負(1300年〜1399年)

広告
中東小人種

ツタンカーメンのY染色体ハプログループR1bはコーカサス人種系統か?〜白人(欧州人)系統のY染色体ハプログループ〜

 2011年、スイスの研究機関iGENEAによりツタンカーメンの属するY染色体ハプログループが判明したと発表され、R1b1a2-M269という現在の西ヨーロッパの住民に見られる父系血統で、現在のエジプト人にはほとんど見られないハプロタイプであることが分かった。ツタンカーメン#ツタンカーメンのミイラ  上記の速報により、一部の人々はツタンカーメンは白人(欧州人)であったと主張したいように見える。しかし、俺はY染色体ハプログループRそれ自体がコーカサス人種系統でなく、モンゴロイド人種系統である可能性もあると憶測する。以下では、俺はツタンカーメンのY染色体ハプログループRを解釈する。 ツタンカーメンのY染色体ハプログループ ツタンカーメンのY染色体ハプログループRの意味  意味:ツタンカーメンのY染色体ハプログループRはモンゴロイド人種系統である可能性もある。  ツタンカーメンのY染色体ハプログループRはモンゴロイド人種系統である可能性もある。上記では、ツタンカーメンのY染色体ハプログループRは西欧州由来であると指摘されている。しかし、コーカサス人種系統の...
2021.10.16
広告