負(2000年前)

広告
ホモ・サピエンス生物種

シュメール人の人種(正体)は南インド人種か(ドラヴィダ)〜モンゴロイド人種とコーカサス人種と南インド人種〜

  シュメール人は民族系統不明の古代と呼ばれてきた。俺はシュメール人の人種を知りたい。彼らはモンゴロイド人種であったのか、コーカサス人種であったのか、あるいはそのほかの人種であったのか? シュメル人の墓(電飛)に関する速報はしばしば報道されるのに、彼らの人種に関する情報は出てこない。俺はなぜ彼らの人種はいつまでも明らかにならないのか奇妙に感じる。 シュメル人の人種 可能性  俺の憶測 シュメル人の人種は南インド人種(ドラヴィダ人)であった。  南インド人はオーストラロイド人種よりもむしろモンゴロイド人種とコーカサス人種の中間あたりに配置される人種であるように見える。西方に行くと、コーカサス人種になり、東方へと行くと、モンゴロイド人種になる。 南インド人種(ドラヴィダ人)はコーカサス人種とモンゴロイド人種の中間辺りに遺伝的にも地理的にも位置付けられる人種であるように思える。その場合、シュメル人のY染色体ハプログループはH系統であったかもしれない。 また、H系統であるならば、H系統はドラヴィダ語族に対応する。ただし、この場合、シュメル語はドラヴィ...
2021.09.20
歴史

ペルーのアンデス山脈の9000年前に女性ハンター、「男は狩り、女は採集」覆す発見〜崩壊する大学〜

 〜狩猟採集民の食料調達、男女の異なる役割は生物学的か否か〜 2018年のある日。米カリフォルニア大学デービス校の考古学者ランダル・ハース氏の研究チームは、ペルーのアンデス山脈で発掘された約9000年前の墓の周りに集まった。墓の中には成人のものと思われる骨とともに、多種多様で見事な狩猟用の石器があった。大きな獲物を倒し、その皮をはぐ作業までの道具がそろっていた。「彼はきっと優れたハンターで、集団の中でとても重要な人物だったにちがいない」。当時、ハース氏とチームのメンバーたちはそう考えていた。 だが、その後の分析によって意外な事実が明らかになった。石器のそばで見つかった人骨は、女性のものだったのだ。それだけではない。11月4日付けで学術誌「Science Advances」に発表された論文によれば、当時の南北米大陸では、女性のハンターは例外的な存在ではなかったという。 論文の著者らはこの発見を受けて、米大陸全域で発掘された同時代の墓の調査結果も見直した。その結果、大型動物ハンターの30~50%が女性だった可能性が明らかになった。 古代の狩猟採集社会における男女の役割については数十年にわ...
コーカサス人種

ヤムナヤ族(ヤムナ族)は白人の先祖か?スキタイとインド・ヨーロッパ語族

 以下では、俺はヤムナヤ族が何であったのかを憶測する。その後、俺はヤムナヤ族が白人の先祖であったのかを憶測する。 ヤムナヤ族 ヤムナヤ族  ヤムナヤ族:ヤムナヤ族はY染色体ハプログループRを持っていただろう。  ヤムナヤ族はY染色体ハプログループRを持っていただろう。俺の語族の数え上げ仮説によると、Y染色体ハプログループRは印欧語族に対応する。だから、ヤムナヤ族は印欧語族を持っていただろう。 白人小人種はコーカサス人種の部分集合である。しかし、白人小人種の先祖は現在においても謎である。例えば、東洋小人種はおそらくモンゴル平原やシベリアで生誕した。 Y染色体ハプログループRは欧州人のY染色体か?  俺の憶測:Y染色体ハプログループRは欧州人系統(コーカサス人種系統)のY染色体ハプログループでない可能性がある。  Y染色体ハプログループRは欧州人系統(コーカサス人種系統)のY染色体ハプログループでない可能性がある。Y染色体ハプログループRはY染色体ハプログループQとの共通祖先QRまたはY染色体ハプログループPを持ち、その先祖の発祥地...
2021.07.13
広告