サブサハラ地域(場)

広告
ネグロイド人種

ジャン・ベレニュク(Zhan Beleniuk)とウクライナ国民、そしてゼレンスキー大統領〜ウクライナ唯一の金メダリストでアフリカに帰れ〜

 東京五輪レスリング男子グレコローマン87キロ級で金メダルを獲得したジャン・ベレニュク(ウクライナ)が、帰国後にキエフ中心部で若者に人種差別を受けたことを明かし、同国のゼレンスキー大統領が怒りを見せている。ベレニュクは黒人としては同国初の国会議員で、五輪金メダリストという人物。ロシア「RT」によると、ベレニュクは若者に「アフリカに帰れ!」などと罵声を浴びせられたことをSNSに投稿した。(省略)この事実は同国で大きな波紋を呼び、すでに警察当局は捜査を開始。ウクライナのボロディミル・ゼレンスキー大統領はツイッターで「ジャン・ベレニュクのおかげでウクライナの国歌が流れた! 彼はウクライナの最も価値のある人間の一人です! 私たちの人々は彼を誇りに思っています! そして、ウクライナでは人種差別や排外主義は受け入れられない!」と怒りをあらわにしている。  以下では、俺は上記の速報の読み方を提示する。大和民族は宗教に無知であるが、この状態は非常に悪い。キリスト教徒の白人とユダヤ教徒の白人の仲の悪さは知識としては知っておいた方が良い。 ジャン・ベレニュク ジャン・ベレニュク ...
ネグロイド人種

西アフリカ人(ネグロイド人種)はホモ・サピエンスか?〜未知の生物との交雑〜

 WASHINGTON (Reuters) - Scientists examining the genomes of West Africans have detected signs that a mysterious extinct human species interbred with our own species tens of thousands of years ago in Africa, the latest evidence of humankind’s complicated genetic ancestry.  俺の母国語は英語でないが、上記の速報によると、西アフリカ人の先祖の一部は未知の生物種と交雑したらしい。現在の自然界に関する事実では、ホモ・サピエンスの雄のY染色体の全てはホモ・サピエンス由来である。けれども、俺らの女系(母系)には、ネアンデルタールやデニソワ、そして上記の未知の何かとの交雑の可能性が存在するらしい。 西アフリカ人(ネグロイド人種)はホモ・サピエンスか? 俺の印象  俺の印象:ネグロイド人種は女系(母系)では...
ホモ・サピエンス生物種

Y染色体ハプログループEはネグロイド人種由来(黒人)であるか〜E1b1aとE1b1b〜

 俺がtakeonomadoの呟きを見た後、俺は彼の意見に賛成しないと感じた。なぜなら、Y染色体ハプログループE1b1がネグロイド人種系統であるのかは不明である。個人的には、俺はネグロイド人種系統のY染色体ハプログループはAとBであるように感じる。 以下では、俺はY染色体ハプログループEはネグロイド人種由来であるかを提示する。なお、俺はY染色体ハプログループが必ずしも人種を表現しないことを述べておく。Y染色体ハプログループEとDの人々は非常に謎の人々である。 Y染色体ハプログループEはE1とE2に大きく分類される。E1はE1はE1aとE1bに分類される。E1bがE1b1とE1b2に分類される。E1b1aとE1b1bに分類される。基本的に問題になるのがこのE1b1aとE1b1bである。前者がネグロイド人種に高頻度で観察される。後者がコーカサス人種で高頻度で観察される。 Y染色体ハプログループE Y染色体ハプログループE1b1b  Y染色体ハプログループE1b1b:Y染色体ハプログループE1b1bはコーカサス人種系統であるだろう。  The o...
2021.07.13
モンゴロイド人種

Xiaomei Havard(シァオメイ・ヂャン・ハヴァード)は南アフリカの大臣として自然であるか?

1月27日に突如、南アフリカで初の中国系議員と大臣が誕生した。アパルトヘイトを経験した同国では多様性の象徴として歓迎されるかと思いきや、「中国の侵略」に怯える市民から激しい反対の声が挙がっている。とはいえ、中国共産党は中国人を徐々に移民先の政界へ送り込んでおり、市民の恐怖はあながち妄想とも言えない。  南アフリカで、大陸東洋人の議員が誕生したらしい。この状態に対して、ネグロイド人種の一部は強烈な反対を表現した。以下では、俺は上記の問題点を提示してみる。 問題点〜不自然〜  問題点:モンゴロイド人種がサブサハラでネグロイド人種の統治者を実行することは不自然である。  モンゴロイド人種がサブサハラでネグロイド人種の統治者を実行することは不自然である。サブサハラの自然な先住民はネグロイド人種である。だから、ネグロイド人種がネグロイド人種を彼らの自然な生息地で統治することが自然である。 アフリカ分割や搾取地の問題点  近代では、アフリカ分割や西側白人による搾取地の問題が生じた。この問題は「不自然であった」ことである。欧州人の自然な生息地は欧州大陸であ...
ネグロイド人種

スティービー・ワンダーのガーナ移住と民主主義の弊害

(CNN) 米歌手スティービー・ワンダーが、西アフリカのガーナに移住する計画を明らかにした。米国の政治的混乱を理由に挙げている。司会者のオプラ・ウィンフリーとのインタビューの中で、「この国の笑顔がまた見たい。ガーナに移住するため旅立つ前にそれが見たい。なぜなら僕はそうする予定だから」と語った。ウィンフリーから「ガーナに永住するつもり?」と尋ねられたワンダーは「その予定」と応じ、「自分の子どもたちの子どもたちの子どもたちが、『私を好きになって、私を尊敬して、私が大切なことを知って、私を尊重して』と言わなければならないのは見たくない」と言い添えた。ワンダーがガーナ移住を検討していると打ち明けたのは今回が初めてではない。1994年にも、ガーナの方が米国よりも地域社会の一体感があると語っていた。  現在、米国は政治的に混乱している。その状態に対して、スティービー・ワンダーはガーナに移住するつもりであるらしい。俺が彼の行為を見た後、俺は民主制度それ自体に反対する。 以下では、俺は民主制度の問題点を提示する。アメリカ国民を見ると、俺は彼らは責任能力それ自体がないように見える。彼らは...
ネグロイド人種

カメルーン人の漫画家の星野ルネの問題点(NHK出演)〜モンゴロイド人種を差別主義者と呼ぶ人種侮辱的な行為〜

 母が仕事でカメルーンに来ていた日本人と知り合って再婚したことを機に、4歳で来日した。そのため国籍はカメルーンだが、日本の永住権を取得している。以後、東洋大姫路高校卒業まで、兵庫県姫路市で育つ。来日当初はまったく日本語が話せなかったが、絵を描くことで周りの子供たちとコミュニケーションを図れるようになった。幼稚園入園後3カ月間で日本語が分かるようになり、小学校入学時には流暢になる。星野ルネ  星野ルネはカメルーン人のカメルーン国民である。彼の人種はネグロイド人種であり、小人種は西アフリカ小人種である。おそらく、民族系統はカメルーン民族?(または広義のナイジェリア民族)であるように見える。 星野ルネは日本国民でなく、モンゴロイド人種でない。当然、彼の小人種は東洋小人種でなく、彼の民族は大和民族でない。 以下で、俺は星野ルネに感じた違和感を提示する。彼は日本人を差別主義者と悪魔化しないので、俺は彼を別に嫌っているわけでない。しかし、俺は彼の発言を見ると、強烈な違和感を覚えた。なお、俺は彼の永住に反対しないし、動画を見ると、表面的には礼儀正しいので、馴染んでいるように見える...
ホモ・サピエンス生物種

カポイド(コイサン)は同じホモ・サピエンスでない〜Y染色体ハプログループAと種族〜

 カポイド(Capoid)は南部アフリカに居住するコイコイ人(ホッテントット)とサン人(ブッシュマン)の2民族を総称した人種概念である。コイサン人種とも呼ばれる。5人種説ではモンゴロイド、コーカソイド、ネグロイド、オーストラロイドと共に人種群の一つに分類されたが、コンゴイドと共にネグロイドの2大区分の一つとする場合もある。近年の研究ではミトコンドリアDNAを見ると15万年前から9万年前に他の人種から分岐した形跡があるという。初期ホモ・サピエンスの特徴を残しており、アフリカ最古の人種ともいわれる。カポイド  俺がカポイド(少しアジア人的)を見た後、俺は彼らはネグロイド人種やモンゴロイド人種やコーカサス人種と同じホモ・サピエンスでないと認識する。以下では、俺はカポイド(コイサン)が何であるかを認識する。 カポイド(コイサン) カポイド(コイサン)  カポイド(コイサン):俺はカポイド(コイサン)はホモ・サピエンスとの共通祖先を持つが、カポイド(コイサン)は俺らと同じホモ・サピエンス(ヒト)でないと認識する。  俺はカポイド(コイサン)はホモ・サピエ...
2021.07.11
広告