1900年〜1999年

広告
大和民族

樋口季一郎がユダヤ教徒の白人をナチス・ドイツから救ったことは素晴らしいか?

 第2次世界大戦直前、ナチス・ドイツの迫害からユダヤ人を救った陸軍中将、樋口季一郎(明治21年~昭和45年)の功績を顕彰する銅像を樋口の出身地、兵庫県の淡路島などに建立する計画が進んでいる。12日までに孫の明治学院大学名誉教授の隆一氏を代表とする銅像建立委員会が設立された。  大和民族の一部は上記の速報を引用して、彼らは「日本人はユダヤ人を救った(だから、大和民族は人道的で高潔な民族)」と主張したいように見える。けれども、俺はこの種の大和民族の本音に強く反対する。以下では、俺は樋口季一郎に対する大和民族の発言の問題点を提示する。 有色人が白人を救うことは素晴らしいか?  俺の審判:有色人が白人、特に西側白人を救うことは素晴らしくない。  有色人が白人、特に西側白人を救うことは素晴らしくない。だから、樋口季一郎がユダヤ教徒の白人をナチス・ドイツから救ったことは有色人から見て素晴らしくない。セム系宗教を信仰しない東洋人にとって、ユダヤ教徒の白人もキリスト教徒の白人も同じ白人である。 ユダヤ教徒の白人は加害者側  近代において、ユダヤ教徒の(西側)白...
欧州小人種

なぜゲオルク・カントールは集合の概念を発見できたか?

ゲオルク・カントールによるフーリエ級数の研究において、実直線上の級数がよく振る舞わない点を調べる過程で集合の概念が取り出された。彼はやがて有理数や代数的数のなす集合が可算であるという結果を得て、それをリヒャルト・デーデキントとの書簡の中で伝えている。集合論#集合論の歴史  俺は上記の文章を理解できない。けれども、俺はゲオルク・カントールが集合を発見できて、東洋人が発見できなかったのは、人種の習性の違いの結果であると審判する。俺の印象では、たとえゲオルク・カントールが集合を発見できなかったとしても、別の白人が集合論を発見したように思える。 以下では、俺はなぜゲオルク・カントールは集合の概念を発見できたかを文明的な観点や人種的な習性から提示してみる。なお、以下の文章の根拠はなく、根拠は霊感である。東洋人には、テレンス・タオのような天才(秀才)が存在してきた。 けれども、彼らはこんな簡単な概念すら発見できてこなかった。集合を考えることなど子供でもできそうである。 いつ集合が必要になるか?  いつ集合が必要になるか?(霊感):俺らが自己の "所属" を考え...
2021.04.08
日本社会

第二次世界大戦における東京大空襲の問題点

 太平洋戦争中の東京大空襲から76年となった10日、東京都慰霊協会主催の法要が都慰霊堂(墨田区)で開かれた。新型コロナウイルス対策で昨年に続いて参列者の人数を限定し、数十人が犠牲者を追悼した  以下では、俺は東京大空襲の問題点を提示する。東京大空襲の問題点には、人種的な問題と解釈的な問題、そして国家制度的な問題が存在する。 人種的な問題  人種的な問題:アメリカ大陸の上の欧州人が日本列島の上のモンゴロイド人種(の民間人)を人種的に虐殺した。  アメリカ大陸の上の欧州人が日本列島の上のモンゴロイド人種(の民間人)を人種的に虐殺した。東京大空襲の問題点とは、アメリカ大陸の上のアメリカ先住民でなく欧州人が日本列島の上のモンゴロイド人種を虐殺したことである。大和民族の人種はアメリカ先住民やイヌイットと同じモンゴロイド人種である。 東京大空襲における問題とは、欧州人がケニアからカメルーン人の民間人を虐殺するような行為である。もしアメリカ先住民がアメリカ大陸から日本人を虐殺したならば、その時、その虐殺は大して問題にならなかっただろう。もし欧州人が欧州から日本人を...
広告
中東小人種

カルロス・ゴーン(Carlos Ghosn)の人種と小人種と民族

 以下では、俺はカルロス・ゴーン(Carlos Ghosn)の人種と小人種と民族を提示する。 カルロス・ゴーンの人種と小人種と民族  カルロス・ゴーンの人種と小人種と民族:カルロス・ゴーンの人種はコーカサス人種である。カルロス・ゴーンの小人種は中東小人種である。カルロス・ゴーンの民族はレバント民族である。  カルロス・ゴーンの人種はコーカサス人種である。カルロス・ゴーンの小人種は中東小人種である。カルロス・ゴーンの民族はレバント民族である。個人的には、俺はカルロス・ゴーンはアサドと同じ民族であると認識する。 ただし、カルロス・ゴーンはアサドよりもより地中海人的であるように見える。彼の目は横に少し長い。この横長の目は地中海人の特徴である。彼の髪や体毛、目は黒い。堀は深く、鼻は高い。眉毛はこい。唇は薄い。肌は東洋人と同じか、すこし明るい。 ゴーンはフェニキア人? 卡洛斯·戈恩  俺の記憶では、フェニキア人はセム語族であった。俺は彼らはゴーンのような顔を持っていたのでないかと予想する。俺の霊感では、フェニキア人はアサド大統領よりも少し地中海人的...
中東小人種

バッシャール・アル=アサド(Bashar al-Assad )の人種と小人種と民族

 以下では、俺はバッシャール・アル=アサド(Bashar al-Assad )の人種と小人種と民族を提示する。 バッシャール・アル=アサドの人種と小人種と民族  バッシャール・アル=アサド人種と小人種と民族:バッシャール・アル=アサドの人種はコーカサス人種である。バッシャール・アル=アサドの小人種は中東小人種である。バッシャール・アル=アサドの民族は(おそらく)レバント民族である。  バッシャール・アル=アサドの人種はコーカサス人種である。バッシャール・アル=アサドの小人種は中東小人種である。バッシャール・アル=アサドの民族は(おそらく)レバント民族である。なお、レバント民族は中東のあの辺りに住んでいそうな人々の意味である。 アサドの顔は非常に独特である。彼の肌の色は黄褐色的である。彼の体毛の色は黒いが、目の色は必ずしも黒くない。体毛は濃い。彼は長身であり、コーカサス人種にしてはほっそりしている。 彼の目は横長でなく、比較的丸い。堀は深い。唇は厚くなく、薄い。鼻筋は通っていて、高い。両目は中央に寄ってる。目と眉毛の距離は短い。 アサドは地中海人...
大和民族

大阪大学の菊池誠の父が園芸学者の菊池卓郎で祖父が菊池 秋雄であったことの意味

父は園芸学者で弘前大学名誉教授の菊池卓郎。伯父(父の兄)の菊池秀夫は三井鉱山常務、河北新報取締役、東海大学名誉教授。祖父は園芸学者で京都大学園芸学教室の初代の教授だった菊池秋雄。祖母(秋雄の妻)のたけは、河北新報創業者一力健治郎の娘。曽祖父の菊池楯衛は、「青森りんごの始祖」と呼ばれる人物。菊池秋雄  俺は大阪大学の菊池誠は発達障害やアスペルガー、その他の精神疾患や知的障害を持っているのでないかと疑っている。実際、理論物理学者や数学者は普通でなく、知的障害を持っているように見える。 俺が彼のwikipediaを見て、俺は菊池の振る舞いの異常性に納得した。なぜなら、菊池誠は学者の家系であった。以下では、俺は「大阪大学の菊池誠の父が園芸学者の菊池卓郎で祖父が菊池 秋雄であった」ことの意味を提示する。 また、以下では、テクノロジー的な思考でなく、ソサエティ的な思考を提示する。 菊池誠の家系が学者の家系であることの意味  菊池誠の家系が学者の家系であることの意味:菊池誠やその子供は何らかの知的障害や精神疾患を持っていてもおかしくない。  そ...
欧州小人種

エドゥアルド・アインシュタイの統合失調症の意味〜学者や研究者の家系の意味〜

 エドゥアルト・アインシュタイン(Eduard Einstein、1910年7月28日–1965年10月25日)は、物理学者のアルベルト・アインシュタインとミレヴァ・マリッチとの間の次男。アシュケナジムユダヤ人である。優等生で音楽の才能にも恵まれていたエドゥアルトは、精神科医になるべく、大学の医学部に進学した。しかし、20歳頃から統合失調症を患うようになり、最初の発病から2年後に精神病院に収容されることとなった。エドゥアルト・アインシュタイン  アインシュタインの次男は統合失調症を患ったらしい。統合失調症はおそらく遺伝的な病気であるように思える。以下では、俺は「アインシュタインの次男は統合失調症を患った」ことの意味を提示する。 なお、その意味はテクノロジー的な思考でなく、ソサエティー的な思考である。大和民族の科学者や数学者はテクノロジー的な思考を持つが、ソサエティ的な思考を持たない。だから、彼らは「アインシュタインの次男は統合失調症を患った」ことの意味を把握できない。 上記では、アインシュタインの次男はアシュケナジム・ユダヤ人であると書かれている。しかし、それは西洋...
ネグロイド人種

スティービー・ワンダーのガーナ移住と民主主義の弊害

(CNN) 米歌手スティービー・ワンダーが、西アフリカのガーナに移住する計画を明らかにした。米国の政治的混乱を理由に挙げている。司会者のオプラ・ウィンフリーとのインタビューの中で、「この国の笑顔がまた見たい。ガーナに移住するため旅立つ前にそれが見たい。なぜなら僕はそうする予定だから」と語った。ウィンフリーから「ガーナに永住するつもり?」と尋ねられたワンダーは「その予定」と応じ、「自分の子どもたちの子どもたちの子どもたちが、『私を好きになって、私を尊敬して、私が大切なことを知って、私を尊重して』と言わなければならないのは見たくない」と言い添えた。ワンダーがガーナ移住を検討していると打ち明けたのは今回が初めてではない。1994年にも、ガーナの方が米国よりも地域社会の一体感があると語っていた。  現在、米国は政治的に混乱している。その状態に対して、スティービー・ワンダーはガーナに移住するつもりであるらしい。俺が彼の行為を見た後、俺は民主制度それ自体に反対する。 以下では、俺は民主制度の問題点を提示する。アメリカ国民を見ると、俺は彼らは責任能力それ自体がないように見える。彼らは...
大和民族

バイデン大統領による日系人収容の謝罪

ワシントン共同】太平洋戦争中の米国で、日系人強制収容の根拠になった大統領令署名から79年となった19日、バイデン大統領は声明を発表し、改めて謝罪した。「こうした政策によって苦しんだ日系米国人への連邦政府の公式な謝罪を再確認する」と表明した。  日系人の強制収容に関して、バイデン大統領は正式に謝罪した。以下で、俺は彼の行為の問題点を提示する。なお、日系米国人でなく、日本人のアメリカ国民や日系米国民がより適切である。 1章 日系人強制収容の問題点  日系人強制収容の問題点:日系人強制収容の問題点とは、アメリカ大陸の上の欧州人がモンゴロイド人種を強制的に収容したことである。 1節 人種の問題  大和民族の人種はモンゴロイド人種である。彼らの人種はイヌイットやアメリカ先住民の人種と同じである。イヌイットやアメリカ先住民の人種もモンゴロイド人種である。 アメリカ大陸の上の欧州人がモンゴロイド人種を強制的に収容した。これが日系人強制収容の問題点である。近代における西部虐殺(開拓)では、アメリカ先住民はなぜか欧州人によって特定の場所に押し込められたりしてい...
広告