600年〜699年

広告
大和民族

大和民族とは何か?神話における民族及び結婚〜橋本琴絵のY染色体ハプログループD1a2と男系子孫(父系子孫)〜

 橋本琴絵は大和民族を「Y染色体ハプログループD1a2及びその配偶者と娘」と認識した。俺の印象では、大和民族の一部はこの種の民族観の意味を把握することができない。なぜなら、彼らは神話における民族及び結婚の意味を把握することができない。 その状態は文明的な民にとって非常に悪い。一見すると、橋本琴絵の呟きは愚かであるように見る。しかし、世界の文明的な人々は上記の民族観や結婚観の下で生きてきた。以下では、俺は神話における民族及び結婚の意味を "宗教的に" 提示するつもりである。 大和民族は自己の民族それ自体をうまく認識できていない。だから、彼らは結婚の宗教的な意味もまた把握することができない。彼らはこの状態を未開と審判できないので、彼らは未開の状態を自由で先進的、グローバルと感じているように見える。 神話と民族、男系 神話における隠された前提  前提:ホモ・サピエンスの極一部の雄のみが人間(男性)である。  ここでの人間の意味は人間性(humanity)を持った対象である。つまり、ホモ・サピエンスの極一部の雄のみが人間性(humanity)を持つ...
広告