サブサハラ地域(場)

広告
モンゴロイド人種

Xiaomei Havard(シァオメイ・ヂャン・ハヴァード)は南アフリカの大臣として自然であるか?

1月27日に突如、南アフリカで初の中国系議員と大臣が誕生した。アパルトヘイトを経験した同国では多様性の象徴として歓迎されるかと思いきや、「中国の侵略」に怯える市民から激しい反対の声が挙がっている。とはいえ、中国共産党は中国人を徐々に移民先の政界へ送り込んでおり、市民の恐怖はあながち妄想とも言えない。  南アフリカで、大陸東洋人の議員が誕生したらしい。この状態に対して、ネグロイド人種の一部は強烈な反対を表現した。以下では、俺は上記の問題点を提示してみる。 問題点〜不自然〜  問題点:モンゴロイド人種がサブサハラでネグロイド人種の統治者を実行することは不自然である。  モンゴロイド人種がサブサハラでネグロイド人種の統治者を実行することは不自然である。サブサハラの自然な先住民はネグロイド人種である。だから、ネグロイド人種がネグロイド人種を彼らの自然な生息地で統治することが自然である。 アフリカ分割や搾取地の問題点  近代では、アフリカ分割や西側白人による搾取地の問題が生じた。この問題は「不自然であった」ことである。欧州人の自然な生息地は欧州大陸であ...
ネグロイド人種

スティービー・ワンダーのガーナ移住と民主主義の弊害

(CNN) 米歌手スティービー・ワンダーが、西アフリカのガーナに移住する計画を明らかにした。米国の政治的混乱を理由に挙げている。司会者のオプラ・ウィンフリーとのインタビューの中で、「この国の笑顔がまた見たい。ガーナに移住するため旅立つ前にそれが見たい。なぜなら僕はそうする予定だから」と語った。ウィンフリーから「ガーナに永住するつもり?」と尋ねられたワンダーは「その予定」と応じ、「自分の子どもたちの子どもたちの子どもたちが、『私を好きになって、私を尊敬して、私が大切なことを知って、私を尊重して』と言わなければならないのは見たくない」と言い添えた。ワンダーがガーナ移住を検討していると打ち明けたのは今回が初めてではない。1994年にも、ガーナの方が米国よりも地域社会の一体感があると語っていた。  現在、米国は政治的に混乱している。その状態に対して、スティービー・ワンダーはガーナに移住するつもりであるらしい。俺が彼の行為を見た後、俺は民主制度それ自体に反対する。 以下では、俺は民主制度の問題点を提示する。アメリカ国民を見ると、俺は彼らは責任能力それ自体がないように見える。彼らは...
ネグロイド人種

カメルーン人の漫画家の星野ルネの問題点(NHK出演)〜モンゴロイド人種を差別主義者と呼ぶ人種侮辱的な行為〜

 母が仕事でカメルーンに来ていた日本人と知り合って再婚したことを機に、4歳で来日した。そのため国籍はカメルーンだが、日本の永住権を取得している。以後、東洋大姫路高校卒業まで、兵庫県姫路市で育つ。来日当初はまったく日本語が話せなかったが、絵を描くことで周りの子供たちとコミュニケーションを図れるようになった。幼稚園入園後3カ月間で日本語が分かるようになり、小学校入学時には流暢になる。星野ルネ  星野ルネはカメルーン人のカメルーン国民である。彼の人種はネグロイド人種であり、小人種は西アフリカ小人種である。おそらく、民族系統はカメルーン民族?(または広義のナイジェリア民族)であるように見える。 星野ルネは日本国民でなく、モンゴロイド人種でない。当然、彼の小人種は東洋小人種でなく、彼の民族は大和民族でない。 以下で、俺は星野ルネに感じた違和感を提示する。彼は日本人を差別主義者と悪魔化しないので、俺は彼を別に嫌っているわけでない。しかし、俺は彼の発言を見ると、強烈な違和感を覚えた。なお、俺は彼の永住に反対しないし、動画を見ると、表面的には礼儀正しいので、馴染んでいるように見える...
広告
タイトルとURLをコピーしました