500年〜599年

広告
東洋小人種

世界最古の企業である金剛組は百済人(金剛重光)によって創業されたか?

 株式会社金剛組(こんごうぐみ、Kongo Gumi Co.,Ltd.)は、日本の建設会社である。578年創業で現存する世界最古の企業である。578年、四天王寺建立のため聖徳太子によって百済より招かれた3人の宮大工(金剛、早水、永路)のうちの1人である金剛重光により創業。江戸時代に至るまで四天王寺お抱えの宮大工となる金剛組  金剛組は百済における東洋人(金剛重光)によって創業された。これは歴史的な事実である。日本人がこの事実を正当と認識するとき、朝鮮人の一部は「朝鮮人が日本人に建築を教えた」と主張し始める。 この主張の意味とは、「朝鮮人は仏教や建築を日本人に教えた。だから、朝鮮人は日本人よりも優秀である。朝鮮人の方が偉い、日本人は朝鮮人に服従しろ」である。しかし、この種の主張は眉唾である。 以下では、俺は上記の歴史的な事実の解釈を提示する。個人的には、俺は朝鮮人による上記の解釈は逆であり、現在の日本人に遺伝的に近い東洋人が朝鮮半島南部に存在していたように思える。日本国が朝鮮半島を併合した後、日本人は朝鮮半島へとやってきただろう。これに似ている。 百済人とは? ...
広告