人間の本質

俺らの信仰

人間の本質と決まり

人間の本質 人間の本質とは、人間(対象)に一対一に唯一対応する人間の性質である。  人間の本質は人間の決まりでない。人間を対象とする時、人間の決まりは人間という対象に一対一に対応しない性質である。人間の決まりは人間のとある性質であり、それは人間の本質でない。 以下で、俺らは分析的思考に基づいて、人間の本質と人間の決まりを認識する。 1:人間の本質と決まり   人間の本質と決まり もしxが人間の決まりを持つ対象であるならば、xは常には人間でない。  人間の決まりが何であるかは不明である。例えば、国家における法律や宗教的な決まりがそれに該当する。しかし、国家や宗教に応じて、人間の決まりは互いに異なる。 決まりの種類が一意的でない時、それぞれの決まりが人間という一つの対象に一意的に対応する必要がある。例えば、キリスト教とユダヤ教とイスラム教と仏教と儒教とヒンドゥー教におけるそれぞれの決まりが同じ人間という対象を指定する必要がある。しかし、それぞれの宗教では、それぞれの決まりは同じ人間に対応していない。 つまり、人間の決まりは人間を一意的に決定しない...
俺らの信仰

人間の本質と自由意志

人間の本質 人間の本質とは、人間(対象)に一対一に唯一対応する人間の性質である。  人間の本質は人間の自由意志でない。人間を対象とする時、人間の自由意志は人間という対象に一対一に対応しない性質である。人間の自由意志は人間のとある性質であり、それは人間の本質でない。 以下で、俺らは分析的思考に基づいて、人間の本質と人間の自由意志を認識する。 1 人間の本質と自由意志   人間の本質と自由意志 もしxが自由意志を持つ対象であるならば、xは常には人間でない。  俺らは動物(少なくとも哺乳類)も自由意志を持つ対象であると認識する。俺らは動物を人間と必ずし認識しない。自由意志を持つ対象を自由体と便宜的に置く。 この時、もしxが自由体であるならば、xは常には人間でない。「もしxが自由体であるならば、xは人間である」という論理が正当であると仮定する。xが動物であるとき、この論理により、xは人間である。 この結論は俺らは動物を人間と必ずしも認識しないに反する。そこで、俺らはもしxが自由体であるならば、xは人間であるという論理を次のように変形する。もしxが自由...
俺らの信仰

人間の本質と要素

人間の本質 人間の本質とは、人間(対象)に一対一に唯一対応する人間の性質である。  人間の本質は人間の要素でない。人間を対象とする時、人間の要素は人間という対象に一対一に対応しない性質である。人間の要素は人間のとある性質であり、それは人間の本質でない。 以下で、俺らは分析的思考に基づいて、人間の本質と人間の要素を認識する。 1 人間の本質と要素  人間の本質と要素 もしxが人間の要素を持つ対象であるならば、xは常には人間でない。  人間の要素を持つ対象を人の素と置く(味の素をもじった)。もしxが人の素を持つ対象であるならば、xは常には人間でない(必ずしも人間とは言えない)。 もしxが人間の要素であるならば、xは常に人間である。この推論は誤りである。だから、間違いの反対が正しいと仮定すると、「もしxが人間であるならば、xは常に人間ではない」と考える。 またはよくわからない。以下で、この推論が正当でないことを眺めよう。 胎児(具体例)  xを胎児と置く時、胎児は人間の要素を持つので、胎児が人間になる。その時、もし医者が中絶行為を実行す...
俺らの信仰

人間の本質と蟲

人間の本質 人間の本質とは、人間(対象)に一対一に唯一対応する人間の性質である。  人間の本質は蟲でない。人間を対象とする時、蟲は人間の本質に一対一に唯一に対応しない。蟲は人間の性質よりも知覚存在に近い。ただし、人間特有の蟲は存在する。なお、俺らは他人の蟲を感じ取ることができないので、それらは信仰的な対象である(現時点では)。 1 人間の本質と蟲  共通認識 もしxが蟲を持つ対象であるならば、xは常には人間でない。  人々の一部は意識を人間の本質とみなす。この種の人々は視界と意識や主体と意識を区別できない。だから、彼らは意識が人間の本質、または意識が彼ら自身であるように錯覚する。 もしxが意識を持つ対象であるならば、xは人間である。この推論が正しいと仮定すると、俺らは猿や哺乳類も彼らの意識を持つ対象と認識するので、猿や哺乳類も人間である。しかし、俺らは猿や哺乳類を俺らと同じ人間であると認識しない。 俺らが哺乳類や猿も意識を持つと認識するとき、猿や哺乳類も人間であるという結論が導かれるが、その結論は俺らの認識に反する。哺乳類や猿も意識を持つと認識する...
2020.06.24
俺らの信仰

人間の本質と形式

人間の本質 人間の本質とは、人間(対象)に一対一に唯一対応する人間の性質である。  人間の本質は人間の形式(形)でない。人間を対象とする時、人間の形式は人間という対象に一対一に対応しない性質である。人間の形式は人間のとある性質であり、それは人間の本質でない。 以下で、俺らは分析的思考に基づいて、人間の本質と人間の形式を認識する。 1 人間の本質と形式  人間の本質と形式 もしxが人間の形式(形)を持つ対象であるならば、xは常には人間でない。  人間の形式(形)を持つ対象を人形を置く。もしxが人形であるならば、xは常に人間ではない(必ずしも人間とは言えない)。もしxが人間であるならば、xは常に人間である。この推論は誤りである。だから、間違いの反対が正しいと仮定すると、「もしxが人間であるならば、xは常に人間ではない」と考える。またはよくわからない。 例えば、人型ロボットや実際の人形は人間の形を持つ。俺らは人型ロボットや人形は人間でないと認識する。もしそれらが人間であるならば、俺らがそれらを破壊するとき、俺らは殺人罪で罰される。上記のカエサルの彫刻は人...
俺らの信仰

人間の本質の意味を把握するための準備

 以下で、俺は人間の本質の意味を提示する。一般的に、人々はなぜ一部の人間が人間の本質を追求するか疑問に思ってきた。だから、俺はそれを提示する。 ここでは、俺らはホモ・サピエンスと人間を明確に区別する。前者は生物学的な事実であり、後者は人工的な概念である。 0 前提  俺らが信仰(system)を形成するとき、人間の定義(認識)は必要になる。俺らが法律を人間に適用するとき、人間の定義(認識)が必要になる。俺らが胎児を中絶する時、人間の定義(認識)が必要になる。俺らが物体を所有するとき、人間の定義(認識)が必要になる。 信仰(system)の問題  人間が人間社会systemを形成するとき、人間は要素と集合と決まり事を決定する必要がある。人間はそのsystemの要素である。だから、何が人間であるかをきちんと定義する必要がある。 国家が存在するとき、その構成要素は人間である。文明が存在するとき、その構成要素は人間である。会社が存在するとき、その構成要素は人間である。 もし人間の定義が存在しないならば、国家も文明も会社も定義されない。だから、人間の定...
2020.06.24
言語

本質と定義と不変量

1 本質  共通認識 対象αの本質xとは次である。もしxであるならば、そこからαが唯一決定される。または、xにαが唯一に対応する。  本質の数は1つである。また、本質とは自己認識であると言い換えられるかもしれない。es-senceは本質と訳されるが、核点や核心や自己認識(identity)と訳せばわかりやすい。 対象それ自体が棚であると仮定すると、対象の本質は棚の中の最も重要な引き出しである。その引き出しは棚に唯一に対応する。 対象それ自体を棚と呼ぶ時、対象の性質は引き出しである。対象それ自体は対象の本質でない。簡単にいうと、引き出しと対象それ自体(タンス)が唯一に一対一に対応する。それが対象の本質である。 船の本質  船の本質は海上で乗れることである。船の形、大きさ、形式、色、値段、要素は船の本質に無関係である。 細胞の本質  生物学には、核という対象が存在する。この核は本質の概念に類似する。もし核が細胞からなくなれば、細胞は細胞でなくなる。細胞の本質は核である。 核が存在する。その周りに細胞膜が存在する。そして、核と細胞膜は正...
2020.05.29
俺らの信仰

なぜヌシが人間の本質であるか?

 共通認識 人間の本質αとは、もしxが人間の本質αを持つ対象であるならば、xは人間であることを満足するαである。三柱について〜世界観と人間の本質と信仰の目的/  君はヌシを人間の本質と信仰する。なぜ俺らはヌシを人間の本質と信仰するのか?以下で、俺はその理由について提示する。 君が何が人間であるかについて思考する時、君は人間に対する共通認識の困難さに接する。繰り返してきたように、胎児や人間の形や人間の要素は人間の本質を与えない。君が人間の本質をきちんと認識したいと渇望して、自然法則や自由意志や先祖や意識、そして人種や肌の色に関して思考するとしても、君は人間の本質に到達できない。 上記の単語たちでは、人間と動物の違いすら区別されない。しかし、君は何が人間であるかをなんとなく認識している。だからこそ、君は胎児の中絶を殺人行為と認識しない。では、人間の本質とは何であるか?  信仰が人間の本質を人工的に与える。 1:人間の本質とはヌシである  共通信仰 君は人間の本質をヌシと信仰する。  上記で、俺は知覚や認識でなく、 ' 信仰 ' という単語を使...
2020.05.19
俺らの信仰

人間の本質と創造

 これは「何かによって選択された人々と自由意志と創造/」の続きである。 この信仰では、君は創造行為を人間の本質と認識しない。しかし、創造行為は人間の本質に関係する。つまり、君は創造行為を君のヌシの存在の証であると認識する。  物質的世界及び蟲的世界からの分岐→ヌシの発生→創造行為→ 1 創造行為  認識(創造行為) 創造行為とは、物質的世界及び蟲的世界に存在しない分岐的対象または主体を新たに作りだす行為である。  ヌシ的世界から分岐された対象や主体を新たに作ることも創造行為である。分岐的対象とは物質的世界及び蟲的世界から分岐された対象である。 例えば、公平や数は物質的世界や蟲的世界には存在しない。もし君がそれらを新たに作り出すならば、その行為は創造行為である。よくある勘違いとして、新たしい製品(物質)を新たに作り出すことは創造行為でない。なぜなら、製品は物質的世界に属する。 一部の科学者は新たな原子を作ることを創造行為と認識する。しかし、この行為は創造行為でない。ある宗教家が新たな神に変わる何かを作り出すとき、それは創造行為である。なぜな...
2020.03.03
タイトルとURLをコピーしました