広告
大和民族

杉田水脈とLGBT〜同性婚は大局的に自立できるか〜

杉田水脈はLGBTに関する発言に関して日本国のマスメディアと西側の白人によって批判された。彼女はキリスト教徒でないはずだけれども。ところで、同性婚は日本国で認められるべきであるか。 俺の答えはいいえである。なぜなら、同性愛者は大局的に自立できない。彼らは女性や中間種と同じで依存者である。 もし大局的に自立できない人々が権力や権利を要求するならば、人間社会は滅亡する。現実的には、イスラム教徒の中東人種が勝利するだろう。もし東洋人が東洋文明を愛するならば、東洋人は将来における行動を今から熟考すべきである。 1:なぜ俺は同性婚に反対か 1:同性愛者は大局的に自立できない。 俺はキリスト教徒でないが、同性愛者の権利に反対する。なぜなら、同性愛者は大局的に自立できない。彼らは依存者である。 依存者は権利を持つべきでない。依存者とは例えば、多重国籍者や同性愛者や女性や学者やメディアや教育者である。彼らは依存者であるので、いつまでも幼児的である。 もし彼らが権利(干渉されない状態)を求めるならば、彼らは大局的に自立せよ。依存者が何かを依存者に要求することは...
2020.04.29
ホモ・サピエンス生物種

女に国籍や選挙権は必要か

もし女性が女性が男性によって差別されてきたと審判するならば、女性は選挙権や国籍を持つべきでない。女性は男女平等を求めてきたが、彼女らはなぜか女性の大局的な自立を求めてこなかった。これは卑怯であり、この卑怯さは悪い。 1:実際、男性は女性を必要としない。 1:人工子宮はいつか。 もし人工子宮が達成されるならば、男性は女性を必要としない。実際、女性の大部分は足でまといであるので、女性が明日滅ぶとしても、男性はこまらない。しかし、女性は出産機能を担うので、女性は男性にとって必要である。 人工子宮が完成されるだろうその後、男性と女性の本格的な自立が達成されるだろう。これは男性にとっても女性にとっても非常に素晴らしい。なぜなら、女性は男性によってもはや差別されない。 2:女性と男性が同じ国民である利益は存在するか。 おそらく、その利益はない。女性は女性のための国家を作り、女性のための国籍を想像すれば良い。男性にとっても女性だけの国家は素晴らしい。 女性は男性がつくりあげてきた国民や国籍に依存してきた。にもかかわらず、彼女らはその依存を差別と審判した。男...
2020.04.29
歴史

なぜ選挙権が女に与えられなかったのか

女性は後始末やけじめを彼女ら自身でつけれない。 女性は責任をとれない。彼女らは社会的事故を引き起こした後、彼女らは泣いて男性に後始末を期待する。まるでテリーザ・メイのように。あるいは、彼らは迫害された被害者として他国に逃げ込んで他の男に股を開いてきた。 だから、女性は選挙権をもたなかった。これは子供や黒人やその他の色付きが選挙権を持たなかったことに似ている。うんこ垂れ流しの老人は選挙権をもつべきでない。なぜなら、彼らはうんこを彼ら自身で拾えない。女性もこれと同じであると考えられた。 1:なぜ女性は選挙権をもたなかったか 1:女性はボケ老人や子供と同じ。 選挙権のなさに関して、女性は差別されてきたと怒ってきた。しかし、白人男性は馬鹿でない。なぜ女性が選挙権を持たなかったのか、それには理由がある。 女性は痴呆老人と同じであると考えられた。女性は子供と同じであると考えられた。女性は戦後のぱんぱんと同じである考えられた。だから、彼女らは選挙権を持たなかった。 選挙権は船の舵に対応する。たとえ女性が舵取りをして船を沈没させても、女性は泣いて被害者ぶる。...
2020.04.29
広告