Xiaomei Havard(シァオメイ・ヂャン・ハヴァード)は南アフリカの大臣として自然であるか?

モンゴロイド人種
https://twitter.com/xiaomeihavard
広告

1月27日に突如、南アフリカで初の中国系議員と大臣が誕生した。アパルトヘイトを経験した同国では多様性の象徴として歓迎されるかと思いきや、「中国の侵略」に怯える市民から激しい反対の声が挙がっている。とはいえ、中国共産党は中国人を徐々に移民先の政界へ送り込んでおり、市民の恐怖はあながち妄想とも言えない。

https://courrier.jp/columns/232154/

 南アフリカで、大陸東洋人の議員が誕生したらしい。この状態に対して、ネグロイド人種の一部は強烈な反対を表現した。以下では、俺は上記の問題点を提示してみる。

広告

問題点〜不自然〜

 問題点:モンゴロイド人種がサブサハラでネグロイド人種の統治者を実行することは不自然である。

 モンゴロイド人種がサブサハラでネグロイド人種の統治者を実行することは不自然である。サブサハラの自然な先住民はネグロイド人種である。だから、ネグロイド人種がネグロイド人種を彼らの自然な生息地で統治することが自然である。

アフリカ分割や搾取地の問題点

 近代では、アフリカ分割や西側白人による搾取地の問題が生じた。この問題は「不自然であった」ことである。欧州人の自然な生息地は欧州大陸であったが、彼らはサブサハラの上のネグロイド人種を不自然に支配してしまった。

上記のXiaomei Havardも似ていている。モンゴロイド人種の自然な生息地は東洋地域や東南アジア地域、そしてアメリカ大陸である。Xiaomei Havardの自然な生息地はサブサハラでない。にも関わらず、Xiaomei Havardはサブサハラの上のネグロイド人種の統治者になろうとしている。

この状態は不自然であり、その不自然さは悪い。ネグロイド人種がサブサハラにおける統治者になる必要がある。

解決案〜自然〜

 解決案:任意の統治者は自然なホモ・サピエンス(人間)であることが善である。

 任意の統治者は自然なホモ・サピエンス(人間)であることが善である。自然なホモ・サピエンスとは、ある土地に遺伝的に適応したホモ・サピエンスである。簡単に言うと、原住民を統治するのはその土地の原住民であるべき。

例えば、ネグロイド人種はサブサハラで自然なホモ・サピエンスであり、モンゴロイド人種は東洋地域や東南アジア地域、そしてアメリカ大陸で自然なホモ・サピエンスである。コーカサス人種は欧州大陸と地中海、中東で自然なホモ・サピエンスである。アボリジニはオーストラリア大陸で自然なホモ・サピエンスである。

もし不自然であるならば、

 もしある統治者が不自然でないならば、その時、その状態や行為は奴隷的な状態である。例えば、もし欧州人がネグロイド人種をサブサハラで統治するならば、その状態は黒人奴隷の再来である。同様に、もしXiaomei Havardがネグロイド人種をサブサハラで統治するならば、その時、その状態はネグロイド人種への奴隷である。

同様に、もし欧州人がアメリカ大陸で統治者になるならば、その状態はモンゴロイド人種に対する奴隷的な状態である。もし欧州人がオーストラリア大陸で統治者になるならば、その状態はアボリジニ人種に対する奴隷的な状態である。