では、俺らは以下の子音を使用する。なお、俺は異なる表記を別の機会に与えるつもりである。この宗教では、俺らは言語を約束から導出する。つまり、俺らにとって言語とは信仰者同士の約束であり、その約束は父から息子へと伝達される。下記は後日修正される。なぜなら、俺は下記の文章に賛成しない。 基本子音 フゥッ(f)  基本子音:俺らは “フゥッ” を第1基本子音とする。  ファッ、フィッ、フゥッf、フェッ、フォッ。フゥァfa、フゥィfi、フゥゥfu、フゥェfe、フゥォfo...? スゥッ(s)  基本子音:俺らは “スゥッ” を第2基本子音とする。  スァッ、スィッ、スゥッs、スェッ、スォッ。スゥァsa、スゥィsi、スゥゥsu、スゥェse、スゥォso。...? トゥッ(t)  基本子音:俺らは “トゥッ” を第3基本子音とする。  トァッ、トィッ、トゥッ、トェッ、トォッ。トァ、トィ、トゥ、トェ、トォ。...? クゥッ(k)  基本子音:俺らは “クゥッ” を第4基本子音とする。 ...
宗教機能

母音

 この "宗教" では、俺らは以下の母音を使用する。以下の単語(強調母音や一瞬母音)は俺の造語である。なお、俺は異なる表記を別の機会に与えるつもりである。また、俺は二重母音や連母音?を考慮しない。 俺らは基本的な母音の数を指の数に対応させて、5個とした。個人的には、俺は母音の数を10個か12個にして、10進数や12進数を使用したかった。 この宗教では、俺らは言語を約束から導出する。つまり、俺らにとって言語とは信仰者同士の約束であり、その約束は父から息子へと伝達される。 基本母音 あ  基本母音:俺らは "あ" を第1基本母音とする。  俺らは "あ" を第1基本母音とする。英語では、「あ」は「a」である。日本語でも英語でも、「あ」は一番目の母音として表現される。けれども、俺は「あ」は一番目の母音でないように感じた。「あ」は動物が何かに応答したり、ホモ・サピエンスが「わあ」っと驚くときに発せられるように感じる。 い  基本母音:俺らは "い" を第2基本母音とする。  俺らは "い" を第2基本母音とする。英語では、「い」は...
広告