負(2000年前)

広告
ホモ・サピエンス生物種

シュメル人の人種は南インド人種か(ドラヴィダ)〜モンゴロイド人種とコーカサス人種と南インド人種〜

  シュメール人は民族系統不明の古代と呼ばれてきた。俺はシュメール人の人種を知りたい。彼らはモンゴロイド 人種であったのか、コーカサス人種であったのか、あるいはそのほかの人種であったのか? シュメル人の墓に関する速報はしばしば報道されるのに、彼らの人種に関する情報は出てこない。俺はなぜ彼らの人種はいつまでも明らかにならないのか奇妙に感じる。 1章 シュメル人の人種  シュメル人の人種:シュメル人の人種は南インド人種(ドラヴィダ人)であった。根拠は霊感。 1節 南インド人   The origin of the Sumerians is not known, but the people of Sumer referred to themselves as "Black Headed Ones" or "Black-Headed People.For example, the Sumerian kingShulgidescribed himself as "the king of the four quarters, the pastor of the...
歴史

ペルーのアンデス山脈の9000年前に女性ハンター、「男は狩り、女は採集」覆す発見〜崩壊する大学〜

 〜狩猟採集民の食料調達、男女の異なる役割は生物学的か否か〜 2018年のある日。米カリフォルニア大学デービス校の考古学者ランダル・ハース氏の研究チームは、ペルーのアンデス山脈で発掘された約9000年前の墓の周りに集まった。墓の中には成人のものと思われる骨とともに、多種多様で見事な狩猟用の石器があった。大きな獲物を倒し、その皮をはぐ作業までの道具がそろっていた。「彼はきっと優れたハンターで、集団の中でとても重要な人物だったにちがいない」。当時、ハース氏とチームのメンバーたちはそう考えていた。 だが、その後の分析によって意外な事実が明らかになった。石器のそばで見つかった人骨は、女性のものだったのだ。それだけではない。11月4日付けで学術誌「Science Advances」に発表された論文によれば、当時の南北米大陸では、女性のハンターは例外的な存在ではなかったという。 論文の著者らはこの発見を受けて、米大陸全域で発掘された同時代の墓の調査結果も見直した。その結果、大型動物ハンターの30~50%が女性だった可能性が明らかになった。 古代の狩猟採集社会における男女の役割については数十年にわ...
大和民族

日本人の先祖は殷王朝の時代に中国大陸に存在したはず〜大和民族と東洋人種

 日本人とは大和民族の要素であり、大和民族は東洋人種の部分集合であり、東洋人種はモンゴロイド人種の部分集合である。それに対して、日本国民は日本国籍の保有者である。ヒグマの種類が日本人に対応して、日本国民はヒグマの動物園の所属に対応する。 伏犠(藤崎版)  私たち日本人は誰であるか? 1:日本人(大和民族)は誰でいつ形成されたか?  日本人(大和民族):日本人とは大和民族の要素である。大和民族は東洋小人種の部分集合である。  日本人の先祖は殷王朝の時代に中国大陸で生活していた。殷王朝の崩壊に従い、日本人の先祖は中国大陸から日本列島へと移動した。その生物的分岐と首刈り効果が日本人をその他の大陸東洋人から分岐させた。 殷王朝は今から3600年前〜3000年前である。当然、周王朝や春秋戦国時代にも日本国へと俺らの先祖が逃れてきただろう。  大和民族の形成:大和民族は殷王朝時代における分岐から形成された。民族の形成はだいたい2000〜3000年の分岐状態によって形成される。  例えば、俺らが白村江の戦いを思考するとき、その戦いは約650年に発...
2021.01.17
広告