負(300年〜399年)

広告
大和民族

弥生人とは誰であるのか〜稲作を持ち込んだ東洋人か?〜

弥生人(やよいじん)は弥生時代に日本列島に居住した人々。大きく、弥生時代に中国大陸や朝鮮半島等から日本列島に渡来してきた「大陸系弥生人」、縄文人が直接新文化を受け入れた結果誕生した「縄文系弥生人」、および両者の混血である「混血系弥生人」とに分けられる弥生人  以下では、俺は弥生人とは誰であるのかを提示するつもりである。上記では、大陸系弥生人や縄文系弥生人や混血系弥生人という奇妙な単語が使用されている。けれども、俺はこの種の単語を正当と認識しない。 大和民族は東洋小人種(新モンゴロイド人種)である。しかし、大和民族の一部(2000万人から3000万人)は縄文人系統のゲノムとY染色体(Y染色体ハプログループD)を受け継ぎ、この性質は朝鮮民族や漢民族を大和民族から区別する。その他の性質は東洋人由来であり、この東洋人が「弥生人」と呼ばれてきたように見える。 では、この「弥生人」とは一体誰であったのだろうか?俺らがわかっているのは、この弥生人が東洋小人種(新モンゴロイド人種)であったことである。 弥生人 弥生人  俺の認識 弥生人とは、稲作を日本列島へと持...
2021.08.19
言語

アリストテレスの質料の意味〜もしある対象が人間の要素(質料)を持つならば、その対象は人間であるのか?〜

 アリストテレスは形相と質料という考えを提示した。一般的には、形相は対象の形であり、質料は対象の要素であった。しかし、俺らが彼の考えに接するとき、俺らは「だから、何?」と疑問に思っただろう。 このような当たり前の考えが高尚な考えとして紹介される。俺らはこの状態に違和感を覚えてきた。以下では、俺らはアリストテレスの質料の意味を提示する。 個人的な印象では、アリストテレスの時代の哲学者の考えを理解するためには、俺らは人間社会に関する背景や物事の意味を把握する必要がある。なお、質料の英語は「matter or stuff」であるらしい。俺はsubstanceという訳語も見たことがあるように思える。 背景  背景:もしある対象が人間の要素(質料)を持つならば、その対象は人間であるのか?   もしある対象が人間の要素(質料)を持つならば、その対象は人間であるのか?言い換えると、ある対象が存在して、その対象が俺らと同じ要素(質料)を持っていた。このとき、その対象は俺と同じ対象(人間)であるのか? 俺らは俺らの目の前の対象が俺らと同じであるかを判定したい。こ...
2021.04.14
言語

アリストテレスの形相の意味〜もしある対象が人間の形を持つならば、その対象は人間であるのか?〜

 アリストテレスは形相と質料という考えを提示した。一般的には、形相は対象の形であり、質料は対象の要素であった。しかし、俺らが彼の考えに接するとき、俺らは「だから、何?」と疑問に思っただろう。 このような当たり前の考えが高尚な考えとして紹介される。俺らはこの状態に違和感を覚えてきた。以下では、俺らはアリストテレスの形相の意味を提示する。 個人的な印象では、アリストテレスの時代の哲学者の考えを理解するためには、俺らは人間社会に関する背景や物事の意味を把握する必要がある。なお、形相の英語は「form」であり、形式に近い。 背景 ロゴス(思考の規範)  俺の認識 地中海人は自己の思考の規範、つまり自己のロゴスを持っている。  東洋人と地中海人では、思考の規範が異なる。俺らが地中海人の思考の規範をロゴスMと仮定すると、東洋人の思考の規範はロゴスEである。俺らがアリストテレスの質料と形相の意味を把握するためには、俺らは地中海人の思考の規範を知っておく必要がある。 この思考の規範、ロゴスは人種や民族や宗教によって異なる。異なる人種や宗教や民族が異なる性規範...
2021.09.18
言語

アリストテレスの目的因〜科学と数学は現代文明の基盤であるか?〜

 四原因説(しげんいんせつ、英:Four causes)とは、アリストテレスが自著『自然学』の中で論じた、自然学は現象についてその4種類の原因(希:αἴτιον、アイティオン)を検討すべきであるとする説である四原因説  アリストテレスは現象の原因を4つに分類した。それぞれは質料因と形相因、そして作用因と目的因と呼ばれた。以下では、俺らはアリストテレスの目的因とは何であるかを提示する。 例えば、俺らはサッカーのような運動競技を考えてみよう。俺らは人間社会(ソサエティ)をその運動競技と例える。そのとき、そのソサエティの中には、サッカーの運動競技場が存在して、それはテクノロジーの産物と科学者や数学者には感じられている。 なぜなら、サッカーの運動競技場(の建設)には、近代科学や近代数学が使用されてきた。大和民族の科学者や数学者はその事実を悪用して、彼らは「近代科学や近代数学が現代文明(人間競技)を作ってきた」と主張してきた。  この主張は事実であるのだろうか?科学や数学がサッカーの競技場を作ったのか? 何がサッカーの競技場を作ったのか?  俺の審判:科学...
地中海小人種

アレクサンドロス3世の人種は白人であったのか?〜大王のモザイクを本格的に修復へ イタリア〜

 イタリア南部の古代都市の遺跡、ポンペイで見つかったモザイク画の世界的な傑作とされる「アレクサンドロス大王のモザイク」を本格的に修復する作業が始まり、所蔵するイタリアの博物館がその様子をメディアに公開しました。  アレクサンドロス3世が白人のように描かれる時、俺はその描像に強烈な違和感と白人至上主義を見出す。俺はアレクサンドロス3世は白人でなく、地中海人であったように感じた。 アレクサンドロス3世の人種と小人種と民族  アレクサンドロス3世の人種と小人種と民族:アレクサンドロス3世の人種はコーカサス人種であった。アレクサンドロス3世の小人種はおそらく地中海小人種であった。アレクサンドロス3世の民族はおそらくバルカン民族であった。  アレクサンドロス3世の人種はコーカサス人種であった。アレクサンドロス3世の小人種はおそらく地中海小人種であった。アレクサンドロス3世の民族はおそらくバルカン民族であった。 彼の人種がコーカサス人種であるのはほぼ確定的である。問題なのは、彼の小人種が欧州小人種であるのか、地中海小人種である。もし彼の人種が欧州小人種であるなら...
コーカサス人種

NHKアイアンロード村上恭通〜金髪スキタイ人とヒッタイトはイラン系か?[再放送]

 俺はNHKのアイアンロードの再放送を視聴した。この番組では、スキタイやヒッタイトという単語が使用されてきた。では、スキタイやヒッタイトとは一体誰であったのだろうか? 以下では、俺はスキタイ人が誰であるのか、ヒッタイトが誰であったのかを提示するつもりである。結論では、俺らはスキタイ人は欧州人(白人)の人種的な形質を持ち、Y染色体ハプログループRに属していただろうと憶測する。 スキタイ人 スキタイ人  スキタイ人:スキタイ人は欧州人(白人)の人種的な形質を持ち、かつY染色体ハプログループRを持っていた。  スキタイ人は欧州人(白人)の人種的な形質を持ち、かつY染色体ハプログループRを持っていた。電飛によると、アルタイ山脈から見つかった紀元前5世紀のミイラは金髪であった。この髪の色は時間経過による脱色でないと仮定すると、俺はこのミイラの人種はコーカサス人種であって、この小人種は白人小人種(欧州小人種)であったと憶測する。  現代ヨーロッパにおけるY染色体のハプログループR1a1はスキタイ時代のヨーロッパ東部から中央アジアにかけて広く住んでいたイラン...
2021.07.13
広告