1500年〜1599年

広告
欧州小人種

マルティン・ルターはY染色体ハプログループI1を持っていたか?〜宗教改革とプロテスタント〜

 マルティン・ルターは宗教改革を実行した。その結果、キリスト教プロテスタント派が生じた。キリスト教それ自体はイエス・キリスト(パウロ)によって形成されただろう。個人的な印象では、キリストやパウロはY染色体ハプログループJ系統を持っていたように感じる。同様に、ユダヤ教もイスラム教の創始者もY染色体ハプログループJ系統を持っていたように感じる。 俺が電街を検索した後、俺はマルティン・ルターはY染色体ハプログループI1を持っていたという情報に遭遇した。当然、この情報の信憑性は不確かでる。けれども、俺はたとえ彼がI系統であるとしても、俺はあまり驚かない。以下では、俺はこの情報を実際と仮定して、俺系統の意味を提示する。 マルティン・ルター Y染色体ハプログループI1  俺の認識 もしマルティン・ルターはがY染色体ハプログループI1を持っていたならば、ユダヤ教とキリスト教とイスラム教はJ系統かJ系統の親系統(IJ)によって創造された。  上記でも述べたが、ユダヤ教やキリスト教、そしてイスラム教はY染色体ハプログループJ系統によって創造された可能性が高い。これらの...
大和民族

新晴正による豊臣秀吉の記事〜日本人奴隷化とキリスト教(キリシタン大名)に対する伴天連追放令〜

 俺は上記の記事に賛成する。以下では、俺は上記の記事を少し補足する。個人的には、俺は豊臣秀吉や徳川家康は非常に過小評価されていると感じる。 また、スペイン人やポルトガル人は欧州人(白人)でなく、地中海人(イタリア人やギリシア人、トルコ人やアルメニア人に近い)であっただろう。それに対して、オランダ人やイギリス人は地中海人でなく、欧州人(白人)であったはず。コーカサス人種は中東小人種と地中海小人種と欧州小人種の3に分類される。 また、上記の記事では、「日本人奴隷」という単語が存在する。俺らがこの「日本人奴隷」という単語を見るとき、俺らは日本人の人種が東洋人はもちろんのこと、アメリカ先住民やイヌイット、東南アジア人と同じモンゴロイド人種であることもしっかりと意識したい。日本人奴隷とは「モンゴロイド人奴隷」の一種であり、アメリカ先住民の虐殺に関連づけられるべき。  我々には白人に対する恨みなどの問題はまったくなかった。政府や社会における英国人の優越的な地位は単なる世の中の事実だったにすぎない。英国人は結局のところ世界で最も偉大な人たちだったのである。彼らは史上最大の...
2021.06.09
広告