日本語

広告
言語

responsibilityの日本語訳は「責任」か?応答義務か?

 日本列島では、responsibilityは「責任」と訳されてきた。この翻訳に対して、俺は反対する。俺はresponsibilityを「応答義務」と訳す。 以下で、俺らはresponsibilityという概念を見てみよう。 1章 responsibilityは応答義務  日本語訳 responsibilityの日本語訳は応答義務である。 1節 意味  人間は自由意志を持つ対象である。だから、彼らは彼らの行為を彼らの意志で選択する。この時、彼らは彼らの結果として生じた存在と状態と運動に関する「責任」を持つ。 日本列島では、「責任」はこのように解釈されてきた。しかし、この責任の意味は非常に不明瞭である。実際、存在と状態と運動に関する「責任」を持つというが、俺らは何をすれば良いのだろうか? 2節 具体例(交通事故)  俺らが交通事故を考える時、俺らは責任の意味を感覚的に把握できる。例えば、俺が交通事故を起こしたとしよう。その時、俺はその事故に関する責任を負う。 ここでの責任とは、事故に対する(自発的な)応答義務である。当然、その義務に...
機械

アプリケーション・ソフトウェア関係の日本語訳

 ここでは、俺はアプリケーション・ソフトを器官・電法を日本語訳する。器官電法には、様々な種類が存在する。以下で、俺は器官電法の種類の日本語訳を提示する。 1章 生産器官(製造器官)  取り決め 生産器官とは、電文書を生産する器官電法である。  生産と製造の違いは不明であり、農作物は生産され、車は製造される。対象の部品も人間によって作られる場合、その行為は製造である。一方、対象それ自体が自然の産物であるとき、それは人間によって生産される。 例えば、蚕の製造というと、人間が蚕という昆虫それ自体を遺伝的に作る印象を持つ。作成は個人が単発的に作る印象を持つ。生産や製造はある程度の規模を持ち、産業として成立しているように思える。文書作成ソフトは本来であれば、人間の視点から見ると、生産でなく作成である。 しかし、感覚と電子計算機の視点を優先して、文書生産と呼ぶ。 文書生産  文書生産とは、文書(電文書)を生産する器官である。具体的には、wordやpagesが存在する。 文式生産  文式生産とは、文式、または文書を生産する器官である...
2020.10.24
機械

データの日本語訳は電材、ファイルの日本語訳は電文書、フォルダの日本語訳は入れ物

1章 電材  日本語訳 データの日本語訳は「電材」である。  電子材料の略称が電材である。一般的な意味でのデータは情報材料の略称として情材、または情報材(情報材料)である。情報とは、加工されて、かつ組み合わせられた情材である。 2章 電文書  日本語訳 ファイルの日本語訳は電文書である。  電文書の略称は電書である。データファイルは電材電書である。略称は電材書である。プログラムファイルの日本語訳は動作電書である。 ファイルサイズの日本語訳は電書である。ファイル形式の日本語訳は電書種類である。略称は電書種である。拡張子の日本語訳は種類名である。 3章 入れ物  日本語訳 フォルダの日本語訳は入れ物である。  あるいは、電容れ(でんいれ)である。ディレクトリの日本語訳は「入れ物名」である。 おまけ 文式  日本語訳 コードの日本語訳は文式である。  ソースコードの日本語訳は裏文式である。裏にあるので、裏方のように見えない。これは数式のもじりである。俺がコードを見る時、まるで数学や物理における数式のようであ...
2020.10.24
広告
機械

プログラムの日本語訳は動作法

 以下で、俺はプログラムの日本語訳を提示する。特に、俺は電子計算機におけるプログラムの日本語訳を提示する。プログラムには、命令や計画が存在する。 来日した演奏者のプログラム変更のプログラムは「計画」である。運動会におけるプログラムは「行動手順」に近い。 なお、俺は電子計算機におけるプログラムが何であるかを知らない。そのプログラムに対する俺の印象とは、何か文字列が存在して、その文字列を実行すると、電計はその文字列に沿って動作(運動)する。 1章 動作法 日本語訳 プログラムの日本語訳は動作法である。  プログラムの日本語訳は動作法である。または、プログラムを法律に対応づけて、「動作律」と翻訳することができるかもしれない。なお、ソフトウェアの日本語訳は電法であったが、これはハードウェアと対応づけた。電法系と翻訳するとき、動作法をうまく対比される。 プログラミングは「動作作り」である。 なぜ命令でないか?  俺はプログラムを命令と翻訳したくない。なぜなら、プログラムが命令であるとき、ある人間がドローンやアレクサに「アレクサ、こっち...
2020.10.24
機械

OSの日本語訳は骨格、アプリケーションの日本語訳は器官

 以下で、俺はOSとアプリケーションの日本語訳を提示する。その時、俺はそれらに関する正確な説明行為でなく、家畜や家畜の脳の管理や統治を優先する。単語を与えるのは、家畜や家畜の脳を外部から管理、統治するためである。 1章 骨格  オペレーティングシステム・ソフトウェアの日本語訳は「骨格電法」である。その略称は骨電(こつでん)である。 俺は日本語と英語のOSの説明を読んでも、理解できなかった。一般人にとって、電計は管理されば良いので、俺らはこう考える。 OSとは、電法の一種であり、工場における基本的な動作を司る。例えば、ドアを開けるや電気の点滅や水道の整備などである。それらはほとんどの工場で観察されて、共通点が存在する。ただし、外国や工場の骨格が異なると、ドアの開閉に関する電法が異なる。 2章 器官  アプリケーションソフトウェアの日本語訳は「器官電法」である。その略称は器電(きでん)である。 アプリケーションには、様々な種類が存在して、ブラウザ(閲覧)やメールソフト(電子手紙)や文書作成ソフトや表計算ソフトが存在する...
2020.10.24
機械

ハードウェアの日本語訳は電箱、ソフトウェアは電法

 ハードウェアとソフトウェアの適切な日本語訳は提示されていない。以下で、俺はその日本語訳の案を提示する。 なお、俺はコンピュータの日本語訳を機械計算機としたい。略称は機械と計算機の頭文字をとって、機計(きけい)である。電子計算機の略称は電計(でんけい)である。 1章 電箱(でんはこ) 日本語訳 ハードウェアの日本語訳は「電箱」である。  電箱の箱は箱物行政の箱に由来する。箱物の意味は、無意味な建物であり、それは建物だけではうまく機能しない。 同様に、電箱は電法がないと、箱物業績の箱物と同じであり、うまく機能しない。つまり、電箱だけでは、電子計算機の役割を果たせない。 電子計算機に無関係な場合、機械箱の略で「機箱(きはこ)」である。 2章 電法(でんほう) 日本語訳 ソフトウェアの日本語訳は「電法」である。  電法は電子的な法則の略称である。例えば、ハードウェアをコロシアムのような建物と仮定すると、ソフトウェアはその中の競技に対応する。正確には、競技者の行為を定める決まり(運動ルール)に対応する。 電箱(ハード...
2020.10.24
言語

子音の記号は適切か?sやt

 日本語には、子音の表記は存在しない。一方、英語には、子音の表記が存在する。このように指摘されてきた。 例えば、日本語には、tやsが存在しない。それはトゥ、スゥと表示されれる。だから、子音を放言する記号は日本語には存在してこなかった。 しかし、俺はこの種の考えにある種の違和感を覚えてきた。以下で、俺はその違和感を提示する。結論では、俺は子音の表示は英語でも日本語でもおかしいと主張する。 1:子音sの表示はs(u)か?  子音の記号 子音の記号は子音+(無音の母音?)であるのが正確であるように思える。子音sの表示はs(u)である。  無音の母音が何を意味するかは不明である。しかし、俺らは小声(ヒソヒソ声)で「あ」や「う」をつぶやくことができる。 俺の脳  俺の脳 俺には、子音sがs(u)に聞こえる。加えて、俺はs(i)、s(a)、s(e)、s(o)を発音できる。  俺の脳がおかしいのかもしれないが、sやtは俺にとって、s(u)やt(u)に聞こえる。少なくとも、俺はsやtを聞き取れない。 dやbやz  俺の脳 俺には、...
2020.07.23
機械

ファイル(電文書)と拡張子

 俺がfileについて調べた後、俺は拡張子が何かを理解できなかった。その後、俺はこのpc-masterというwebsiteで拡張子について知った。俺はfile概念を管理するための、文章を提示する。 俺は電文書の思想について述べる。fileに関する詳細な知識は俺にとって不要である。勘違いがあるので、絶対に信用しないように。 1章 ファイルの日本語訳は電文書  日本語訳 ファイルの日本語訳は電文書である。  略称は「電書」である。フォルダの日本語訳は「電書箱」である。その略称は書箱とする。あるいは、フォルダは「電書容れ(でんしょいれ)」である。電箱と訳すと、ソフトウェアとの違いが区別されなくなる。 プログラムファイルは動作電書である。データファイルは電材電書。電子計算機におけるデータの日本語訳は「電材」である。または、電材料である。 なお、日常的な意味でのデータは情材(情報材料、または情報資料)である。それを加工したものが情報である。 ファイル(電文書)と思想  隠れた思想? 人間は世界を何か単一の物差しで表示したい。取り扱い...
2020.10.24
大和民族

なぜIT業界のカタカナ用語は日本国で無くならないか

 以下で、俺は日本国のIT業界の遅れについて '' カタカナ用語 '' の観点から提示する。俺の結論では、日本人はIT用語に関する言語をそもそも管理できていない。その結果、カタカナ用語が蔓延する。カタカナ用語の蔓延の意味は管理の失敗である。  結論 管理の欠如→言語を管理する考えの欠如→カタカナ用語の放置→カタカナ用語の蔓延 1 現在の状態  カタカナ問題を論じる前に、俺らは日本国におけるIT産業に関する現在の状態を振り返ってみよう。 状態 カタカナ用語の蔓延  俺らが電子計算機について調べるとき、意味不明なカタカナ用語ばかりが提示される。当然、俺らはそれが何であるかを理解できない。 状態 わかりやすい説明はある 上記のwebsiteは非常にわかりやすい。図や絵柄による直感的な説明が提示される。 上記のwebsiteは正統派な説明である。簡潔な説明が提示される。  俺らがIT用語を電網世界で検索するとき、俺らは簡潔で明確な説明を発見する。上記の人々もまた日本国のITの遅れを感じて、上記のsiteを提...
2020.05.17
広告
タイトルとURLをコピーしました