負(100年〜199年)

広告
大和民族

弥生人とは誰であるのか〜稲作を持ち込んだ東洋人か?〜

弥生人(やよいじん)は弥生時代に日本列島に居住した人々。大きく、弥生時代に中国大陸や朝鮮半島等から日本列島に渡来してきた「大陸系弥生人」、縄文人が直接新文化を受け入れた結果誕生した「縄文系弥生人」、および両者の混血である「混血系弥生人」とに分けられる弥生人  以下では、俺は弥生人とは誰であるのかを提示するつもりである。上記では、大陸系弥生人や縄文系弥生人や混血系弥生人という奇妙な単語が使用されている。けれども、俺はこの種の単語を正当と認識しない。 大和民族は東洋小人種(新モンゴロイド人種)である。しかし、大和民族の一部(2000万人から3000万人)は縄文人系統のゲノムとY染色体(Y染色体ハプログループD)を受け継ぎ、この性質は朝鮮民族や漢民族を大和民族から区別する。その他の性質は東洋人由来であり、この東洋人が「弥生人」と呼ばれてきたように見える。 では、この「弥生人」とは一体誰であったのだろうか?俺らがわかっているのは、この弥生人が東洋小人種(新モンゴロイド人種)であったことである。 弥生人 弥生人  俺の認識 弥生人とは、稲作を日本列島へと持...
2021.08.19
広告