信仰法

俺らの信仰

この信仰における基本的な法律観〜正当的統治概念と自己統治

 これは「家畜的法律観」と「概念的統治」の続きである。  この信仰では、君は法律を次のように認識する。ここでは、君は平等や公平のような概念を一種の状態と認識する。現時点で、俺は概念と状態の違いを認識できない。 1:この信仰における法律観  認識(正当的統治概念(状態)):正当的統治概念とは人間の存在や状態や行為に正当性を与えて人間を統治する概念である。  この信仰では、君は法律を君の行為を正当に統治する概念(状態)と認識する。  現在の日本国では、日本人は法律を守るものと認識する。しかし、この信仰では、君はこの種の法律観を取らない。君は法律を他者との約束や契約、または概念による自己統治と認識する。 具体例として、平等や公平が正当的統治概念である。西洋では、平等の正当性は聖書、つまり神の言葉によって与えられる。この信仰も統治概念の正当性を君に与える。  取り決め(正当性と統治概念):君はこの信仰が統治概念の正当性を与えると認識する。  この信仰は平等よりも公平を重視する。だから、公平は正当的統治概念である。 2:概念による肉...
2020.05.19
俺らの信仰

脳みそワキガ防止的法律觀

 この信仰では、君は主語を重視する。法律はなんらかの正当性を人間の存在及び状態及び行為に与える。そして、人々はその正当性に沿って彼らの肉体を操縦する。 脳みそワキガ防止的法律觀  脳みそワキガ法:脳みそワキガ法とは行為aの主体αでない人間が行為aに関する法律を適用される法である。  俺は上記の認識をあまり良いと審判しない。しかし、俺は脳みそワキガ法を適切に定める能力を持たない。  脳みそワキガ防止的法律觀:脳みそワキガ防止的法律觀とは、脳みそワキガ法を正当と判断しない法律觀である。  上記の認識はあまり的確でないので、具体例を挙げる。例えば、ドイツ人は殺人鬼の子孫であるのに、彼らは日本人や中国共産党をナチスと呼ぶ。東洋人はドイツ人こそがナチスであると返答したい。 ドイツ人だけでなく、白人種は主語を正確に把握できないので、彼らはまるで脳みそワキガように振る舞う。例えば、彼らは日本人をLGBT差別主義者と呼ぶが、日本人はキリスト教徒でも白人でもない。ましてや、彼らは罪の概念を持ってこなかった。 しかし、彼らはLGBT差別防止法のようなもの...
2019.12.07
俺らの信仰

過去法律観

 過去法律観:過去法律観とは人間の行為に対する審判において、その人間の過去を考慮する法律観である。  例えば、君は白人が日本人を差別主義者と呼ぶことに強い違和感を覚える。なぜなら、東洋人は過去を重視するので、白人が東洋を侵略してぐちゃぐちゃにしてきたことを忘れていない。白人は加害者であるのに、彼らはなぜか差別されたと被害者ぶり、日本人を差別主義者に仕立て上げようとする。 この種の行為はアメリカ先住民をnobel savgeと呼んだことを連想させる。白人は過去を認識できないので、彼らは同じ間違いを繰り返そうとする。彼らは虐殺の予防義務すら認識できない。 さらに、彼らは日本国の裁判においても彼らの過去を忘れて、平等な審判を受けようとする。なぜ殺人鬼の子孫と被害者が同じ審判を受けるのか?例えば、オム真理教が差別されたと、サリン事件の被害者を訴えるとき、オウム真理教とサリン事件の被害者が同じように審判されたら狂ってると感じるだろう。  この原因はおそらく白人が過去を認識できない種族であることと彼らはなぜか過去をすぐに否定する種族であることに関係している。だから、彼...
2019.12.07
俺らの信仰

家畜化防止型法律観

 この信仰における法律観を提示する。 1:家畜化防止型法律観  家畜化防止型法律観:法律は他者との約束や契約であり、俺や君が従う取り決めでない。 例えば、殺人行為が違法であるのは法律によって制定されたからでない。俺らが殺人行為を違法と約束する時、相互的な損害を回避できる。だから、俺らは殺人行為を違法とする。 1:学者気取りや富裕層が虐殺される理由  歴史では、学者気取りや富裕層は怒り狂った人間によって虐殺されてきた。なぜなら、彼らは法律を家畜が従うべき取り決めとみなした。だから、彼らは何を言っても殺されないと安心して貧困層をバカにしてきた。 学者気取りや富裕層は殺されそうになると、彼らは法律という呪文を引用してきた。なぜなら、彼らはもし彼らが真理を主張したのに、怒り狂った人間が彼らを虐殺するならば、法律という真理を愛さない、法律を守らない未開人が悪いと印象付けたい。そうして、彼らは被害者ぶってきた。 この信仰では、上記のような法律観は採用されない。殺人行為は違法であるという取り決めの下で一方的な搾取と損害的状態が放置されてきたので、怒り狂...
2019.12.30
タイトルとURLをコピーしました