ヤノマミ族の人種と小人種と民族

モンゴロイド人種
https://en.wikipedia.org/wiki/Yanomami
広告

ヤノマミ族アマゾン熱帯雨林からオリノコ川にかけてひろく居住している南米先住民族の一部族。狩猟採集を主な生活手段にしている。「ヤノマミ」とはヤノマミ語で「人間」という意味である[1]ブラジルベネズエラの国境付近、ネグロ川の左岸支流とオリノコ川上流部に住んでいる。人口は1990年時点でブラジルに1万人、ベネズエラに1万5000人の計2万5000人ほど[2]、現在合わせて約2万8000人といわれる。他、3万8000人との調査もある[3]。この人口は、南アメリカに残った文化変容の度合いが少ない未接触部族の中では、最大規模の先住民集団である[3]

https://ja.wikipedia.org/wiki/ヤノマミ族

 上記の写真を見れば認識できるように、ヤノマミ族の人種はモンゴロイド人種であり、大和民族の人種と同じである。少なくとも、彼らは遺伝的にはモンゴロイド人種に最も近い。以下では、俺はヤノマミ族の人種と小人種と民族を提示する。

広告

ヤノマミ族の人種と小人種と民族

 ヤノマミ族の人種と小人種と民族:ヤノマミ族の人種はモンゴロイド人種である。ヤノマミ族の小人種はアメリカ小人種である。ヤノマミ族の民族は南米民族(アマゾン民族)である。

モンゴロイド人種

https://ja.wikipedia.org/wiki/ヤノマミ族

 ヤノマミ族の人種はモンゴロイド人種である。モンゴロイド人種は東洋小人種と東南アジア小人種とアメリカ小人種に分類される。

上記の画像を見ればわかるように、彼らの顔はモンゴロイド人種である。ただし、肌の色は赤く、これは東南アジア人やアメリカ大陸のモンゴロイド人種の特徴である。アラブ人の人種はコーカサス人種であるが、砂漠色の肌色である。

上記の写真の人々には、コーカサス人種との遺伝子汚染が観察されない。非常に良い状態での遺伝子の保存が維持されてきた。二列目の中心の子供は肌の色を変えれば、東洋人の子供にも見られる容貌である。

アメリカ小人種

https://en.wikipedia.org/wiki/Cree

 ヤノマミ族の小人種はアメリカ小人種である。アメリカ小人種は北米民族と中米民族、そして南米民族(アマゾン)に分類される。

北米民族は気質的には東洋人に近いように見える。南に行けば行くほど、東南アジア人的な気質や外見を持つ。その中間に、中米民族が存在する。

上記の画像はクリー族(北米民族)のモンゴロイド人種であり、彼らは北米に住んできた。上記の外見はより東洋人的である。

南米民族(アマゾン)

https://en.wikipedia.org/wiki/Yanomami

 ヤノマミ族の民族は南米民族である。彼らの生息地はアマゾン一帯であり、彼らは森の中に住んでいる。ヤノマミ族は民族よりも南米民族における一つの部族に近い。

上記の写真のヤノマミ族は南米のモンゴロイド人種の特徴を表現している。赤い肌に、浅い骨格、比較的厚い唇、横に少し広がった小鼻、二重が南米のモンゴロイド人種に観察される。彼らは東洋人よりも東南アジア人に近いように見える。

ただし、上記の写真のヤノマミ族の肌の色を変化させると、大和民族にもいそうな容貌である。左の女性は東南アジア人的であるが、右の子供は東洋人にも観察されるように感じる。