契約

出典不明 mai hosho

 以下で、俺は契約を創造する。

 バラバラの狩猟民族が人間社会を形成する時、存在や状態や行為に関する約束や契約が必要になる。ものの貸し借りや単語の定義や共通認識、そして法律や会社や国家も約束や契約の一種である。肉体の操縦に関する義務や責任や後始末はこの約束及び契約から導かれる。

この信仰では、君は他者との共通認識に基づいた約束観を認識する。背景として、俺は白人的な戒律主義に反対する。白人は現実における違和感を否定して、戒律や定義を重視してきた。

俺は現実に対する認識や違和感を優先すべきであると判断した。以下で、俺は認識約束観を提示する。

1:認識約束観

 共通認識 認識約束観とは、ヌシが物事とそれに関する取り決めを相互的に認識する約束観である。

1:定義と認識と約束

 白人は文字で書かれた定義に基づいて約束を形成する。しかし、この信仰では、俺らは相互的な認識に基づいて約束を形成する。白人の約束観は ‘ 機械約束観 ‘ である。

2:法律と約束

 この信仰では、俺らは認識を重視する。だから、俺らは法律を盲信しないし、俺らの認識や判断を文字や定義で書かれた法律に委ねない。

3:言語と約束

 この信仰では、俺らは単語や文法を他者との相互的な認識と認識する。白人は単語の定義を重視して、単語を機械に対する命令のような対象と定義する。しかし、俺らは単語を相互的な認識と認識する。

まず始めに、単語に対する認識が存在する。次に、単語に対する定義が存在する。そして、俺らはその定義を機械化して機会に読み込ませる。

タイトルとURLをコピーしました